LUMINOX(ルミノックス)の電池を自分で交換してみた!


スポンサーリンク


スポンサーリンク



電池が切れました。

こんにちは。あだじょぱです。

頭の電池はとっくに切れてるんですが、腕時計の電池が切れちゃいました。

高価な時計なら信頼のおける技術者がいるショップで交換をお願いするところですが、今回電池が切れたのは、LUMINOX(ルミノックス)というミリタリー系の腕時計。

高級ブランド時計とは違い、自分で交換しても良さげに思いました。

電池交換する腕時計は、LUMINOXのF-117 Night Hawkです。

 

 

LUMINOX F-117 Night Hawkの電池交換に挑戦

 

アメリカ軍が正式採用した事で知られる腕時計のLUMINOX(ルミノックス)。

日本でも手頃な価格とそのルックスで人気のある腕時計だと思います。

腕時計は、何個か所有していますが、その中でもプライベートでは着用頻度の高い腕時計。

 

 

LUMINOX F-117 Night Hawkの特徴

 

F-117 Night Hawkとは、アメリカ軍のステルス戦闘機。

ステルス機のパイロットとのコンタクトによって開発されたロッキード社との共同開発モデル。

アメリカ軍での使用に耐えうるだけの性能を追求し、耐久性と使い易さにこだわった腕時計です。

 

色も黒っぽい仕上がりで、ステルス機を連想させる雰囲気。

風防には光を分散させる特殊偏光のコーティングを2重に施したサファイアガラスを使用。

ケース、ベゼル、メタルベルトのコーティングに採用されるPVD(物理蒸着処理)によって、超硬合金にも勝る2300〜3000Hvの硬度と耐摩耗性能を発揮。

更にベルトは2段階調節機能が搭載されており、フライトスーツの上からも着用が可能です。

 

そして、LUMINOXの時計と言えば、トリチウム。

放射性物質のトリチウムを封じたカプセルを針と文字盤に内蔵し、暗闇での瞬時の確認を可能にしています。

暗闇では緑色に光って逆に目立つやん!って思いますよね。

 

 

電池交換を実施する

 

LUMINOXの F-117 Night Hawkというこの時計は、200気圧の防水仕様。

その為、時計本体の裏蓋がスクリューキャップというねじ込み式のタイプになっています。

これは、手で開けるのは無茶ですし、普通の手持ちの工具でも大苦戦するタイプ。

防水仕様の腕時計は、時計屋さんにお願いしても断られるケースも結構あるんで厄介なんです。

 

そこで登場するのが、ネットでも売られている専用工具。

 

 

これさえあれば百人力

時計の固定台に時計を固定して、専用のオープナーを裏蓋の周囲にある溝に合うようにセット。

後は、ネジを緩める要領で時計回りとは逆の方向へ回すだけ。

最初は、かなり固いかもしれませんが、最初さえクリアすれば後は数回で終了です。

 

使われているボタン電池は大きめのCR2016で、プラスチックの枠にガッチリ埋まるように付いていました。

 

 

裏蓋との隙間を埋めるパッキンと、電池周囲を囲むプラスチックのリングを外し、中央部の電池を慎重に外します。

この時に力を入れすぎると、内部を破損させる恐れがあるので、慎重に。

全ての作業が完了したら、逆の手順で裏蓋を締めるだけ。

 

 

電池交換後の確認を忘れずに

 

電池交換後はすぐに裏蓋を締めこまずに、時間を合わせて動きを確認する事をオススメします。

電池がきっちりハマっていなかったり、プラスとマイナス(裏表)が逆だったりした場合は、この時点で気がつく筈なので、裏蓋を締め込みすぎない方が良いと思います。

全ての動作まで確認できた時点で、最後の最後で裏蓋を締め込めば良いのです。

 

時間と日付を合わせれば、作業完了です。

最後に裏蓋を本気のパワーで締め込みます。

このタイミングで、ベルトなどの汚れを掃除するのも良いと思います。

 

 

まとめ

 

LUMINOXの腕時計は、持ち歩くのに便利で仕様頻度も高く気に入っています。

フライトジャケットにも合うので、普段使いに丁度良い時計。

少しくらい乱暴に扱っても頑丈なのでビクともしないのが良いところ。

 

高級ブランドの時計には無い、雑に扱えるというタフさがあります。

 

暗い場所での視認性も他の時計とは全然違い、非常に見やすい文字盤の蛍光具合。

そこまで価格も高く無いので、若い方にもオススメの腕時計です。

電池交換は心配なら購入先に相談するのが無難ですけどね。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。