恐怖!ロウソク出ーせー出ーせーよー♪の怪

おかしな記事

本日、8月7日は北海道では七夕です。
こんにちは。アッシュです。
大阪で生まれ育ったので、8月7日の七夕は当たり前だと思って生きてきたんですが、北海道へ移住して知った事実。
それが、北海道の七夕は8月7日に行う地域が多いという事でした。
同じ北海道でも7月に行う地域もあるようで、ややこしい・・。
 
日本全国でも地域によっては、8月のところが他にもあるんですね。
なので、北海道で7月7日に「七夕だぜー! ヽ(^▽^)ノ やっほー♪」ってはしゃいでいたら、周りから変な目で見られるという・・。
 
 

スポンサーリンク

8月7日の七夕、

 
七夕は、日本だけでなく、中国や韓国などにもある節句(節日)の1つです。
日本では、旧暦を使っていた時代、日にちが近いお盆との関連がある年中行事でしたが、新暦では、お盆が8月になった為、現在では関連性が薄れました。
 
そもそも七夕は、旧暦の7月7日に行われていた行事でした。
それが、新暦に変わってからも旧暦と同じ7月7日のまま行う地域と、旧暦から新暦への変更に伴い、旧暦の7月7日を新暦で計算し直し、8月〜9月の間という事と毎年同じ日に固定したいという思いから8月7日となったと言われています。
という事で、七夕が8月7日に行われる地域があるのです。
 
仙台では有名な仙台七夕まつりというイベントがありますが、青森のねぶた祭りも七夕祭りが原型と言われています。
 
七夕には、短冊に願い事を書いて笹に飾るというのが定番ですが、北海道ではローソクもらいというイベントが行われている地域があります。
ロウソクもらい? 何それ?
って方も多いと思います。
北海道の人じゃ無いと知らないんじゃ無いかと思うので、説明したいと思います。
 
 

恐怖!ロウソクもらい

 
北海道でも短冊に願いを書いて笹に飾るという事は行われています。
ですが、それだけで済ませないのが北海道なのです。
北海道の七夕で行われるのがロウソクもらいと呼ばれるもの。
 
ローソクもらいは、子供達が浴衣姿で提灯を持ち、夕方以降の暗くなった頃に、近所の住宅を歌を歌いながら回ってお菓子を貰うという恐ろしい行事。
 

ん?

ハロウィンじゃね?

ハロウインは10月にやりますけど。

( ゚Д゚)ナニカ?

 
最近は、行なっているところも減ったらしいのですが、未だに続けている地域もあります。
そして更に、そこで歌われている歌も恐ろしいものです。
 

ローソク出ーせー出ーせーよー 

出ーさーないとー かっちゃくぞー 

おーまーけーにー噛み付くぞー

 
ええええ! ΣΣ(゚д゚lll)! かっちゃくーーーーーー
かっちゃくって何ぃーー???  Σ(;゜Д゚)ギャアァァアァアアッ!!!
かっちゃかれるーーーーーー!!!こわい、こわい、こわい!
 

((((; ゚Д゚))) コエー

 
ってなること間違いなし。
ロウソクを出せと言いながら、お菓子をねだるという小狡い作戦。
幼い頃から、そんな小狡くて良いのか、北海道大丈夫か?と思ってしまいます。
何より、ハロウィンだろ!と。
 
大阪では、盆踊りに参加したり地元の町内会で行われる地蔵盆に参加する事でお菓子を貰えるというのは経験がありますが、あからさまにお菓子を求めて住宅を回るなんて事は、あのガメツイ大阪でも無かった事です。
なんて恐ろしいんだロウソクもらい。
そして、お菓子を差し出さないと、かっちゃかれるんですよ!奥さん!!
これはもう恐喝みたいなもんですね・・。
 
因みにかっちゃくとは、北海道の方言で引っ掻くという意味です・・。
どうです?文字だけでも怖い歌だと思いませんか?
そんな歌を歌いながら、奴らはやって来るのです。
そして、お菓子を貰って満足げに帰って行くのです・・・。
 
どうやら同じ北海道内であっても、歌詞に微妙な違いがあるみたいです。
かっちゃかれたくねー!とお菓子を差し出す人が後を絶たないとか。
 

ハロウィンだろ!

 
なんて恐ろしいイベントなんでしょう。
 

織姫と彦星のメルヘンチックな話が・・・

台無しやん!

 
皆さんも、この時期に北海道へ観光で訪れた際に出くわすかもしれません。
落ち着いて慎重に行動してくださいね。
 
 

最後に

 
本州では既に七夕のイベントで短冊に願いを書いた方も多いのではないかと思います。
そんな方々が北海道を訪れると2度目の七夕を味わえるでしょう。
そして、地域によってはロウソクもらいとの出会いがあるかもしれません。

だから、ハロウィンだろ!

少子化もあって実際に行われている地域は少なくなってきたとも言われていますが、遭遇した際には、慌てず落ち着いてお菓子を差し出しましょう。
でないと、かっちゃかれるかもしれません。
ほら、ロウソクもらいが、もうそこまで来ているかも・・。