会社を辞めたくても辞められない社畜たちを応援


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

会社を辞めたいけど辞められない。そんな人は多い筈。

こんにちは。あだじょぱです。

思い切って会社を辞めて札幌へ移住し、無職を貫いているダメ人間です。

全く後悔はしていませんが、家族もいるのにとは言われた事もあります。

人によっては、と言うより辞めたくても辞められないとか、辞めたいと思うけど本気じゃ無いという人は結構多いのでは無いでしょうか?

今までの経験上、「辞めたい」と言う相談をしてくる人ほど、実際に会社を辞めずに働いているケースが多いように思います。

会社を辞めたら生きていけない。生活が出来ない。

と思う人が多いからだと思いますが、我慢を続け会社に通い続けるのですから立派な事だと思います。

僕には出来なかった事です。

そこで、今回は辞めたくても辞められないと思っている社畜の皆さんを応援するような記事を書いてみる事にしました。

 

 

会社とストレス

 

 

会社で働く上で、辞めたくなるのには理由があると思います。

そして、辞めても転職する人は、辞める事が出来る人なので除外します。

 

 

給料が上がらない

 

入社した時に考えていた程、その後の給与が増えない人。

企業には給与に関する規定があり、規定に沿って昇給するというシステムが存在する筈です。

しかしながら、会社の業績によっては給与や賞与に変化が出ますよね。

ですので、規定通りに進めば給与が上がるという見込みがあれば、業績を上げるしかありません。

業績を上げると言っても、簡単じゃありませんよね?

まず、自分一人が頑張って変わる話では無いからです。

営業のように最前線で働く人たちや、製造などの内部で働く人たち、そしてそれを管理する人たち。

その全ての歯車が上手く噛み合って大きな会社をスムーズに動かす事が必要です。

では、どうしたら良いのでしょうか?

居酒屋で愚痴っていても始まりません。

会社を辞める事も出来ませんよね?

では全てを統括出来るポジションへ昇り詰めるしかありません。

他力本願では何も変わらないのです。

 

 

上司が理不尽

 

沢山の他人が集まっている組織ですから、好き嫌いなどの相性があるのも確かです。

その好き嫌いは別として、理不尽な要求や怒りの感情をぶつけてくる上司がいるのも確かだと思います。

理不尽だと気がついてない上司も存在すると思いますが、気がついていても更に上の方からの指示に従い、下へ降りるに従い無理が生じるケースもあります。

日本は年功序列である事も災いして、保身なるものを重要視する上司が多いのも影響しているのでは無いかと思います。

では、そんな上司がいたら居酒屋で酒の肴にでもしますか?

そんな事では解決出来ません。それでは、そうしたら良いのか?

それはその上司よりも上の立場になる事です。

そう他力本願では変わらないのです。

 

 

ノルマが厳しい

 

これは営業職に多い悩みだと思いますが、営業であるからには売上目標や粗利目標が設定されていると思います。

この時代、飛び込み営業は絶滅に近いと思いますが、未だに行っている企業もあるかもしれません。

最近の会社やビルはセキュリティが厳しいのでアポ無しでの訪問は、ほぼ不可能だと思います。

ですので、テレアポからスタートしたり、或いはルートセールスなどの営業職の人が多いのでは無いかと思います。

そこで思う事は、その売上目標は達成可能ですか?

商品は売れるような良いモノですか?

そして、明確な達成までのプロセスが説明出来るのでしょうか?

 

ただ単に売上目標を聞かされ、このノルマを達成しないとならないという会社であれば、それは本当に押しつけですよね。売上目標が達成できなければ営業が悪い。

という考えである事が多いです。

ですが、本当にニーズの無い新商品を出せば売れませんし、途中で新たな手を打つなどしなければ売れないまま終わるのは当然です。

では、どうすれば良いのでしょうか?

やはり、会社の中枢部へ行き、発言権のある立場にならなければ改革は出来ません。

 

 

特定の役員に不満

 

会社ですから業績が良いときもあれば、悪い時もあります。

ですが悪い時期が長ければ長いほど、苦しいサラリーマン生活となります。

会社が良い時期だと特定の役員への不満なんて湧かないと思いますし、それほど大きな問題じゃ無いと思います。

ですが悪い時期が長く続く場合は、どこかに何か悪い原因があるのでは無いかと勘ぐってしまうのが人間です。

それが社長に対してだった場合は、もう変わる余地が殆ど無いのでご愁傷様としか言いようが無いのですが・・。

あと、外部のコンサルとの繋がりがある会社もありますが、個人的には、コンサルにも相性があると思っています。

相性が悪いとコンサル側からの話は、結局上手くいかなくても現場が上手く動かなかったから、即ち貴方たちの責任です。で終わるパターンが多い気がします。

勿論、上手くいけば自分たちの手柄なんでしょうけど。

全てのコンサルが悪いワケでは無いのですが、その企業に合ったコンサルを選ばないとコンサルも神様ではありませんので。

と言うワケで、この件は解決法がありません。社長が代わるのを待つしかありません。

 

 

最後に

 

さて、ここまで読んで頂いた皆さん、やる気が湧いてきましたか?明日からの仕事もストレスを抱えながら、早朝の通勤ラッシュで揉みくちゃにされながら、冤罪を避けるために線路へ逃げ込んだりをしないで無事に出社して下さいね。

そして、元気に朝から深夜まで馬車馬のように働き、上を目指すのです。泥臭いのが良いのなら、社内営業で周囲から嫌な顔をされても上に行くのです。

 

その間もセミリタイア組は、自宅でテレビを観たりゴロゴロして、仕事を辞めた事に満足し生活している筈です。

さらばブラック企業 地方移住と不労所得で生活するという方法 

2017.01.25

 

さぁ、身体にムチを打って、頑張りましょう!

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。