ホットウォレットorコールドウォレット?仮想通貨はマルチシグ?

スポンサーリンク






 

最近何かと話題の仮想通貨

こんにちは。アッシュです。

先日、その仮想通貨の不正流出問題で、取引所の1つであるコインチェック社が会見を開きました。

仮想通貨の1つNEMで580億円相当の不正流出。

過去にも、マウントゴックス社という取引所で115億円相当の仮想通貨が消失する事件がありました。

仮想通貨は、テレビでのCMでも見かける機会が増え、興味を持つ若者たちも多くなった印象。

仮想通貨がダメという事ではありませんが、「リスク」もあるという事ですね。

((((; ゚Д゚))) コエー

 

 

仮想通貨とは?

 

そもそも仮想通貨ってなんやねん?って方もいるのでは無いでしょうか?

仮想通貨とは、インターネット上の決済や送金に利用される電子データの一種です。

仮想通貨は1種類では無く、世界中で1千種類以上あります。

国や中央銀行が管理する法定通貨とは違い、公的金融機関を媒介しない為、公的に価値を保証するものはありません

 

海外との送金などで手数料が安く済む、送金・決裁に時間が掛からないというメリット

利用者の信用によってのみ価値が保証されるので、国や中央銀行の政策の影響を受けにくく、投機などで価値が大きく変動するという特徴があります。

極端に言えば、公的な保証が無いので、全くの価値が無くなるというリスクもあります。

 

仮想通貨の基礎は、ブロックチェーン(分散型台帳)という技術で作られ、取引履歴(トランザクション)ノードと呼ばれる全世界にあるサーバーが、過去のブロックとの整合性を確認し、記録・承認(マイニング)を行なっているのです。

 

 

仮想通貨の種類

 

先程、仮想通貨は世界中で1千種類以上あると書きましたが、日本国内の仮想通貨取引所に上場している仮想通貨は14種類程度です。

仮想通貨の種類
  • Bitcoin(ビットコイン)
  • BitcoinCash(ビットキャッシュ)
  • Ethereum(イーサリアム)
  • Ripple(リップル)
  • NEM(ネム)
  • MONAcoin(モナコイン)
  • COMSA(コムサ)
  • DASH(ダッシュ)
  • Monero(モネロ)
  • Litecoin(ライトコイン)
  • EtherClassic(イーサリアムクラシック)
  • Lisk(リスク)
  • Zcash(ジーキャッシュ)
  • Factom(ファクトム)

 

これらの仮想通貨は同じでは無く、それぞれに異なる特徴があります。

大きく異なるのは、技術的な面と用途。

後発で登場した仮想通貨になるほど技術の向上がみられ、取引時間が短縮されています。

最初の仮想通貨であるビットコインに比べて、後発のライトコインなどは取引に時間が掛かりません。

ビットコインの利用される用途は、決済や投機目的が多くを占めますが、イーサリアムなどのアルトコイン(主にビットコイン以外の仮想通貨)は、契約の自動化(スマートコントラクト)をする為の仮想通貨と言われています。

 

 

仮想通貨の購入方法

 

仮想通貨を購入するには、目的の仮想通貨を取り扱う取引所か販売所に登録をする事になります。

取引所や販売所のウェブサイトにアクセスして登録し、銀行振込などで日本円を送って仮想通貨に交換します。

交換出来る日本国内の取引所・販売所です。

仮想通貨の取引所・販売所
  • Zaif(ザイフ)
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • Coincheck(コインチェック)

ビットコイン以外のアルトコインは、販売所によって取り扱い銘柄が違います。

 

 

取引所と販売所の違い

 

仮想通貨の取引方法は2種類あります。

  • ビットフライヤーなどの販売所から直接購入する方法
  • 取引所を利用し他のユーザーから購入する方法

 

直接販売所からの購入は、簡単でわかりやすいと思います。

取引所を利用して他のユーザーから購入する場合は、取引所の板に掲載されている内容(この価格で売りたいとか買いたいの表示)を確認して、取引を行います。(所謂、指値注文)

 

販売所から購入する方が早く済みますが、取引所より手数料が高くなります。

ですので、早く買うなら販売所、安く買うなら取引所と言われています。

 

 

ホットウォレットorコールドウォレット

 

簡単に仮想通貨について書き進めてきましたが、ここで本題へ突入です。

仮想通貨の不正流出に関してコインチェック社が記者会見を開いていましたが、その会見の場で、ホットウォレットやコールドウォレットという言葉が飛び交っていました。

これらは、ウォレットの管理方法を意味する言葉で、それぞれに特徴があります。

ホットウォレット
  • 常時ネットワークに接続されているウォレット
  • 外部から手軽に仮想通貨を引き出せる
  • 外部から侵入される盗難のリスク

 

コールドウォレット
  • ネットワークから隔離された場所に秘密鍵を保存
  • 鍵の管理で安全性が向上
  • 手間が掛かり、管理が大変

 

コインチェック社の会見では、不正流出した仮想通貨NEMはホットウォレットだったとの事でした。

推奨されるのはコールドウォレットであり、普通に考えてもそうですよね。

コールドウォレットについては検討中だったと言いますが、今回のNEMに関しては実装されていなかった様子。

仮想通貨は、個人の資産でもありますから、外部からの侵入を考えてセキュリティ対策は万全であって欲しいと感じました。

 

 

マルチシグとは?

 

同じくコインチェック社の会見の場でマルチシグという言葉が出てきました。

なんと無くセキュリティ系の話かなとは思うような流れで登場していた言葉だと思います。

このマルチシグとは、仮想通貨に秘密鍵(署名)が複数設定されていて、そのうちの一定数以上の組み合わせで解除出来るというもの。

1つの秘密鍵(署名)が流出してしまっても、セキュリティを突破できないので安心感があります。

前述のコールドウォレットと組み合わせる事でセキュリティの向上が見込めます。

 

どんな物でも簡単手軽にするには簡素化が1番ですが、簡素化する事でセキュリティは低下します。

面倒でも管理をしっかりする事で、セキュリティ強化に繋がります。

特に大切な物を失わない為にも、セキュリティに関しては重要視すべき部分だと思います。

 

今回の件では、高額の被害を受けた人も結構いるだろうと思いますが、NEM財団の方でも対応を進めているようなので無事に解決する事を祈るばかりです。

 

 

まとめ

 

仮想通貨は、海外への送金や決済について手数料が殆ど掛からないメリット。

利用者による信用に基づき価格が大幅に変動するので投機目的での保有もあり。

仮想通貨には種類が沢山あり、それぞれに違った特徴。

仮想通貨を取引(売買)する方法は、取引所と販売所の2種類がある。

 

ウォレット管理の方法にも種類があり、セキュリティ面が重要。

面倒でも秘密鍵を簡単に突破されないような仕組みで管理するのが最良だと思われます。

自己責任の部分も大きいので、ハードウェアウォレット買ってこよーっと。

スポンサーリンク









コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーが好き。怪しい者ではない。