会社を辞めたい部下と人材育成の難しさときたら

ビジネス

支店長や所長として、営業部門と技術部門両方で管理職をしていました。

こんにちは。アッシュです。

皆さん、儲かってまっか?近年の日本国内メーカーは、海外メーカーの勢いにやられ劣勢なマーケットも多いのではないでしょうか?

自社のマーケット規模がどのくらいあって今後何年でどこまでのシェアを獲得しライバル企業は同じ時期どのように推移するのか?

色々と考えていくと新しいイノベーションが必要だと感じますよね。

 

スポンサーリンク

マーケット衰退期

時代の変化についていけない企業や今、この時点で身の丈にあっていない事をしようとしている企業があれば、それは失敗に近いです。メーカーは常に新商品を開発しますが、果たしてニーズはあるのでしょうか?

ニーズがないものを量産しても在庫になるか低価格で投げ売りかのどちらかです。競争力の無い商品を販売する営業社員のモチベーションは低下、生産性も同じく低下と負の連鎖が起こる要因になります。

日本は、殆どの製品が各家庭や企業に行き渡り、昔のように簡単にはモノは売れない時代になりました。

マーケットが飽和すると次第に価格破壊が起こります。そうなると価格競争が激化し、海外勢の猛威に次々に倒れる事になります。そしてその波が過ぎ去った後にはマーケットの衰退しか残らないですね。

そうなると企業は収益が減りますから、出るお金を減らす方向へシフトするしかありません。イノベーションが起こせない企業は前進出来ずに後退していく事になります。

企業の中では、年配の管理職社員が定年までの残りの仕事を完遂しようと指示を出し、中堅の管理職社員が辞めたくてもやめれず若手は辞めたくなると辞める。という企業も存在します。

中堅の管理職というポストは、上からの指示を受けミッションを遂行するのですが、下の部下は現場に出てマーケットの現状を体感してしまっているのでモチベーションが著しく低下していて成果が出ないケースが多くありました。

SAYA072162920_TP_V

動かすより自然と動くように

よくリーダーがスーパーマンだと部下は育たないと言います。

それは、部下が自分がやらなくてもリーダーが全てやってくれるし、それだけの実力のある人だからと言う気持ちが湧くからです。全員がそうだという事じゃありませんが、人は易きに流れるので自然と逃避してしまう事があります。

100%完璧な上司(人間)など存在しないですね。それは、部下にも同じ事が言えます。

若手社員、特に独身社員は辞めたいという気持ちが爆発すれば即辞めるでしょうし、その爆発までの耐性は中堅社員よりも遙かに弱いです。

 

若手は、会社の人間と飲むことを避ける人も多いので古い手法というか飲んで仲良くなる作戦も通じなくなっていますね。そうなると完全に困るのは中堅さんでは無いかなと。

リーダーシップに求められる事で、自分がやってまず見せる率先垂範の精神があると思いますがコミュニケーションがとれていない段階では、あまり効果が期待出来ないので社内でもコミュニケーションをとるような努力は必要です。

だからと言って会議ばかりじゃ本来の仕事が出来ず、逆効果になる事さえ考えられます。

普段から相手を慮りながら、常に気に掛けておき完璧な仕事では無く少し足り無いくらいの仕事で近い位置に自分を持って行く事も大事です。全てにおいて自分が正しい言うことを聞け!ではムリです。相手の意見は必ず聞いてから反論した方が納得し易いですから。

相手が自然と行動するには、どうしたら良いのか?

相手の性格によるところも大きいので、人によって対応は少し考えなければならないですが自由にやらせた方が成果が出るのであれば全部では無くても自由にやらせる事も大切です。相手も信用されているという気持ちが芽生えます。

 

人材育成の研修

本来は、企業が人材育成プログラムを作成しプログラムに沿って上司が部下を育てていく。そして足りない部分は上司も部下も外部機関の研修を受けるというのが理想なんですが、費用など投資の意味合いが強いので企業も躊躇ってしまう部分だと思います。

特に中小企業では、人材育成のシステムすら整備されておらず成績が優秀な人間がある日突然管理職になりこれまでと違う仕事に戸惑ってマネジメントでのミッションに対する成果が出せない日々を送る事も少なくないです。

そんな事にならない為には、事前に上司が教育するしかありません。しかし、上司も同じ道を辿ってきたのだとしたら教え方がわからないという結果に。

 

辞めたいという若手の気持ちもわかる気がします。

少し出来るようになってきた頃に辞められないように長い目で育てる必要があるんじゃないかと思いますね。外部研修も色々とあるので検討すべきかと。

それが出来ないのであれば辞めさせないように、そして自分からアクションを起こし若手を育てるのはマネージャーとしての上司の役割です。

 

まとめ

無理矢理に仕事をさせても辞めるだけです。人は罪ではありません財産です。

人罪ではなく人財です。やらせるよりもやる教育を。

育てることは大変ですが、やがて自立し未来のリーダーが育つと考えれば、やりがいもあるのでは無いでしょうか?

自分の考えを押しつけると人は逃げます。相手の意見に耳を傾けつつ理解出来るように回答してあげる事も必要だと思います。

そして、企業として人材育成のプログラムを策定するのが一番の近道かと。

コメント