高校進学で電子辞書を買うべきなのか?


スポンサーリンク


スポンサーリンク



高校への入学準備で電子辞書の購入を悩む保護者の方もいるのでは無いでしょうか?

こんにちは。あだじょぱです。

入学する学校によっても指定があるかもしれませんが、高校の授業で使用する辞書は、本の辞書と電子辞書の両方から選べるケースが多くなりました。

これにより、教科書販売時に併せて電子辞書を斡旋販売しているところもあるようです。

さて、それでは本の辞書と電子辞書では、どちらを購入すれば良いのでしょうか?

答えは、「どちらでもお好きに」です。

 

 

電子辞書を購入した理由

 

我が家では、悩んだ末に電子辞書を購入。

電子辞書は、既に所有している人もいると思います。

その場合は、よほど古い型番の電子辞書で無い限り、そのまま使えます。

我が家の場合は、電子辞書を所有しておらず、新しく購入しました。

 

 

電子辞書を買うに至った要素

 

まず、進学する高校で電子辞書の使用が認められているかが重要なポイントになります。

当然ですが、学校が認めていない機器を使う事はオススメ出来ません。

 

本の辞書の場合、学校推奨の各辞書の最新刊を購入する事になります。

1冊あたりの厚さも相当ですが、英和・和英など全ての辞書を揃えると重さが凄くなります。

こんなのを授業の度に持ち歩くのですから、かなりの負担ですよね。

 

個人的には古いタイプのアナログ人間なので、本の辞書の方が使い易く感じています。

電子辞書はコンパクトな大きさになっているので、1回の表示で確認できる範囲が狭い感じです。

本の辞書なら見開きで両ページ分は視界に入ります。

 

使っていくうちにボロボロになっていくのも良い味で愛着が湧く人も多い筈。

電子辞書には辞書自体の劣化というものが無いので、良いような悪いような。

 

しかし、実用面で考えると電子辞書に大きなアドバンテージがあります。

毎日の通学では重たい辞書が不要になります。

コンパクトな電子辞書を1つ鞄に入れておくだけで、数冊分の辞書を持ち運ぶのと同じです。

普通の辞書では出来ない事が出来るのも魅力の1つ。

電子辞書である事の強みとして、読み上げ機能やコンテンツの追加などが挙げられます。

 

販売されている電子辞書には種類がありますが、一般的に高校生向けのモデルが用意されており、このタイプを購入すれば問題ありません。

高校で推奨されている辞書は当然ながら、それ以外に便利なコンテンツが収録済み。

大学受験へ向けても十分活用出来る内容になっています。

これだけ魅力的なら購入しても損は無いだろうと思いました。

 

 

電子辞書を購入してみた結果

 

電子辞書を購入してみたところ、子供も勉強が楽しくなった様子。

英検に向けたコンテンツも内蔵されているので、辞書以外にも使用用途は様々。

便利な時代になったもんだ。

 

音楽用のポータブルプレーヤー(SONY WALKMAN)を子供に奪われ、英語のリスニング用になりました。

更に高校生になったからと、WIN10のモバイルパソコンも1台奪われました。

スマホもiPhone7を購入して与えましたし、お金のかかる事ばかり

 

お父さんは、残った旧iPodとMacBook Proで頑張るよ・・。

(;´д`)トホホ…

 

子供は、パソコンではパワーポイントなどOffice系ソフトを使い、スマホでは勉強アプリ、そして音楽用のポータブルプレーヤーでは英会話にリスニングと勉強に機器を駆使しています。

これがイマドキの勉強スタイルなのか。

Σ(・∀・|||)

 

そこへ、新たに電子辞書を投入。

大人が思っているよりも簡単に使いこなしています。

何よりも楽しみながら勉強しているようにも思えます。

 

電子辞書の本体価格は、本の辞書を数冊揃えるよりも出費は大きなものになりますが、買って損は無いと思っています。

子供へ与えた電子機器デバイスもお金のかかるモノばかりです。

時間の流れを考えて、効率よく勉強する環境を築いてあげたいと思った結果でもあります。

出費を最小限に抑えようと在るものを与えたので、使いまわし感は相当ありますが有効活用の形です。

 

関連記事

 

 

 

まとめ

 

大前提として、進学する学校で使用が認められているという事があります。

コンパクトで小型軽量なのに、辞書としてだけでなく、勉強の幅を広げる可能性を持ったモノ。

そんな感覚で購入すると良いかもしれません。

やはり、文明の利器は便利なモノであり、勉強のスタイルも進化していくのでしょう。

自分の時代では、そこまで普及していなかったパソコンも当たり前のように使い、タブレットやスマホなどの電子機器を簡単に使いこなすのですから。

便利なモノは使った方が良いという考えで、今後も出費を覚悟せねばならない予感です。

( ̄◇ ̄;)

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。