【札幌観光】北海道開拓の村へ行ってみた

札幌市内

北海道開拓時代の歴史を保存している場所が札幌にあります。

こんにちは。アッシュです。

今回は大阪人の勤勉な僕が北海道の歴史について学ぶべく、北海道開拓の村という施設を訪問した様子を書いていきます。

 

スポンサーリンク

基本情報

DSC_1130

札幌の厚別区にある森林公園と隣接する施設で、開拓時代の歴史を示す建造物を移設、復元して保存されており、北海道の開拓に関する情報が満載ですので古い昔ながらの建造物に触れながら開拓の歴史を学ぶことが出来る大変ありがたい施設です。

都会では味わえない様な、なんともいえないレトロな雰囲気が満載で大人から子供までどなたでも楽しめる一つの村になっている北海道の観光スポットです。

 

隣接する森林公園は、広い公園になっており、百年記念塔と呼ばれる塔が建っているので目印になります。

小学生以上のお子様であれば、北海道の歴史を充分に学べると思います。

 

 

実際の様子

 

開拓の歴史に関する建造物

DSC_1134

 

開拓時代の関連施設が移設保存されています。数が沢山ある上に殆どの建造物が内部も見学出来るようになっており、全てを見て回るのに結構な時間が掛かるボリュームがあります。

お子さんでも楽しめるので、我が家の子供達もあちこち入って楽しんでいました。時期によっては、ボランティアの方々が施設について説明をしてくれたり、昔ながらの遊び(竹うま、コマ回しなど)を教えてくれたりする事もあります。

施設の景色も四季折々で、新緑や紅葉、雪景色などその建物を取巻く景色が全く違う雰囲気へ変貌するので、季節毎に写真を撮りに来る方もいらっしゃる観光スポットです。

 

IMG_7135

 

建造物の中には2階に上がれるようになっている建物もあり、昔ながらの生活風景をそのまま再現された形になっています。北海道の歴史が詰まっているので子供達の勉強にもなりますね。

建造物の中には、昔の学校などもあります。内部には古いオルガンなどの設備が展示されているので、触れる事が出来ない物が多いですが観るだけでも、子供も大人も楽しめるんじゃないでしょうか?

古い建物の中に展示されている資料は、大人でも充分に楽しめる内容だと思います。こういう暮らしをしていたんだなというのを感じる事が出来るのでお勧めです。

 

又、殆どの建物が内部へ入って観る事が出来るので、ゆっくり観てまわると半日以上は掛かります。そして、敷地内は広く建物の外観で気になる物だけを入ってまわる事も出来るのでスケジュールに合わせた見学が可能です。

普段は目にする事が無いものばかりなので、大人も子供も新しい発見があると思います。

 

建物には、旅館や学校以外にも様々な建物が当時のまま保存されています。内部には、その建物に関係する資料が展示されていて、見学しているだけでも当時の暮らしを感じる事が出来ます。

 

DSC_3701

 

 

村内の施設など

DSC_1143

 

村内では、馬車鉄道に乗ることができます。

村の奥までは歩いても行けますし、馬車鉄道に乗って行くことも出来るので行きは歩いて散策しながら奥まで進み帰りは馬車鉄道を使うという風に上手く利用ができます。

(冬場は馬ソリになります。)料金は大人250円、小人100円。

 

敷地内は広く小さいお子さんと一緒の場合は、少し大変かも知れませんが馬車鉄道を利用すればお子さんも喜ぶと思います。

時々、イベントが開催されバナナの叩き売りなど昔懐かしい感じの光景が楽しめるようになっています。

 

 

DSC_3628

 

広い開拓の村を巡ると時間が掛かるので、お腹が空くこともあると思いますが、そんな時は、村の入ってすぐのところには食堂があり、昔ながらの蕎麦などをテーブル席に座って食べる事が出来るようになっています。

他にも沢山メニューがあるので実際に行った時は、休憩に利用してみて欲しいですね。

 

村内には、この食堂以外に簡単な売店や公衆トイレもあるので、見学していて困ることは無いかと思います。

 

 

営業時間と料金

営業時間:5月〜9月末までは9:00〜17:00まで。無休。それ以外は16:30まで。月曜定休。

入場料:大人800円、高校生・大学生600円、中学生以下無料。

年間パスポート1,500円。

隣接する北海道博物館へ入る場合は別途料金が発生します。

アクセス

 

札幌の中心部からは少し離れた場所にあるので、公共交通機関を利用される場合は、JRの新札幌駅(地下鉄東西線の新さっぽろからでも可)からバスターミナルへ行くと、北海道開拓の村までのJR北海道バスが出ています。

車で移動する場合は、札幌中心部から約30分〜40分の所要時間となります。

隣接する森林公園にも駐車場がありますので間違えないように注意が必要です。又、森林公園からは徒歩でも開拓の村へ行けます。

 

最後に

DSC_1173

 

のどかな雰囲気の中に歴史を感じる建造物が沢山並んでいます。ボランティアの方々は昔を知る年配の方々でお茶を頂きながら話を聞けたりと有意義な時間が過せます。

北海道の開拓の歴史に興味がある方やお子さんの勉強に。旅行の方は札幌のホテルに宿泊であれば、日帰りで楽しめます。

 

そして、他にも日帰りで楽しめるスポットが、まだまだ札幌には沢山あります。

【札幌観光】滝野すずらん丘陵公園に行ってきた(アシリベツの滝)
滝野すずらん丘陵公園には、渓流ゾーンと呼ばれるエリアがあります。こんにちは。アッシュです。中心ゾーンでは、こどもの谷でお子さんが遊んだり、カントリーガーデンで四季折々の花をカップルで鑑賞したり出来ますが、滝野すずらん丘陵公園には、まだ渓流ゾ

コメント