北海道の寒さに負けない為のグッズ


スポンサーリンク


スポンサーリンク



お盆の時期が過ぎると夏の終わりを感じますが、気温が下がって秋には寒い北海道。

こんにちは。あだじょぱです。

雪が降ってからが寒さの本番だから、それまでは大丈夫なんて思ってませんか?

これから観光される方や、移住される方には知っておいて欲しいと思うのですが、北海道は雪が降る前から、朝晩の冷え込みが厳しくなるので注意が必要です。

昼間が暖かいからと、半袖シャツだけで、痩せ我慢して筋肉を見せつけようとするムキムキマッチョなアナタ、タンクトップ1枚では、夕方くらいになると寒くて風邪ひいちゃいますよ。

少し曇り空で太陽が見えない日なんて、冷たい風が吹いて寒く感じます。

北海道の人って、寒くなってきて本州なら上着を着用してるだろうと思われる気温になっても、なかなか上着を着ない痩せ我慢的なところがあります。

かなり寒い日があっても、雪が降るまで半袖って人もいます。

ですが、本州から移住して来た者が、周囲の道産子に合わせていたら風邪で倒れます。

しっかりとした準備は必要だと思いますよ。

 

 

外出時の防寒対策

 

北海道で暮らす場合も、観光に来られる場合も、お盆過ぎたら要注意です。

外出時に、しっかりとした防寒対策をしておかないと、折角の観光でも、寒くてトイレばかり行くことになりますから彼女にフラれるかもしれません。

彼女だって、思い出がトイレ巡りなんて嫌ですよね?

特に北海道の観光スポットは、寒くなるような場所も多いので、備えあれば憂い無しです。

 

まずは、暖かい服装で外出するのが重要。

肌着も暖かいタイプを準備するのがオススメです。

 

 

グンゼ ダブルホット

 

肌着は、UNIQLOのヒートテックみたいなものが良いです。

北海道でもUNIQLOのヒートテックは、毎年、結構売れているようです。

肌着が暖かいと、熱が逃げにくいので、普通のシャツよりは長時間の寒さに耐えられます。

最近では、色んなメーカーから同様の肌着が販売されているので、簡単に手に入りますし、準備しておいた方が風邪などの対策になるのでは無いかと思います。

 

 

ですが、本格的に寒い日は、肌着だけ対策をしても、寒さを凌げません。

肌着自体、薄いですから、ここはやはり上着が重要になってきます。

北海道では、秋以降の季節は上着を用意しておいた方が無難です。

何年か前に上着を持たずに遠出した結果、急に寒くなってきたので、現地で上着を購入したなんて事がありました。

かなり田舎の方だった為、衣類を購入できるようなショップを探すのに苦労した記憶があります。

あの時は、事前に準備しておけば良かったと後悔しました。

 

 

カナダグース ジャスパー

 

北海道の氷点下になるような環境下でも十分な保温性を発揮するダウンジャケットや、ダウンコートは、重宝します。

というよりも必須アイテムじゃないかと。

ダウンにも色々ありますが、安価なものは北海道の寒さには弱いです。

個人的には寒さが苦手なので、カナダグースくらいの防寒が必須で、何着か所有しています。

 

 

モコモコ感が少ないので、動きやすくビジネスでも使える感じのジャスパーがオススメ。

北海道は、建物の内部は本州よりも暖かくなるので、外気との温度差が激しいという特徴があります。

その為、沢山の服を着込む作戦だと室内で暑くなってしまうので、保温性の高い上着を着て、内側は着込まないようにすると、室内で上着を脱ぐだけで快適に過ごせます。

そんな環境では、暖かいダウンが役に立ちます。

防寒では、ワーキングウェアもオススメ。

北海道移住の冬はプロが認めるワーキングウェアで防寒対策

2017.11.27

 

モンクレール

 

カナダグースは、無骨な感じがあるので、そんなのが苦手な方は、モンクレール。

女性ならモンクレールの方が良いかな?

最近は海外からの観光客の方が着用しているのを多く見かけますが・・。

彼女や奥さんとの旅行や、移住する場合など、事前にプレゼントしてあげると良いと思います。

 

 

ちょっと値段が高めじゃないかと思われるかもしれませんが、安いものだと寒さに耐えられないようなものもあるので、あまりオススメ出来ません。

秋から冬へは、あっという間に感じる北海道。

なるべく早い段階から準備しておくのが良いと思います。

 

 

バーバリー マフラー

 

雪が降り始める頃は、妙に寒く感じるので、首元を冷やさないようにマフラーがオススメ。

首回りは、隙間が出来やすいので、風が強い時や、吹雪のような日は首から冷えて寒く感じます。

 

 

絶対必要とまでは言わないですが、北海道ではサラリーマンもマフラーを使用している人は多いです。

旅行者は、外出時の防寒として常に準備し、移住者なら通勤や通学時だけでも持っておくと困らないです。

カップルで二人で1つを巻くと、周囲から羨ましがられるかもしれません。

 

 

手袋

 

手袋は、着用しない人も結構いると思いますが、あった方が良いです。

特に雪が降り積もる時期は、道路が凍結している事も多く、気をつけていても転倒する可能性があります。

そんな時に手袋をしていないと、怪我をしたり冷たかったりで最悪の状況になる場合があるので、そんな時期は、手袋の着用をオススメします。

 

 

確かにスマホの操作やカメラでの撮影の時は、手袋をしていると煩わしく感じる場面もありますが、手袋無しだと、寒さでうまく操作できなくなるので、それなら着用していた方が良いと思います。

ポケットに手を突っ込んで凍結路面を歩くのは、転倒した際に顔面を強打したり、咄嗟に回避できないなど危険です。

 

 

靴底用滑り止めスパイク

北海道で生活をしていると冬用の靴を持っていたり、普段の靴でも平気で歩いていますが、観光で北海道の凍結路面に立ち向かうのであれば、簡易のスパイクを持っていると便利です。

普段履いている靴に取り付けるタイプなので、新しく靴を購入する必要がありません。

 

 

個人的には、冬用の靴って見た目がイマイチなものが多い気がするので、冬でも普通にスニーカーを履いていますが、慣れるまでは怖かったです。

冬用の靴に比べ、滑る事が多いのですが、滑りながら歩いている感じです。

ただ、防寒性に劣るので、長時間の外出にはゴム底のブーツなどを履くようにしています。

平らな靴底よりも凹凸の激しいパターンで、ゴム底のタイプが滑りにくいですが、初心者は大人しくスパイクに頼った方が危険は少ないと思います。

 

 

お子様用

お子さんも暖かい格好をさせないと風邪を引いてしまうので、特に首回りから冷えないような対策がオススメです。

マフラーを巻いてあげるのも良いですが、小さいお子さんだとマフラーを落としてしまい、マフラーが濡れて再度巻くと逆に冷えてしまうなんて事もあります。

そこで、被せるように首を覆うものが役に立ちます。

 

 

 

まとめ

 

北海道は、お盆を過ぎた頃から本州との気温差を感じます。

暖かい時期は短く、寒い時期が長いので、1年を通して暖かい上着や服装をしている事が多い感じです。

実際に、大阪から北海道へ移住して夏用の薄手の衣類は少なくなり、秋冬物のアウターやパーカーなどのアイテムが急増しました。

室内は、本州の冬よりも暖かくなるので、薄着でも問題ありません。

若い頃、寒い冬の日に大阪のワンルームマンションの1室に友人で集まって鍋をした時は、コタツに足を突っ込んで上着を着たままだったような記憶もありますが、北海道だとワンルームでも暖房器具がしっかりしているので、短パンにTシャツで、コタツも使わず鍋が出来ます。

その分、外部との気温差は大きく、頭がクラクラするような事もあるので、体調管理には気をつけなければならないように感じます。

どうか万全の準備をして、北海道での観光や暮らしを満喫してください。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。