【知ってお得】気温の変化を月別で考える北海道での服装【気候】


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

この時期(季節)は、何を着て外出すれば良いのだろう?

北海道へ移住、又は観光旅行で訪れる際に時々悩む問題だと思います。

こんにちは。あだじょぱです。

北海道は、本州で暮らす人たちからみても、気候が違い過ぎて、普段着ている服で大丈夫なのかな?と気になるところでは無いでしょうか?

思い切り着込んで来てみたら周りは誰もそんなに着込んでいなかったり、荷物を減らそうと衣類を少なめにしたら非常に寒くて服を買いに走るなど・・。

Q. ねぇ? コレで外出は?

A. 変態として捕まります。

 

北海道へ移住した今現在でも、毎日快適に過ごすにはどのような服装をすれば良いのか悩む事が多々あります。

人によって寒さに強かったり弱かったりと多少の違いがあるかと思いますので、なるべく沢山の人が対応できるように書いてみたいと思います。

行きたい場所や時期の記載内容を参考にして頂ければと思います。

 

 

本州の主な都市の季節毎の気温

 

 

まずは、本州方面の主な都市の月毎の気温を気象庁が発表している2016年のデーターを基に纏めてみました。

その月の気温を参考に服装を考える事が出来るので、北海道に限らず、東京や大阪近郊へのお出かけの際に着る物で悩んだときは、読んでみて下さい。

※ 気温表記の左側が日平均気温です。

※()内は月で記録した最高気温になります。

 

 

大阪の気温

 

まずは、西日本代表として大阪市の月毎の平均気温です。

  •   1月 6.8℃ (16.3℃)
  •   2月 7.4℃ (20.3℃)
  •   3月 10.8℃ (22.0℃)
  •   4月 16.6℃ (27.5℃)
  •   5月 21.2℃ (30.7℃)
  •   6月 23.3℃ (32.3℃)
  •   7月 28.0℃ (36.3℃)
  •   8月 29.5℃ (38.1℃)
  •   9月 25.8℃ (34.8℃)
  • 10月 20.3℃ (31.2℃)
  • 11月 13.4℃ (21.6℃)
  • 12月   9.4℃ (21.2℃)

 

どこか地方から大阪へ行かれる際に、この時期は何を着たら良いのだろう?と服装に悩むような事があったら、是非参考にしてみて下さい。

大阪は湿度の高い蒸し暑さと、アスファルトからの照り返しが非常に強いので、夏場は熱中症や日焼け対策が必須ですよ~。

 

 

東京の気温

 

続いては、東日本の代表として首都圏の気温を確認してみます。

  •   1月 6.1℃ (16.2℃)
  •   2月 7.2℃ (23.0℃)
  •   3月 10.1℃ (21.4℃)
  •   4月 15.4℃ (26.8℃)
  •   5月 20.2℃ (30.9℃)
  •   6月 22.4℃ (33.0℃)
  •   7月 25.4℃ (36.7℃)
  •   8月 27.1℃ (37.7℃)
  •   9月 24.4℃ (33.0℃)
  • 10月 18.7℃ (32.0℃)
  • 11月 11.4℃ (20.8℃)
  • 12月   8.9℃ (20.2℃)

 

大阪と比較しても殆ど変わらないという事がわかります。

地方から関東方面へお出かけの際に時期的に何を着たら良いのか?と服装で迷うような場合には、是非参考にして下さい。

埼玉方面だと夏暑く、冬寒いという過酷な環境になります。

 

 

服装の目安

 

皆さん如何でしょうか?

普段の気温と御自身が外出時に着ている服装を思い浮かべて下さい。

それが、その気温の時に着ている服装で基本となる筈です。

人によって多少は違いがあると思います。

  • 半袖のみ
  • 長袖1枚
  • 半袖にアウター(薄手→厚手)
  • 長袖にアウター(薄手→厚手)
  • 長袖に防寒アウター

 

くらいで考えておけば、次に纏めている北海道内各地の気温から、何を着れば良いのかを判断する目安に出来るのでは無いかと思います。

 

流石に真冬の北海道にノースリーブで挑むマゾ要素満載の人は少ないと思いますが、冬場については予想がつかないかもしれませんので後述致します。

 

 

北海道の主な都市の季節毎の気温

 

では、ここから北海道の気温になりますが、北海道は広大な面積である為に同じ北海道の町であっても環境が違い気温にも差があるので何カ所かで確認する事にしました。

※()内に月最低の気温を追加しています。

 

石狩地方(札幌)の気温

 

石狩地方という区分になるのですが、観光で訪れることも多い札幌の気温をみてみましょう。

  •   1月  -3.5℃ (4.0℃/-10.7℃)
  •   2月  -2.3℃ (8.3℃/-10.9℃
  •   3月   2.1℃ (13.5℃/-6.9℃)
  •   4月   7.8℃ (21.1℃/0.1℃)
  •   5月 14.9℃ (29.7℃/1.7℃)
  •   6月 16.3℃ (28.4℃/8.4℃)
  •   7月 20.7℃ (30.5℃/13.4℃)
  •   8月 23.9℃ (31.9℃/15.1℃)
  •   9月 19.4℃ (31.1℃/9.5℃)
  • 10月 10.6℃ (24.7℃/0.5℃)
  • 11月   2.1℃ (14.5℃/-7.0℃)
  • 12月  -1.0℃ (11.9℃/-9.2℃)

 

本州と比較すると明らかに気温が低く、同じ月でも最低気温と最高気温での差が激しいのがわかります。

日中と朝晩では気温差があるという事なので服装には注意が必要です。

 

 

上川地方(旭川・富良野)の気温

 

上川地方は旭川や富良野の方面になります。今回は観光で人気の富良野で纏めました。

  •   1月  -7.7℃ (1.8℃/-26.5℃)
  •   2月  -6.0℃ (5.6℃/-18.8℃)
  •   3月  -1.6℃ (13.4℃/-25.7℃
  •   4月   5.5℃ (19.5℃/-3.5℃)
  •   5月 13.9℃ (31.5℃/-2.4℃)
  •   6月 15.2℃ (30.5℃/4.9℃)
  •   7月 20.3℃ (32.2℃/8.6℃)
  •   8月 22.4℃ (33.3℃/10.0℃)
  •   9月 17.1℃ (30.1℃/4.6℃)
  • 10月   7.5℃ (23.2℃/-1.7℃)
  • 11月  -0.9℃ (12.0℃/-14.3℃)
  • 12月  -5.2℃ (8.4℃/-22.4℃)

 

夏場であっても最低気温が低いので、気温差で体調を崩さないように服装を考える必要があります。

気温が低めの朝や日没後に外出の予定がある場合は、特に注意が必要です。

 

 

網走方面(紋別・知床)

 

網走監獄と言えば厳しい環境下で収監されるイメージがありますよね。

知床や紋別方面を代表して網走の気温を纏めました。

  •   1月  -5.5℃ (2.6℃/-15.7℃)
  •   2月  -5.0℃ (9.0℃/-16.7℃
  •   3月  -0.4℃ (11.6℃/-12.6℃)
  •   4月   4.2℃ (20.3℃/-1.0℃)
  •   5月 12.6℃ (26.7℃/-0.2℃)
  •   6月 12.4℃ (24.0℃/2.5℃)
  •   7月 17.6℃ (30.6℃/8.2℃)
  •   8月 21.7℃ (32.3℃/14.9℃)
  •   9月 16.8℃ (28.7℃/9.5℃)
  • 10月   9.1℃ (24.8℃/-0.9℃)
  • 11月   0.4℃ (10.9℃/-9.9℃)
  • 12月  -2.7℃ (11.6℃/-12.1℃)

 

あれ? 意外と暖かい。と感じる人もいるかもしれませんね。

ですが罠です。

実はこの地域はオホーツク海に面している地域の為、海風が体感温度を下げるという数字だけでは見落としてしまう冷えがある地域です。

真夏でも冷える場合があるので、ちょっとしたアウターは常に持っていた方が良いと思います。

 

 

宗谷地方(稚内・宗谷岬)

 

宗谷地方は、最北端で人気の観光スポット宗谷岬がある地域になります。

宗谷地方の代表として稚内の気温を纏めました。

  •   1月  -5.2℃ (1.7℃/-10.4℃)
  •   2月  -4.7℃ (6.2℃/-10.9℃
  •   3月   0.5℃ (12.8℃/-8.2℃)
  •   4月   4.3℃ (12.5℃/-1.4℃)
  •   5月 11.4℃ (22.7℃/1.4℃)
  •   6月 12.5℃ (24.6℃/5.0℃)
  •   7月 17.4℃ (25.4℃/8.5℃)
  •   8月 21.6℃ (28.6℃/14.3℃)
  •   9月 16.6℃ (22.1℃/9.3℃)
  • 10月   9.5℃ (21.9℃/-0.4℃)
  • 11月   0.1℃ (9.7℃/-10.8℃)
  • 12月  -2.6℃ (9.0℃/-8.7℃)

 

真夏でも最高気温は30℃越えていません。

快適に過ごせそうです。

但し1年を通して最高気温が低めであり、海が近いので風があると体感温度はぐっと下がります。

特に周囲に何も遮るものが無い宗谷岬は寒く感じる場所です。

 

 

十勝地方(帯広方面)

 

有名お菓子メーカーが本部を置く十勝も人気の観光スポットですね。

お菓子や豚丼などの美味しいものが沢山あるので、代表して帯広の気温を纏めました。

  •   1月  -6.0℃ (2.1℃/-19.1℃)
  •   2月  -5.3℃ (6.8℃/-19.6℃
  •   3月  -0.2℃ (13.3℃/-16.1℃)
  •   4月   6.6℃ (22.4℃/-2.3℃)
  •   5月 13.8℃ (32.3℃/-0.8℃)
  •   6月 14.3℃ (29.8℃/5.9℃)
  •   7月 18.4℃ (29.9℃/9.7℃)
  •   8月 22.4℃ (32.3℃/14.2℃)
  •   9月 17.5℃ (30.0℃/8.2℃)
  • 10月   9.2℃ (24.6℃/-3.5℃)
  • 11月   0.7℃ (12.5℃/-10.6℃)
  • 12月  -4.6℃ (8.1℃/-18.9℃)

 

日平均気温と最高気温は札幌と大差無しという感じですが、最低気温は低めです。

朝晩の冷え込みは札幌以上になりますので外出時は注意が必要です。

 

 

釧路地方の気温

 

霧の摩周湖などの観光スポットも多い道東方面。

漁業が盛んな町で秋刀魚が有名な釧路の気温を纏めました。

  •   1月  -4.4℃ (3.4℃/-17.4℃)
  •   2月  -3.9℃ (5.7℃/-18.6℃
  •   3月   0.2℃ (14.0℃/-13.7℃)
  •   4月   5.0℃ (16.0℃/-1.4℃)
  •   5月 10.4℃ (21.7℃/0.9℃)
  •   6月 12.1℃ (21.0℃/4.3℃)
  •   7月 16.7℃ (25.4℃/10.0℃)
  •   8月 21.3℃ (30.3℃/15.4℃)
  •   9月 17.4℃ (27.1℃/8.1℃)
  • 10月 10.1℃ (21.1℃/-1.7℃)
  • 11月   1.8℃ (13.1℃/-11.5℃)
  • 12月  -2.8℃ (9.4℃/-16.0℃)

 

全体的な気温は札幌より若干低めですが、積雪は少なく風があり寒く感じる地域です。

釧路は太平洋に面した港町の為、海風の影響で体感温度は低めに感じます。

 

 

渡島地方(函館方面)

北海道でも非常に人気のある町ですね。

朝市やラッキーピエロなど美味しい物も豊富で、街並みもお洒落な雰囲気、それに函館山は夜景でも人気があります。

勿論、渡島地方からは人気の函館の気温を纏めてみました。

  •   1月  -2.5℃ (5.7℃/-10.6℃)
  •   2月  -1.3℃ (11.9℃/-11.0℃
  •   3月   3.0℃ (15.4℃/-6.7℃)
  •   4月   8.0℃ (18.5℃/-0.4℃)
  •   5月 14.3℃ (26.3℃/0.7℃)
  •   6月 16.0℃ (25.1℃/6.7℃)
  •   7月 20.3℃ (30.4℃/14.1℃)
  •   8月 23.7℃ (32.7℃/12.9℃)
  •   9月 19.5℃ (27.9℃/8.1℃)
  • 10月 10.9℃ (23.1℃/-0.3℃)
  • 11月   3.7℃ (16.3℃/-7.0℃)
  • 12月   0.8℃ (13.0℃/-8.2℃)

 

札幌と似たような推移ですが、雪が少ない分、過ごしやすいのでは無いかと思う地域です。

基本的には札幌と同じような服装で構わないと思います。

 

 

まとめ

 

本州のお住まいの地域の気温と比較して考えると分かりやすいのではと思い纏めてみました。

ですが、北海道で暮らし全道を仕事で訪れた経験で1番感じるのは同じ日であっても、朝から夜に掛けて気温の変化が激しいという点。

真夏でも半袖のシャツ1枚で、朝から晩までを外で過ごすというのはつらい日があります。

その為、何か羽織るモノは必須では無いかと思います。

基本アウター準備で。

 

大阪の冬に酔っ払って路上で寝てると身ぐるみ剥がされますが、

北海道では、死にます

冬場に北海道へ旅行で訪れる場合は、雪対策としてフード付きで簡単な防水加工が施された水分の染み込みにくい表面素材のコートや鞄がオススメです。

フードは帽子でも代用できます。

手袋もあれば良いです。

ポケットが剥き出しになったコートなどはポケット内に雪が入るのでご注意を。

氷点下の日は長時間外出していると防寒対策をしていても露出している部分は痛く感じる事もありますので時々地下や建物で身体を温める事をオススメします。

又、北海道の建物は防寒対策がしっかりしている事が多いので、冬場は外気温に比べて室内の温度は非常に高めである傾向です。

この事から薄い服を沢山着込むより、薄手の服に暖かいダウンなどのアウターを羽織り、室内では軽装で過ごせるような感じがオススメです。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。