インターネットに繋がらないPPP認証エラーから復帰した話


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

先日、突然インターネットに繋がらなくなりました。

こんにちは。あだじょぱです。

これだけインターネットを利用する環境が整うと、使えなくなった時は、かなり不便に感じますね。

繋がらなくなる原因は、様々あるのですが、今回の場合は、PPP認証エラーというエラーが確認できました。

 

我が家では、Windows10とMacBookProの2台のパソコンをwifiで使用していますが、その両方でインターネットが利用できなくなった為、メインで使用しているMacBookPro側からネットワーク環境設定を開いて確認したところ、wifiでパソコンからルーターまでは繋がっているようでした。

 

2台のパソコンが同時に使えなくなったので、スマホでも確認しましたが、通信設定をwifiにするとサイトが開けなくなってしまいました。

そこで、ルーターへアクセスして接続状況を確認したところPPP認証エラーと表示されていたのです。

今回は、その状況から復帰した方法を記載します。

 

 

ルーターの設定でPPP認証エラーからの復帰

 

自宅の環境ですが、NTTの光回線でマンションタイプを利用しています。

光回線の回線終端装置(ONU)兼ルーターから直接wifiで、自宅内のパソコンやスマホの通信端末は、全て無線で利用し、光電話も契約しています。

 

 

症状

 

その日は、朝から普通にインターネットを利用していたのですが、夜になって突然繋がらなくなりました。

光電話の回線だけは使えるような感じ。

しかし、パソコンなどの通信端末では、ブラウザでサイトへアクセスすると、サーバーが見つかりませんの表示が出ます。

ブラウザの問題かと思い、普段使っているChromeからFireFoxに変更して試してみるも、サーバーが見つかりませんの表示。

MacBookProだけでなく、Windowsのパソコンやスマホにタブレットと、全ての端末が繋がらなくなっているのを確認しました。

 

 

確認した方法

 

Windowsのパソコンでも同様の症状が確認できた為、この時点でパソコン側の問題では無いと思われ、ネットワークの環境設定でプロパティを確認したところ、インターネットに接続出来ていない事が判明しました。

 

念のため、パソコン側でトラブルシューティングを行い、手順に沿って操作してみましたが、最終的には、問題が解決出来ないので、プロバイダーに問い合わせてくださいという趣旨のメッセージが表示されました。

 

おそらくルーターの問題だろうと思い、ルーターの設定を確認してみる事にしました。

ブラウザのアドレスバーの部分へhttp://の後に192.168.1.1と入力し、直接ルーターへアクセス。

繋がると、ユーザー名とパスワードの入力画面になるので、設定されたユーザー名とパスワードを入力してルーターの設定画面を開きました。

自宅のルーターは、NTT光の回線終端装置(ONU)兼ルーターです。

 

ユーザー名は、user で、パスワードは、引っ越しで光回線を通した時に設定したパスワードでログイン出来ました。

設定画面にアクセスすると、画面上にPPP認証エラーという表示がありました。

そして、ONU兼ルーターの本体を確認したところ、表示灯のPPPの部分が消灯しているのを確認。

本来ならば、このPPPの表示灯は緑色のランプが点灯していなければならず、消灯しているのは、やはりPPP認証エラーが出ている為と思われました。

 

 

対処の手順

 

当日は、夜だった事もあり諦めて何もせずに寝ました。

朝になれば、勝手に解決しているかもしれないという淡い期待を持っていたのは確かです。

がしかし、朝になっても何も状況は変わっておらず、ガッカリしたのを覚えています。

対処した手順ですが、まず素人にはサッパリわからないので、プロバイダーのサービスセンターへ直接電話で連絡を入れて、状況を伝えました。

 

そこから、プロバイダー側で確認してもらって判明した事が、ルーター内の設定にある項目のインターネット接続のパスワードが間違っているという事。

しかし、ルーター設定なんて引っ越し以來、1度も触った事が無いんです。

そこで調べたところ、プロバイダーの設定項目でログイン名とパスワード、メールアドレスなどを変更した事があり、その変更を行った場合はルーター設定も変更しなければならないのに、ルーター側だけ変更せずに使っていたという事らしいです。

そこで、サービスセンターの方の教え通りに変更後のパスワードを入力したところ、PPP認証エラーが解消され、普通にインターネットが利用できるようになりました。

 

 

謎が幾つか残されたまま

 

PPP認証エラーは解消し、インターネットが利用できるようになりましたが、謎が残ります。

  • 今までパスワードが違っていたのにアクセス出来ていた
  • ユーザーIDは初期設定のままでパスワードのみ変更必要だった

 

プロバイダー側でパスワードやIDを変更して以降も、しばらくの長い期間そのまま使えていたんですが、それは一体どうなっているのか?

サービスセンターの方も、不思議な感じのような反応でしたが、原因は不明のまま。

今思えば、夜になるとインターネットへのアクセスが不安定になる事も多かったのは、コレが原因だったのかもしれないです。

 

実は、夜になるとサイトへのアクセスが不安定になる事が多く、回線が混雑しているのだろうと諦めていたんですが、ルーターの設定変更後はサクサク動いてくれています。

結果オーライということでしょうか。

 

もう1つは、プロバイダー側でIDも変更しているんですが、ルーター側での変更はパスワードのみで良いという意味不明な点。

しかも初期設定時のマニュアルを探し出して読んでみましたが、IDとパスワードの変更時は、ルーター側の変更は不要となっているんですよね。

どないやねん。

 

 

まとめ

 

全ての通信端末で、インターネットにアクセス出来なくなった時は、ルーターの確認をしてみてください。

PPPのランプが消灯している場合は、PPP認証エラーが発生している事が考えられます。

プロバイダー側の障害による可能性もあるので、スマホの通信回線を利用して、プロバイダーの障害情報も確認しておくのをオススメします。

プロバイダー側の障害なのに勝手に設定を変更するのは危険です。

まずは、障害が自宅でのみ起きている事を確認してから、行動した方が無難です。

プロバイダーの契約内容で、IDやパスワードを変更された方は、気をつけてください。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。