脱毛ブームだけど札幌だと寒くない?


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

日本全国の美人奥様の皆様、ご存知でしたでしょうか?

こんにちは。あだじょぱです。

僕が知る限り、数年前までは髪が薄くなると被り物を探すという時代でした。

育毛剤や増毛のCMも多かったように思います。

それが最近はトレンディエンジェルのように、薄毛を売りにする芸人さんが登場し、更には空前の脱毛ブームだとかで女性だけでなく男性も脱毛の時代らしいです。

腕毛ボーボー、胸毛ボーボーが男らしいと思っていたんですが、どうやら時代遅れ。

これからは、ツルツルが良いみたいなのです。

 

 

 

メンズも全身脱毛の時代

 

男性だと髭を伸ばして整えている人以外は、顎回りが青くて気になる人って多いですよね?

本人よりも周りが気になる感じなのかもしれませんけど、大丈夫?ってくらい青い人いますよね。

朝の出勤時は肌色なのに、昼を過ぎたくらいに見たら青くなってる同僚とか見た事ありません?

会社にも1人くらいは見かけると思います。

 

もうそれは、ヤバイみたいですよ。

特にモテたい年頃の男性であれば、意識した方が良いかもしれませんね。

 

ですが、世の中はもっと進んでいるのです。

髭だけじゃ無い。

全身を脱毛してしまうんですよ。

それも女性だけじゃ無くて、男性も全身脱毛する人が増えているんだとか。

メンズの脱毛が当たり前の時代になったんですね。

 

脱毛と言ってもその種類は様々で、色んな施術法が存在します。

その方法によって大きく分類してみました。

  • レーザー脱毛
  • 電気脱毛
  • 毛抜き
  • 除毛クリーム
  • ガムテープでビリビリやる

 

細かく分類すると、もっと多くなるみたいですが、大別するとこんな感じになります。

 

 

レーザー脱毛

 

レーザー脱毛は、医療機関でする脱毛法です。

脱毛の中では、料金が少し高いですが医療設備機器を使っての処置なので安心感があります。

比較的短時間で完了するのも良いところ。

毛根を瞬殺する感じでしょうか。

予算があるなら1番良さそうに感じますね。

 

 

電気脱毛

 

電気針脱毛、ニードル脱毛と呼ばれる脱毛法です。

ネーミングからしてドラクエの武器みたいなんですけど、まさに武器みたいに毛根を熱で焼く方法。

その為、痛みを伴う脱毛方法でもあります。

毛穴を1つ1つ熱で焼く作業になるので、時間がかかり料金も高額で痛みが伴うという三重苦。

それでも人気があるのは、脱毛力が強いという点。

1回の処置で完全に脱毛したいというお金持ちで我慢強い人なら良いと思います。

 

 

 

毛抜き

 

毛抜きは、毛を引っ張って抜くという恐ろしい方法です。

もう自己処理の手段ですけど、自分の力配分で痛さが決まるという自分との戦い。

自分自身を痛めつける筋トレに似たようなMの精神を感じます。

脱毛の場所によっては、地獄のような痛みを伴いそうで、恐怖でしかありません。

それに頑張って抜いてもまた生えてきます。

おそらく電気脱毛よりよっぽど痛いし、効率が悪いと思う手段です。

問題は抜いたヒゲが臭いです。

自分でやれば、毛抜き道具以外は無料です。

 

 

除毛クリーム

 

脱毛クリームと呼ばれることもありますが、正式には除毛クリームです。

タンパク質を溶かすアルカリ性の薬剤で出来たクリームを使う方法です。

処理したい毛のある部分に塗ると時間経過で毛が溶けるというもの。

このクリームも一時的な除毛なので、しばらくすると処理した部分に毛が生えてきます。

クリームは種類が沢山ありますが、比較的安価です。

 

 

ガムテープでビリビリ

 

 

最終手段は、ガムテープでビリビリやる方法です!

古来より、粘着性のある湿布などを体毛の生えた部位に貼り付け、剥がす際にその部位の毛が粘着面に持っていかれるという現象が確認されており、その原理を応用し、ムダ毛を抜き去るというのが、ガムテープでビリビリするという究極奥義なのです。

1本ずつ抜く事になる毛抜きに比べ、貼り付ける面積次第で、1度に抜く毛の量を調整できるという高い本数調整能力を持ち、毛抜きを使用する以上の勇気と忍耐力を必要とする伝説の手法でもあります。

毛深ければ毛深いほどに、痛みが伴う禁断の手法なのです。

脱毛と言っても、このように種類もあり、それぞれに夢とロマンが詰まっているんですね。

感慨深いです。

 

 

脱毛するなら

 

それで脱毛はどの方法が1番なのかという問題。

それはやはりレーザー脱毛か電気脱毛を専門機関で施術するのが1番です。

予算があって一度の施術に賭けてみる派なら、電気脱毛で痛みに耐える方法がオススメです。

痛みが気になるのであれば、レーザー脱毛ですね。

 

永久脱毛では無くて、定期的に脱毛するのであれば、除毛クリームでも良いんじゃ無いかと思います。

脱毛はデリケートゾーンが痛いとつらいって問題がありますから。

 

 

札幌(北海道)と脱毛

 

北海道って冬は氷点下になるんですよ。

真冬に髪の毛を美容室で短くカットした直後に外出すると、頭が寒くてつらいくらいです。

それでも美を追求するのだ!

という方は、脱毛で寒さに耐えて生きていける筈。

美容とは戦いなんですね。

北海道は温泉宿も多くレジャーで出かけることもあると思うんですが、全身脱毛すると違和感ありますよね。

冬は毛があった方が温かい気がしますけど、寒さを我慢してでも美を手に入れたいというのであれば、それはもう。

 

ヒートテック着ろ。

 

としか言いようがありませんね。

 

 

まとめ

 

というワケで空前の脱毛ブームらしいです。

北海道だと寒いという環境の問題があって億劫になる人もいるかもしれません。

しかし、全てはヒートテックが解決してくれます。

痛みに耐えたいM気質なアナタも楽しみながら処理が出来ます。

 

全身を永久脱毛は、少し手を出しづらいけどムダ毛は処理したい。

そんな場合は、除毛クリームで定期的に処理をする方法がオススメです。

面倒な感じもしますが、毛深くなければ、この方が良いかもしれません。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。