iPhone8plus購入で料金プランからMNPを検討してみた


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

先日、嫁の為にiPhone8かiPhoneXをオンラインで予約すると書きました。

こんにちは。あだじょぱです。

それにしても、各社の料金プランて、わかりづらくないですか?

この割引では、適用されるけど、適用できないものもあるとか、結局どれが良いのかがわかりづらいように思います。

今回は、SoftBankとドコモを比較して決めましたが、何かの参考になればと思います。

 

我が家では急遽ですが、自分も機種変更する事になり、悩んだ末に2人とも iPhone8Plus の方を色違いで予約をする流れとなりました。

今回は、最終結論でキャリアをSoftBankからdocomoへ変更する事になった為、料金プランなど詳しい話を聞く必要が出たので、最寄りのドコモショップにて予約をしてきました。

正確には、iPhone8Plusを2台とiPhone7を2台の計4台の予約です。

今回、MNPでの新規契約(乗り換え)にしたのは、この追加の2台があった事も関係しています。

 

 

通信費の削減

 

これまで、子供達は携帯端末を持っていませんでしたが、塾に通うようになり、夜遅くに帰宅する事も増えたので、子供にも連絡の取れる端末が必要だと思い始めていました。

 

夫婦揃って、利用していたのがSoftBankという事もあり、SoftBankの料金プランを検討する日々でした。

 

我が家が時代についていけてないのか、各キャリアが新しく打ち出す料金プランの多くは、データ通信量の限界値が高いものばかりなのに対し、我が家は夫婦揃って1ギガ/月程度の使用量。

 

各社が打ち出す大容量のデータ通信でもお得なプランは、基本となる価格の時点で高いので、そこから割り引かれても、容量の小さくて安いプランよりメリットを感じないのです。

そこで、MNPも含め料金プランから検討する事にしました。

 

 

月々の支払いを考える

 

SoftBankには基本プランが大きく2つあります。

  • スマ放題
  • ホワイトプラン

 

どちらかを選び、更にセットとなるデータ通信の基本料金を選びます。

データ通信のプランにも、スマ放題で選べるタイプとホワイトプランで選べるタイプが別で用意されているので、両方を合わせた金額で検討する必要があります。

 

  • データ定額
  • パケット定額

 

大きく分けて、スマ放題で選べるデータ定額プランとホワイトプランで選べるパケット定額の2種類。

この2種類の中に、更に幾つか細かいプランがあります。

基本料金は、この通話系のプラン(スマ放題など)とデータ通信系のプラン(データ定額など)を合算したものになり、更にweb使用料として300円が加算されます。

 

 

ソフトバンクの基本料金を考える

 

まずは、オプションなどを省いた基本料金だけを考えて検討してみます。

通話系のプランでは、スマ放題とホワイトプラン、データ通信系では、容量などによる違いなどを検討しました。

 

 

スマ放題

 

他社にもある「かけ放題」系の料金プランで2種類あります。

基本のスマ放題は、国内の通話が全て通話料無料で基本料金が2,700円/月

スマ放題ライトは、5分までの通話が通話料無料で基本料金が1,700円/月です。

 

使い方によって選べる2種類になっているので、普段から電話をかける事の多い場合は、通常のかけ放題、電話を受ける事がほとんどの場合は、後者のライトプランがお得になります。

 

 

スマ放題で選択できるデータ定額プラン

 

スマ放題を選択した場合に選べるデータ定額のプランは、容量によって金額が変わります。

  • データ定額ミニ(1GB)2,900円/月
  • データ定額ミニ(2GB)3,500円/月
  • データ定額(5GB)5,000円/月
  • ギガモンスター(20GB)6,000円/月
  • ギガモンスター(50GB)7,000円/月

 

30GBで8,000円/月のギガモンスタープランが、2017年9月21日で廃止、新たに50GBで7,000円/月が追加されました。

 

iPhoneの機種変更などでは、分割で月々の支払いにしている場合、各社で割引が適用される事が殆どですが、SoftBankでは、このデータ定額で、最安値の1GBを選ぶと月々の割引が適用されなくなります。

 

ですので、実質は2GB以上を選択する人が殆どじゃ無いかと思います。

その場合、スマ放題ライト1,700円+定額2GB 3,500円+web使用料300円=5,500円になります。

 

我が家の場合は、外部との通話も多いので、スマ放題ライトでは通話料が不安です。

その為、スマ放題で1,000円UPの6,500円が最安価格です。

 

 

【我が家の場合】

  • スマ放題 2,700円
  • データ定額ミニ2GB 3,500円
  • web使用料 300円

合計:6,500円

 

iPhone8plusの64GB購入時

  • 機種代金 1,120円(月々割適用時)

基本プラン+機種代金=7,620円

夫婦分2台なので、15,240円

 

子供にiPhone7を2台追加した場合、スマ放題はライトで良いので、

  • スマ放題ライト 1,700円
  • データ定額2GB 3,500円
  • web使用料 300円

合計:5,500円

 

  • 機種代金 450円(月々割適用時)

 

基本料金+機種代金=5,950円

子供2人分なので、11,900円

家族全員では、27,140円となる計算です。

 

 

ホワイトプラン

 

そして、もう1つのタイプが旧料金プラン系のホワイトプラン。

こちらは、SoftBank同士の通話がお得なプランで基本料金が安いのが特徴。

基本のホワイトプランは、SoftBank同士の通話料が午前1時〜午後9時までの時間帯で無料となるプランで、基本料金は、934円という低料金プラン。

家族割では、ホワイトプラン24が自動的に適用となり、家族がホワイトプランであれば、家族間通話が24時間通話料無料になるというもの。

 

家族全員がSoftBankでホワイトプランを契約し、尚且つ他社端末を持つ人とは通話する機会が無い人向けのプランに感じます。

しかし、基本料金とセットになるデータ定額の方に選択肢が少なく、データ定額フラットで5,700円とスマ放題プランと比べても割高な感じがします。

 

 

ホワイトプランで選べるパケット定額プラン

 

通話の基本料金プランでホワイトプランを選択した場合は、パケット定額プランしか選べません。

 

  • パケットし放題
  • パケットし放題フラット

 

パケットし放題は、データ通信の使用量に応じて価格が変動するタイプで、1番安いと2,000円。

 

2,000円〜6,200円までの間で価格が変動する料金プラン。

我が家だと2,000円だろうと思います。

パケットし放題フラットは、一律5,700円なので我が家では割高。

 

そもそもホワイトプランでは、SoftBank同士という縛りがあるので、我が家では選択肢から外れます。

 

 

ドコモの料金プランを考える

 

続いてドコモについて検討しました。

ドコモでiPhone8Plusを契約した場合の料金プランをSoftBankと同様のプランで契約すると、端末料金は月々割と同じようなサービスを適用で、月額1,818円。

機種代金の月額は、SoftBankより高めですね。

基本料金だけで種類がいくつもあります。

 

カケホーダイ

 

ドコモの基本料金もSoftBank同様、通話系とデータ通信系を合算したものになります。

通話系には、下記の種類があります。

 

  • カケホーダイ 2,700円
  • カケホーダイライト 1,700円
  • シンプルプラン 980円
  • データプラン 1,700円

 

カケホーダイとカケホーダイライトは、SoftBankのスマ放題とスマ放題みたいなものです。

データプランは通話しないデータ通信のみなので、我が家ではパス。

シンプルプランは、料金オプションのシェアパック専用のプラン。

 

 

カケホーダイで選択できるデータ定額プラン

 

ドコモの場合は、パケットパックという名称で定額のプランがあります。

  • データSパック(2GB)3,500円
  • データMパック(5GB)5,000円
  • ウルトラデータLパック(20GB)6,000円
  • ウルトラデータLLパック(30GB)8,000円

 

SoftBankと殆ど変わらないですが、容量が多い部分は新プランの出たSoftBankの方がお得ですね。

そこまでの大容量を利用する需要って多いのかな?

我が家の場合は、逆に使用量が少ないので安ければ安いほど良いんですが・・。

 

 

【我が家の場合】

  • カケホーダイ 2,700円
  • データSパック2GB 3,500円
  • web使用料 300円

合計:6,500円

 

iPhone8plusの64GB購入時

  • 機種代金 1,818円(月々割引の適用時)

 

基本プラン+機種代金=8,318円

夫婦分2台なので、16,636円

 

子供にiPhone7を2台追加した場合、カケホーダイはライトで良いので、

  • スマ放題ライト 1,700円
  • データ定額2GB 3,500円
  • web使用料 300円

合計:5,500円

 

  • 機種代金 648円(月々割引を適用時)

 

基本料金+機種代金=6,148円

子供2人分なので、12,296円

家族全員では、28,932円となる計算です。

 

 

 

SoftBankが、27,140の計算ですから、1,792円の差でソフトバンクがお得という結果に。

 

 

データシェアのプランでも比較する

 

これでも、通話も通信も多くない子供に持たせるのには高いような気がして、躊躇します。

もう少しなんとかならないのかと思っている時に気になったのが、データシェアの文字。

データシェアとは、上限容量のデータ通信を家族で分け合えるシステムで親回線のみ月々容量に応じた価格を支払い、シェアされる子回線はオプションとして毎月500円程度で済むというもの。

調べると、ドコモだけでなくソフトバンクにもあったので、こちらも比較検討する事にしました。

 

 

SoftBankのシェアプラン

 

スマ放題で選べるデータシェアのプラン、家族データシェアがありました。

  • 10GB 9,500円/月
  • 15GB 12,500円/月
  • 50GB 16,000円/月
  • 100GB 25,000円/月

 

我が家の場合だと最低クラスで良いので、9,500円のプランが良さげ。

 

【我が家の場合】

  • スマ放題 2,700円
  • データシェア10GB 9,500円
  • web使用料 300円

合計:12,500円

 

iPhone8plusの64GB購入時

  • 機種代金 1,120円(月々割適用時)

 

基本プラン+機種代金=13,620円

 

2台目は子回線扱いなので普通に計算。

  • スマ放題 2,700円
  • データシェアオプション 500円
  • web使用料 300円

合計:3,500円

 

iPhone8plusの64GB購入時

  • 機種代金 1,120円(月々割適用時)

 

基本プラン+機種代金=4,620円

 

子供にiPhone7を2台追加した場合、

  • スマ放題ライト 1,700円
  • データシェアオプション 500円
  • web使用料 300円

合計:2,500円

 

  • 機種代金 450円(月々割適用時)

 

基本料金+機種代金=2,950円

子供2人分なので、5,900円

 

家族全員では、24,140円になるので、シェア無しの27,140円よりも3,000円安くなります。

 

 

ドコモのシェアプラン

 

ドコモで選べるデータシェアのプランもSoftBank同様で容量によって価格が違います。

  • 5GB 6,500円/月
  • 10GB 9,500円/月
  • 15GB 12,500円/月
  • 30GB 13,500円/月
  • 50GB 16,000円/月
  • 100GB 25,000円/月

 

やっぱり、各社で違いが殆どないという印象ですね。

ですが、我が家のような使用量が少ない家庭には、5GBの設定があるドコモは良いかもしれません。

 

 

【我が家の場合】

  • カケホーダイ 2,700円
  • データシェア5GB 6,500円
  • web使用料 300円

合計:9,500円

 

iPhone8plusの64GB購入時

  • 機種代金 1,818円(月々割引き適用時)

 

基本プラン+機種代金=11,318円

 

2台目は子回線扱いなので普通に計算。

  • スマ放題 2,700円
  • データシェアオプション 500円
  • web使用料 300円

合計:3,500円

 

iPhone8plusの64GB購入時

  • 機種代金 1,818円(月々割引き適用時)

 

基本プラン+機種代金=5,318円

 

子供にiPhone7を2台追加した場合、

  • シンプルプラン 980円
  • データシェアオプション 500円
  • web使用料 300円

合計:1,780円

 

  • 機種代金 648円(月々割引き適用時)

 

基本料金+機種代金=2,428円

子供2人分なので、4,856円

 

家族全員では、21,492円になるので、SoftBankの24,140円よりも2,648円安くなります。

毎月の差額なので、年間で考えるとドコモが良いような感じです。

 

 

我が家の場合はドコモが良いという結論

 

各社のプランやサービス内容を見ると、データ定額の容量が大きいプランが増えてきたという印象。

そんな時代の流れに逆らうように、家族揃ってデータ使用量が少ない我が家は、特殊なのかもしれません。

 

各社で大きな差は感じない料金設定であると感じました。

その中で微妙なところが、自分たちの使い方に合ったプランなのかどうかが重要であり、長い間使う継続の特典など周辺サービスも検討材料として考える方法も良いと思います。

 

え? auはどうしたか?

新しい料金プランの評判があまり良くなかったので、今回はパスしました。

という事で、ドコモにてiPhone8Plusを2台とiPhone7 2台の計4台を予約してきました。

 

これからの流れとしては、iPhone8Plusが入荷した時点で連絡が入るので、契約の手続きを実行する前にSoftBankでMNPの手続きを行い、端末のバックアップを準備し、初期化して店舗へ行きます。

現在使用中の端末は下取りに出そうと思います。約30,000円ほどで引き取ってくれるそうなので。

 

 

最後に

 

ありがとう。そしてさようならSoftBank。

こんにちは。ドコモ。これから宜しくお願いします。

夫婦揃ってデータ通信は殆ど自宅でWi-Fiを使い、子供達は塾などで外出する場合にのみ持ち出すけど、通話は家族以外とする事も殆どない状況。

 

そんな家庭なら、ドコモの方が安くなるであろうと決めた結果です。

小学生が持つようなキッズスマホだと、また違う結果だったかもしれません。

最近は、料金プランも複雑で、本当に自分の使い方に適した料金プランを選択するのが難しいように思います。

ショップの店頭でも、こちらが理解していないと上手く相手に伝わらず、不要なオプションを勧めてくるケースもあるので大変になったと感じました。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。