【お得観光】札幌でお得なドニチカきっぷ&どサンこパスと使えるICカード【交通】


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

札幌市内の移動手段として地下鉄と路面電車があります。

こんにちは。あだじょぱです。

地方への旅行や移住で気になる事の1つに、公共交通機関の利用方法があると思います。

札幌も自動改札では、タッチ&Goで、ICカードに対応しています。

都心部から移動される場合は、ICカードが必須ですよね。

ですが、他にも移動でお得な切符もあるんですよ。

利用される公共交通機関に応じたお得な乗り方で、損しないように移動したいですよね。

 

 

お得な切符

 

北海道は広いので移動するのには、レンタカーがオススメです。

【お得観光】北海道を観光するならレンタカーがお得?【交通】

2017.02.20

 

ですが、札幌市内の公共交通機関で行けるような場所を巡る場合や、札幌に移住した時に知っておきたいのが、交通機関のお得な利用方法。

毎回、普通に乗車していると家族連れの方などは、交通費だけでも膨らみますよね。

札幌では、簡単に利用出来るお得な切符があります。

 

 

ドニチカきっぷ

 

その名の通り、土日(及び祝日)に利用できる切符になります。

地下鉄限定で、大人520円(子供260円)で1日乗り放題です。

ちょっとした距離の移動であればタクシーという方法がありますけど、何箇所も行きたい場合は、このドニチカきっぷを利用して地下鉄を利用するのが、お得です。

普通に駅の券売機でも購入できる手軽さです。

 

円山動物園や大通公園、札幌ドームなど札幌市内で観光スポットを巡る日が週末であれば、是非利用したいお得な切符です。

札幌市内に移住したら1度は利用すると思います。

 

 

どサンこパス

 

札幌市内で、もう一つの主要な移動手段として札幌市電(路面電車)があります。

こちらの路面電車にも、地下鉄とは別に専用のお得な切符があります。

それが、どサンこパスです。

 

こちらも土日(及び祝日)限定で、大人310円(大人1枚につき子供同伴1名無料)1日乗り放題になります。

2017年4月から大人360円に値上げされます。

 

札幌の市電を利用して行くのが便利な場所にも、ラーメン屋さんや、藻岩山ロープウェーなどの有名な場所があるので、観光でも札幌市電を利用する事があると思います。

えびそば一幻のえびそば

2016.11.24

【札幌】札幌市内の藻岩山展望台【観光】

2016.09.21

 

 

地下鉄専用1日乗車券

 

旅行や移住で平日に地下鉄を利用される場合、前述のお得な切符が利用できません。

平日にお得な利用を望まれる場合は、地下鉄専用の1日乗車券があります。

料金は、大人830円、子供が420円なので、ドニチカきっぷと比べるとお得感が減ってしまいますが、利用する区間に応じて購入するかどうか決めれば良いと思います。

こんな切符もあったなと知っている方が賢く移動できます。

 

札幌市電には、平日のお得な切符はありませんが、1周貸切というのがあります。

参考までに一般的な車両だと、1周貸切の料金は15,740円です。

2017年4月からは、1周 18,000円。

 

 

使えるICカード

 

 

出張や旅行では、行った先の公共交通機関を利用する事が多く、普段から地元で利用しているICカードが使えるのかどうかが気になるところ。

時々、使えなくてゲートが閉まったりする事も経験しました。

 

2017年2月現在、札幌市内でJR、地下鉄、市電、バス(ジェイ・アール北海道バス、じょうてつ、北海道中央バス)で利用できるICカードは、下記の通りです。

  • Sapica
  • Kitaca
  • Suica
  • PASMO
  • manaca
  • TOICA
  • PiTaPa
  • ICOCA
  • はやかけん
  • nimoca
  • SUGOCA

 

但し、僕は大阪から移住したので、PiTaPaを所有していますが、オートチャージは利用出来ません。

札幌ではSapicaを利用しています。

Sapica=PiTaPa、Kitaca=ICOCAみたいな感じです。

 

PiTaPaは、クレッジット機能があって、オートチャージに対応しているのが便利で利用していましたが、札幌だとオートチャージが利用できず、ポイントも付かないので持っていても使わないです。

札幌で暮らすのであれば、Sapicaを利用すれば、オートチャージも利用可能なタイプもありますし、便利だと思います。

 

最近は、他のエリアのICカードもチャージさえすれば使えるので、旅行や出張で不便に感じることは少ないかなと思います。

北海道でも地方へ行くと使えない場合があるかもしれませんが、地方だとJRしかないので特急券の利用が多く頻繁に在来線を利用する事も少ないでしょうから。

 

 

まとめ

 

週末の土曜日、日曜日や祝日の旅行の場合は、お得な切符で移動する事ができます。

少しでも安く済ませる事が出来た方が良いですよね。

出張や旅行でも普段お使いのICカードで公共交通機関を利用する事も可能です。

殆どの場合、使えると思います。

普段、行かないような地方では行き先の切符を買うのも迷ってしまいがちですが、ICカードとスマホがあれば快適に移動できるようになってきました。

スマホで乗る路線を調べてICカードやお得な切符を利用して、札幌を満喫できるので、是非とも活用して頂きたいと思います。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。