札幌市の賃貸/分譲物件の知っておいた方が良いこと

住宅・自動車

現在に至るまでに札幌市内だけで、3度くらい引越しの経験があります。

こんにちは。アッシュです。

1度目の移住で13年ほど暮らした期間の間に賃貸住宅を3回ほど引越しています。1物件につき4年くらい住んだ計算ですね。最初の住居は別として、引越しを繰り返すうちに何も知らないで物件を探すのとは違い、色々と気にする部分が増えた事は確かです。

 

スポンサーリンク

住居を探す

札幌市内で住居を探す場合に、本州とは違う感覚で探さないといけないと感じた事があります。大阪では許容できるような防寒対策も、札幌で同じ基準で考えれば死活問題です。住んでみて、次回の引越しには改善しようと考えたところなど、これから住居を探す方の参考になればと思います。

賃貸or分譲

住居を選択するにあたっては、各々で理想があると思います。

  • 賃貸物件
  • 分譲物件

まずは、この条件が最初でしょうか?掛かる費用については、分譲物件の価格が幅広いので断言出来ない部分がありますが、分譲であっても修繕費の積立金や管理費、それに駐車場などの費用が月々の支払いとして発生します。

それ以外に所得税などの税金関係や保険料なども考える必要があります。

 

建物の構造は、一般的に分譲住宅の方が造りが良い場合が多いです。分譲住宅を賃貸として借りる場合は、契約内容を確認してオーナーが転勤などで貸し出しており、戻った際に退去しなければならないのかどうかは、最低限確認しておいた方が良いです。

 

一般的な条件

賃貸か分譲かを決めれば、後は一般的な条件について検討しながら探す事になりますね。

  • 日当たり
  • 間取り
  • 家賃(管理費など)
  • 駐車場の有無(料金など)
  • 公共交通機関からの距離(通勤・通学)
  • 周辺環境(学校・病院・スーパーなど)

上記の条件が、一般的なものになるかと思います。その中で更に

  • 戸建て住宅
  • マンション

といった風な選択も出てくるかと。この戸建てかマンションについては、後述の札幌で感じる新たな条件が絡んでくる部分です。

 

札幌で感じる新たな条件追加

大阪や横浜に住んでいた頃は、気にしなかった部分。

  • 都市ガスorプロパン
  • 1階以上の物件
  • 広すぎないかどうか?
  • 暖房設備は灯油かどうか?
  • 除雪について

これが、移住後の引越しで新たに条件として考える様になった項目です。それでは、順番に詳しく説明していこうと思います。

 

都市ガスとプロバンガス

札幌市内の賃貸物件にはプロパンガスを使用している物件も多くあります。暮らしの中でガスは、料理だけでなくお風呂や暖房にも使われている場合がありますが、プロパンガスの方が割高の為、都市ガスの物件の方が懐に優しくお勧めです。

あまりガスを使う事が無い生活や、暖房だけは灯油の器具を使用する事でコストを抑える事は可能ですが、別途灯油の暖房器具が必要になる事と、積雪や吹雪の中を灯油購入に徒歩か車で出かけなければならない面倒が増えます。

灯油の配達には料金が発生するので、それならば既存のガス暖房を使用するのと差が無いかもしれません。個人的には、都市ガスの物件を選んで住んでいました。

 

1階以上の物件

これは、経験談ですが1階に住んで思った事は、クセが酷い 底冷えが酷いです。

札幌の住宅の殆どが、積雪対策として1階でも少し床が上げられて高めに設定されていますが、1階だと下に何も無いので床暖房でも無いと床が冷たく寒いです。

マンションなどで下の階に人が住んでいると、暖房を使うので下の階が暖かい分、上階の床が冷える事は無いです。欲を言えば中間のフロアだと上も暖かいので、1階に住むよりは、かなり熱効率が良くなります。

又、夏場も中間層なら直射日光が天井に当たらないので、暑くもなりにくいと言えます。

 

1階に住むと熱効率の悪さから、自動で温度設定をした暖房器具の稼働率が高くなり、結果として上階に住むより暖房費が嵩む事になります。

物件によっては、1階が駐車場で2階が住居という構造もありますが、2階だと言っても1階に生活者がいない為、1階に住むのと変わらない環境で底冷えしますので、個人的にはマンションの中間フロアが理想です。

 

間取りは適当な広さ?

住居を探す際に、少し余裕を持って広い物件を探しがちだと思います。

これは、札幌のような寒い地域で陥りやすい事だと思うのですが、部屋が広いとその分暖房に負担が掛かり、部屋が暖まるまでに時間が掛かるのと費用が高くなります。

出来る事なら、必要最低限の広さの物件に住むのがコスト削減と寒さ対策の面で有効な手段だと思います。

 

広い物件になると、既存の暖房器具も台数が増えます。1台を使わないようにする。という手もありますが、その分部屋が寒くなるので残った使用する暖房器具がガンガン入るようになってしまいます。

戸建て住宅で、2階や3階がある場合は、その分暖房が必要になり階段などは、冷える場所になりますので扉が開いていると、階段の寒い部分の影響で暖房が余計に稼働する事もあります。

自分に合った間取りが、確保出来るだけの物件の広さがお勧めです。

 

暖房設備の燃料について

北海道の冬は長いです。その期間、暖房は快適な暮らしに欠かせない重要な要素です。

ご存じかとは思いますが、北海道で暮らすのであれば、真冬時期以外でも朝晩と日中の気温に大きな差があり、朝晩だけは暖房が必要になる日も多くあります。その為、暖房の稼働日数は結構なものとなります。

 

継続して暖房器具を長期間使うにあたり、費用なども含めお勧めなのは灯油タンク常設の物件になります。タンクが空になる前に給油して貰えるので、安心して使えます。自分で灯油を毎回買いに走るのは大変です。

ガスや電気設備の場合は、灯油より価格が高くなるので、灯油の暖房設備がお勧めです。

 

除雪について

北海道でとても厳しい日常作業の1つが除雪です。

例えば、駐車場や戸建ての玄関先などは自分で除雪しなければならない事が多いです。駐車場に限っては、屋根付きであっても出入り口は除雪必須ですし、青空駐車の場合は管理で除雪車が入るにしても、自分の車周りは自力作業が必要です。

この除雪範囲が広ければ広いほど大変です。物件によっては駐車場がロードヒーティングになっているものがあります。ロードヒーティングは、アスファルト下に不凍液などで暖かい温水が流れていて、雪が積もらず溶ける暖かいアスファルトでお勧めです。

とは言え、分譲住宅以外ではロードヒーティングを設置している物件も少なく、有ったとしても駐車料金が高めだったりするので、その場合は、最低限ですが除雪の範囲が最小で雪を捨てる場所(積んでおく場所)が近い物件がお勧めです。

 

除雪した雪は業者が回収するまでの間、何処かに積んでおかねばなりません。自分の除雪するスペースから離れすぎていると、湿った重たい雪を運ぶのが大変になり腰などへの大きな負担になってしましますので注意が必要です。

 

住居に関するまとめ

大阪などの雪国じゃない地域の考えだけで、物件を探すと後悔する可能性があります。

事前に調べる上でも、実際に住んでみないとわからない事も多くあるので、僕も実際に経験して引越しの度に1つずつでも前進するように探していました。

分譲住宅については、殆どが考えられた造りで心配無い建物が多いので立地条件で探すのが良いかと思います。

 

大阪に住んでいた頃は、移動手段として自転車や原付も活用していましたが、北海道だと冬場の積雪によって自転車すら乗れなくなってしまいます。自宅から公共交通手段までが遠いと冬場は大変です。

公共交通手段であっても、バスや市電(路面電車)などは停留所が外部なので真冬に列車を待つのが辛いです。これくらいは我慢だと思う部分もありますが、外部の道路を走る為、遅延なども普通にありますから、氷点下で耳が痛くなるほどの寒さの中で、待ち続けるのは本当に過酷です。

個人的には、

  • 1階が空間(駐車場)では無い物件の2階以上
  • 広すぎず快適な間取り
  • 暖房は灯油タンク常設の器具
  • 地下鉄駅から近い物件

これが条件として、マストでは無いかと思います。

 

出来事

住居の事で長々と書いてしまい、本来の日記が遅くなってしまいました。それでは、前回更新以降の主な出来事について、書いていきます。

dsc_1036

北海道のグルメを求めてドライブ

普段は、自宅警備員な生活で自宅でテレビを観たりギターを弾いて過ごしています。

天気が良い日は、車に乗ってドライブ。今回は子供達が休みの週末が良い天気だった事もあり久しぶりに家族で出かけて、観光スポットを巡りながら美味しい物を食べ歩きしてきました。

ドライブでは景色の良いところを走り、少し札幌から離れたりしていますが、そういった場所まで走ると、新鮮な野菜が安く売られていたりするので観光帰りに購入出来て一石二鳥です。

 

色々と行きたいところは沢山ありますが、天気が気になるのと週末の連休は避けたいのとで、思うように計画が立てられずにいます。

折角なので道北や道東にも足を運んで、風景をD750で撮影したいですね。

 

白髪が増えた

ここ数日で感じる事ですが、白髪が増えてきました・・。

ただ、それだけです。書いて残しておきたかっただけです。すみません。

 

秋の訪れを感じる

自宅からの景色も、いよいよ紅葉が混じり始め秋の訪れを実感しています。

朝晩が冷えるようになり、秋物の服を購入しました。と言っても服には無頓着なので秋はパーカーで過ごすだけで寒くなる朝晩に出かけるときはアウターを1着持って出るくらいです。

秋物を買いに行ったら、既に冬用のアウターが並んでいました。

 

以前は、キャンプによく行っていたので防寒着は万全です。冬用の衣類は結構持っています。ダウンとかダウンとかダウンとか。北海道のキャンプ場も9月か10月で閉まるところが多いですね。以前は無料のキャンプ場も多かったんですが、かなり減ってしまいました。

この時期のキャンプは、朝晩が地獄の寒さです。都会とキャンプ場では気温が全然違いますから防寒対策は必須ですね。もう今ではキャンプ用品も処分してしまい、キャンプに行くことはありませんが。

 

そろそろ紅葉の記事でも書こうかと思っている今日この頃。

 

最後に

いよいよ10月となりました。

いつも読んで頂いている皆様、ありがとうございます。初めて訪れた皆様、はじめまして。ご訪問ありがとうございます。

日々の暮らしの中で、好きな事をして好きな物を食べて観てきた物や、食べた物を伝える事が出来るようなブログを目指して更新していますが、わかりづらい点もあるかと思います。日々精進して参りますので、今後とも宜しくお願い致します。

 

移住を検討されていて辿り着いた方もいらっしゃるかと思いますが、移住を考えられる方にとって、移住先の住居はこれから先、寝起きをする場所になる大切な生活の場。住んでしまってから後悔をしないように、ご自身に合った環境の物件を選択して頂きたいと思います。

移住されてから、素敵な北海道ライフが過ごせる事を願っています。

コメント