冬でも購入できる道の駅ニセコビュープラザの農産物直売がお得

スポンサーリンク






 

春から秋にかけて農産物の直売が行われる道の駅が多い北海道。

こんにちは。アッシュです。

農産物の直売は、冬になると休業になるところが殆どです。

千歳からも近い恵庭やマオイの丘の道の駅も冬は直売所が休業になります。

関連記事

 

勿論、北海道の農産物の流通が無くなるという事ではありません。

スーパーなどでは、北海道産の農産物が販売されています。

 

ですが、価格も高く品揃えも少なめで、他県の農産物が目立ちます。

そこで、道の駅の野菜直売所へ行こうにも休業しているのです。

そんな中で、珍しく冬も営業しているのがニセコの道の駅にある直売所。

今回は、北海道産の農産物をガッツリ購入してきました。

 

 

道の駅ニセコビュープラザ

 

ニセコ町にある道の駅です。

冬は、雪が多く駐車スペースは除雪されていましたが、雪の壁に覆われていました。

3つの建物が有り、それぞれ異なる施設を形成しているのが特徴。

 

 

  • 情報プラザ棟
  • トイレ棟
  • フリースペース棟

 

 

 

情報プラザ棟では、地元作家の工芸品や特産品を販売。

6mの吹き抜けになっている特徴的な建物です。

インフォメーションコーナーが設置され、カウンターには女性の姿がありました。

ニセコについての詳しい情報は、こちらで聞くことが出来ます。

 

トイレ棟は、その名の通りトイレがあります。

広大な大地が自慢の北海道では、ドライブが長時間になりがち。

道の駅でのトイレ休憩は、非常に大切な時間となります。

周囲が雪で覆われた氷点下の季節でもトイレ内はそこまで寒くありませんでした。

ドリンクの自動販売機もあります。

又、建物には大きな窓が設置されていて、天気が良ければ、羊蹄山を見ることが出来ます。

 

フリースペース棟では、ソフトクリームなどの食べ物を販売しています。

地元食材を使ったお店が並んでいました。

そして、このフリースペース棟に農産物の直売コーナーがあります。

 

 

農産物直売で購入したもの

 

 

奥さん事件です

 

大根のようだ・・

 

あの〜ですね。

農産物直売コーナーでは、スーパーのように買い物カゴに農産物を入れて歩くんです。

この直売所に入るなりの目が輝き始めたんで、嫌な予感がしてました。

 

この画像の量をポンポンとカゴへ入れてくるんです・・。

カゴが重くなりすぎて、カゴを持つ手に食い込んで痛い。

それでも目を輝かせて次々と投入する嫁・・・。

 

大根、キャベツ、白菜。

めちゃくちゃ詰まってる感じで、重たかったです。

 

 

北海道産の農産物が安くてお得!

 

これ全て北海道産です。

ニセコで育った農産物たち。

商品には、育てた方の名前が記載されていました。

この馬鹿デカイ大根が 200円です。

今ならスーパだと倍以上の値段になりそうな勢いですから断然お得です。

白菜は 280円、キャベツは 260円でした。

人参も 130円

 

そりゃ嫁が買い込むのもよくわかります。

うちの嫁は、転勤で北海道を離れても、北海道産の食材を取り寄せるほど北海道産にこだわっているんです。

ニセコの野菜は、美味しいし良いことだらけ。

観光で購入する人は少ないかもしれませんけど、配送も可能です。

 

札幌には、北海道産の農産物が豊富なHUGマートというお店が中心部の狸小路商店街にあります。

関連記事

 

ですが、品揃えや価格は現地へ行く方が断然凄い。

ニセコへ行く機会があれば、必ず立ち寄りたい場所です。

 

 

他にも買ってみた

 

奥さん事件です

 

なんと、先ほどの農産物と合わせても 3,000円くらいのお買い上げ。

同じ農産物の直売コーナーで販売されていたもの。

パンやらトマトジュースをお買い上げ。

 

最近は、北海道産と聞いただけで美味しいと思ってしまう自分がいます。

そのくらい何を食べても美味しい。

ニセコは、スキーやキャンプで人気の観光スポットですが、自然が豊かな土地で食の宝庫でもあります。

周辺でオススメは、高橋牧場。

関連記事

 

 

アクセスと営業時間

 

国道5号線の羊蹄国道と道道66号線の交わる部分にあります。

JRニセコ駅からは東側方向です。

札幌市内中心部から車で2時間ほどの距離なので、冬でも日帰り可能圏内。

 

 

まとめ

 

流石に札幌からだと近所のスーパー感覚で頻繁に買い物へ行くことは無理ですが、ニセコ方面はレジャーでも訪れる機会の多い場所なので、ついでに立ち寄るのがベスト。

近くには、スキー場やキャンプ場、高橋牧場のような施設に羊蹄山などのスポットがあります。

観光なら日帰りよりも宿泊の方が楽しめるエリアですね。

 

冬になると北海道産の農産物も品薄になり本州からの農産品が多くなります。

価格も高めで推移する時期ですが、道の駅のような安価な直売所も休業なので仕方なく購入する事も多いかと思います。

道の駅ニセコビュープラザの直売コーナーは通年で開催され、時期によって異なる農産物が並びます。

ただ、札幌から片道2時間かかるのと、荷物が重くなるので車が必須ですけど。

北海道産の農産物、食材にこだわるならオススメです。

 

スポンサーリンク









コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーが好き。怪しい者ではない。