安価な国産FRONTIER(フロンティア)のノートパソコンてどうなのよ?


スポンサーリンク


スポンサーリンク



先日、悩んだ末に注文したFRONTIER(フロンティア)ブランドのノートパソコンが届きました。

こんにちは。あだじょぱです。

ある程度のカスタマイズが可能で、スペックの割に安く購入出来るFRONTIER(フロンティア)のパソコン。

BTOと言う所謂カスタマイズされたデスクトップモデルがメインのようでしたが、容赦無くノートを注文。

購入には、FRONTIERのホームページを利用し、なんだかセールをしていた機種を選びました。

探しているスペックに近い機種が偶然あったんです。

 

 

FRONTIER(フロンティア)のノートパソコン買ったよ

 

そもそもFRONTIER(フロンティア)ってブランド自体知らないくらいには無知でした。

普段遣いは、MacBook ProとWin10の富士通のノートPC。

そのノートPCを高校進学で使いたいという子供へ譲渡する事になったので、新しくノートパソコンを買い足そうと探していたところ見つけたブランド。

ヤマダ電機にはFRONTIERの商品を扱っている店舗があるようですが、そんな事も知らなかったので、FRONTIERのホームページを確認しながら希望の機種を見つけました。

まぁ、店舗で売っていたとしても組み込まれたモデルなので、カスタマイズしたパソコンならネットでオーダーした方が早そう。

 

なんでもかんでもカスタマイズ出来るワケじゃ無さそうでしたが、機種を選んで選択肢からスペックを選べるようになっていました。

希望に近いモデルを探せば、簡単に希望のスペックに出来そうな感じです。

 

それとは別に、セールをしているモデルもあります。

セール価格ですが、ある程度カスタマイズも出来てしまうという素晴らしさ。

ホームページがゴチャついていて、イマイチわかりづらいのは難点ですが、カスタマイズの内容を全て確定すると最終的な価格が表示されます。

送料も別途かかるので、最終価格が少し高く感じますが、それでも割安でした。

 

実物を見ないで購入する事になりましたが、他にもパソコンが数台あるので気にせずポチッと。

すると、それからは受付完了のメールから配送準備完了までメールで連絡が入る親切な対応。

発送された後は、伝票番号がメールに記載されているので郵便局の追跡も可能でした。

 

発注時に表示されていた発送予定日よりも3日ほど早い出荷で、山口県の工場から出荷となっていました。

山口県から北海道ってめちゃ遠いやん。

しかし、予定通り翌々日に届くという郵便局さんの流通システム。

凄すぎるやん。

 

 

開梱と使ってみた感想

 

 

郵便局の配達員さんが届けてくれたのは、15.6インチのモデル。

現時点で使っているパソコンの中では、1番の大きさになります。

現時点で使用しているパソコンは、全てノートパソコン。

 

所有しているノートPC
  • 東芝 12インチ セレロン Win10
  • 富士通 13インチ CORE i5 Win10
  • Apple 13インチ MacBook Pro

 

 

富士通のモデルが子供へ渡るのです。

その穴埋めに購入したのが、格安のモデルで15.6インチ、CORE i5モデルでした。

 

やはり箱からして大きめ。

重さもずっしり2.3kgほどありました。

もう絶対、モバイルじゃないですね。

これまでモバイルにこだわってきましたが、外へ持ち出す事自体が少ないので問題なし。

 

 

外観は、シンプルで見た目は嫌いじゃないし、寧ろ好みな感じでした。

閉じたところにロゴなど無く、これくらいシンプルだと良いですよね。

モニターを開くとFRONTIERの文字が見えます。

気になるのはモニターの解像度が低めでフルHD、そしてなんだか白っぽいところ。

光沢が無いからなのか、ちょっとチープに感じます。

 

 

使用用途としては、ブログメインでツイッターやYouTubeを閲覧する程度の予定。

ですので、これくらいのスペックでも全く不自由は無いのです。

メモリを8Gのタイプにしましたが、快適な動作で不満は今のところありません。

 

富士通の機種から移行するデーターは全てフラッシュメモリーへ。

SSDのタイプですが、これまでも全てデーターは外付けの媒体に保存してあります。

あまりパソコン本体のストレージに保存するような使い方は好みじゃ無いです。

 

山口県に工場があって国産で、これだけのスペックを安価に購入できるならお得な感じ満載です。

どうしても大手メーカーじゃなきゃ嫌だというのなら別ですが、コスパが良くお勧めできます。

オンラインで公式サイトでカスタマイズ選択して購入できるのも簡単で良かったです。

 

オンラインでカスタマイズ可能な公式サイト

 

 

 

まとめ

 

結論、FRONTIER(フロンティア)のノートパソコンは、コスパが良い。

マニアがBTO(ビルド・トゥ・オーダー)でデスクトップモデルを購入するイメージですが、ノートパソコンだって十分使えます。

ネットの評判では、悪い評判は少なめだと思いますが、サポートが悪いとか初期不良なんて記述もありました。

完全な初心者が購入するのであれば、マニュアルなども少なく、理解するのが大変かもしれないという印象はありました。

自分である程度は対処できるという「脱・初心者」くらいが丁度良いのかもしれません。

サブ機としてなら既存の1台で調べながらセッティングなんてのも可能ですけどね。

 

間違いなくスペックからすると割安になるので、お買い得な感じです。

個人的には、難しい使い方もしないですし、Microsoft Officeすら不要なので、不要なソフトが豊富にインストールされて無駄に重たくなったメーカーのモデルよりは好感が持てます。

購入してから、セキュリティソフトを導入した以外は、特に何もせずに使っています。

15.6インチのモデルなので持ち歩きは厳しいですが、自宅で使うのには不便はありません。

モニターの見易さはイマイチだと思いますが、それ以外は概ね満足しています。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。