札幌再開発でオシャレになる街と眼鏡買ってくる人の話


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

札幌の街が、新幹線の延伸もあってオシャレに再開発が進んでいます。

こんにちは。あだじょぱです。

鉄道の路線廃線によって、公共の交通機関が衰退する北海道ですが、札幌は熱いです。

近年では、札幌駅と大通公園間で地下街が開通し、札幌市の交通局が運営している札幌市電(路面電車)の路線がループ化されました。

老朽化したビルは、建て替えが進んでいます。

ビルなどは、建て替えによって外観もオシャレに変わります。

少し都会らしからぬ景観が失われていくのが寂しい気もしますが、仕方の無い事なんですね。

 

 

外観がオシャレに変わる

 

もう少し時期を遡れば、札幌駅もリニューアルされJRタワーが建設されました。

この頃から次第に高層な建物が増えてきたような印象があります。

さすがに東京や大阪ほどの規模ではありませんが、タワーマンションも建ってきました。

 

 

高まる利便性

 

以前からあったすすきの~大通公園間の地下街ポールタウン、大通~バスセンター間の地下街オーロラタウン、札幌駅の地下街アピア、パセオに加え大通~札幌駅間に地下歩行空間チカホが開通し利便性は高まりました。

札幌の住宅地と市内中心部を結ぶ路面電車は、大通~すすきの間を微妙にループせず走っていましたが、駅前通りを走る形でループ化し利便性を高めました。

路面電車は新型車両も投入され、低床で高齢者の方にも親切な改良が加えられています。

 

札幌の地下鉄は、南北線と東西線と東豊線の3路線ですが、雪の降る地域ですので地下を走る鉄道は雪の影響を受けないので主要な交通機関となっています。

一部、南北線は地上を走行する形です。

地下鉄が地上を走る区間があるのは珍しい事でも無いですが、札幌は地上でもトンネルのようなものに覆われているのに驚きます。

 

 

観光名所ではない札幌のまち

 

札幌には、札幌時計台というがっかりスポットをはじめ多くの観光スポットがあります。

しかし、そうでは無い普通の場所を歩くだけでも結構楽しめるような気がします。

東京や大阪であれば、空気が悪いのか重い空気感と狭い道路でも多くの車が走る騒音、更には人混みなどで息が詰まることも多かったんですが、札幌という街では落ち着いていられるような感じがしています。

観光スポット以外の景観を楽しむのであれば、路面電車がおすすめ。

路面電車の沿線を巡ると札幌らしさを感じる事が出来ると思います。

主に住宅街を走るような形ですが、飲食店だったり神社だったり飾らない札幌を楽しめます。

特に移住者であれば、旅行のように制限時間は無いので土地を知る意味でも良いと思います。

 

 

オシャレに潜む危険

 

さて、ここからは変わりゆく札幌のまちで実際に起こった悲劇について触れます。

残念な話題を好まない方は、読まずに立ち去ってください。

 

 

硝子の外観による悲劇

 

街が発展している中でリニューアル後は、外観が硝子になった建物が増えた気がします。

その一つが、地下街への入り口となる階段があるところ。

大通公園やすすきのの地上にある地下街への出入り口。

 

皆さんも経験があるのでは無いでしょうか?

一面が硝子になっているような建物での自動ドア。

自動ドアでは無い側のガラス面に立って「あれ?開かないな」と思った事。

このくらいの経験は結構あるのでは無いかと思います。

 

しかし、以前勤めていた会社の先輩は悲劇に見舞われたのです。

ある日、その先輩S氏と営業の仕事で市内中心部を徒歩で移動しながら取引先をまわっていましたが、すすきので地下へ降りることにしました。

すすきのと言えば、綺麗なおねぇさんも多いです。

先輩S氏は、僕という後輩もいた事もあって、少し高めのスーツに上品な鞄を持って綺麗に磨かれたレンズの眼鏡をかけて、周囲の女性を意識しながら、少し駆け足で颯爽と地下への出入り口へ向かいます。

 

そこで、自動ドアが開くはずでした。

ですが、彼は自動ドアとは違うガラス面に吸い込まれるように激突したのです。

 

 

 

眼鏡買ってくる

 

彼は、きっと自動ドアが開く瞬間に体をねじ込み、ドアが閉じきる前に通過する予定だったんだと思います。

普通では考えられない勢いで衝突しましたが、ガラスに異常は見られませんでした。

耐久性に優れているようです。

 

しかし、衝突した先輩は転びこそしなかったものの顔を抑え黙ったままでした。

顔面を強打したみたいでした。

衝突時の音も大きかった為、周囲の方もコチラを見ていました。

S先輩は、暫く顔を抑えていましたが、僕のほうを振り返って言いました。

 

「口の中切れた。眼鏡買ってくる。」 と。

 

まるで、映画のワンシーン。

「お前は先に行け!俺はアイツを倒してから行く!」 という雰囲気です。

 

そして、彼の眼鏡は、バラエティ番組かアニメのような歪み方で壊れていました。

 

 

最後に

 

札幌の街は再開発が進み、オシャレな建物も増えています。

その反面、そこに潜む危険があるという事を、先輩S氏は体を張って教えてくれたのだと思います。偉大な先輩でした。

慣れない環境では、いつ自分自身が遭遇するかも わからないような危険が潜んでいます。

旅行で訪れる方も、ケガをされないで楽しい旅行を満喫してください。

移住される方は、硝子にはご注意を。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。