iPhone8Plusのケースは評判の良いSpigenを選んでみたよ


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

iPhone8/Plusで背面がガラスになって見た目にも良くなりましたが、ケースは使いたい。

こんにちは。あだじょぱです。

背面のガラス部分を見せびらかす意味で、ケース無しというのも考えましたが、今まで所有してきた初代iPhoneから、いやそれ以前のガラケーの時からアスファルトの地面に落下させてしまう事が多かったので、ケース無しで持つことを嫁が許してくれるはずもなく・・。

 

つい最近まで使っていたのは、iPhone6s。

この時は、頑丈なケースを購入し落としても壊れない耐久性を重視して、更にケースの色も暗い場所で落とした時に見つけやすいようにと、明るい色を選択していました。

 

今回、iPhone8にすれば、外寸も殆ど変わらないので、そのままケースを再利用できたんですが、Plusの方にしちゃった為にケースも買い替えが必要になっちゃいました。

でも、ケースって色んな種類があるんですよね〜。

迷っちゃいます。

 

 

ダンディズムな男の手帳型ケース

 

iPhone用のケースは、そのデザインだけでも種類が豊富にありますが、年齢的にもド派手なケースは似合わないし、ちょっと落ち着いた雰囲気の手帳型なんてどうだろうか?

と気になりました。

 

手帳型と聞くと、女性に多いような気もしますが、革張りの手帳のようなケースを使っているサラリーマンも結構見かけますよね。

 

 

Labato 本革レザー手帳型ケース

 

 

ダンディズムという事で、本革の手帳型なんて良いんじゃないかと思いました。

しかもコレ、前面のカバーを開いてスタンドにも出来る優れものなんです。

よくiPadであるケースのようなスタンドになるので、手に持たずに横置きで操作も可能な便利ケース。

 

iPhone8Plusは、5.5インチのディスプレイで横幅も広いですから片手で操作していると、疲れるのと前モデルよりも少し重量が増えたので、置きながら使えるのは良いように思えました。

 

が、普段から持ち歩いて頻繁に使用するスマホなので、使う時に毎回ディスプレイ側のカバーを開かないとならないところと、電話の時に開いたカバーが邪魔になるような気がした為、却下となりました。

カードを収納できるスペースもあるので、SapicaなどのICカードを頻繁に使う人なら便利かもしれません。

 

iPhone8でSuicaが利用できるようになりましたが、Sapicaは使えないので別で持っておく必要がありますし、札幌で利用するならポイントが付加されるSapicaを利用したいという人が多いと思います。

個人的には、車移動がメインなのでSuicaもSapicaも使う機会が殆ど無いのでカード入れは不要でした。

 

 

LOUIS VUITTON ダミエ 手帳型ケース

 

 

 

ルイヴィトンにもiPhoneケースがありました。

しかも手帳型。

財布と似たような外観で間違っちゃいそうな感じですが、お洒落な男の雰囲気が出せそうです。

 

前述の手帳型のディスプレイカバーの問題がありますが、そこを我慢してブランドケースをアピールするという自己満足が得られそう。

勿論、即却下・・・。

値段が・・・。

 

 

 

一般的なケース

 

 

 

よく街で若い人が使っているのを見かけるお洒落な曲線が特徴のケースです。

外観のカラーデザインが豊富なので、色で選ぶのが良いみたいです。

耐衝撃という事で耐久性も問題無しですが、なんとなく若い人が使うイメージが強いので抵抗があります。

背面が少し膨らんでいるように感じるのもあって却下しました。

 

 

URBAN ARMOR PlasmaCase

 

 

見た目からして、「いかにも」な感じの頑丈な耐衝撃ケース。

実は、コレまで使ってきたiPhone用のケースは全てこんな系統の落としても大丈夫そうな頑丈タイプばかりでした。

 

車に乗っている時にドアの部分に置いていて、降りる際に落としてしまう事が多かったので、頑丈な耐衝撃タイプを使っていたのですが、数回落としても液晶割れや傷がついたりした事はありませんでした。

頼れる存在という感じです。

 

ですが、今回は却下。

 

iPhone8Plusでは、本体が大きくなった分、ケースは厚手の頑丈タイプでは無くて、なるべく薄く軽量な感じのものが良いと考えていたのです。

耐久性では、どうしても厚手の頑丈なケースより劣ってしまう可能性がありますが、仕事で持ち歩く事が無いので、そこまで頑丈じゃなくても良いと思いました。

 

 

Spigen ネオ・ハイブリッド2

 

 

薄めのケースでありながら、耐久性もそこそこの性能を持った物を探していて辿り着いたケース。

Spigenのケースは、人気で種類も豊富ですが、価格は意外と高くないタイプが多いです。

コストパフォーマンスに優れたケースだと思います。

 

このネオ・ハイブリッド2は背面がカバーで覆われているので、iPhone本体の背面が隠れる仕様です。

iPhone8Plusは背面がガラスで綺麗なので、出来れば隠したくないという理由で却下しました。

 

 

Spigen ウルトラ・ハイブリッド

 

 

最終的に購入したのは、このタイプ。実際に購入してみたら、新しいモデルのウルトラ・ハイブリッド2というタイプみたいでした。

前述のネオ・ハイブリッドと違い背面がクリアになっているので汚れは目立ちますが気に入りました。

耐久性も耐衝撃と書かれているので、それなりに大丈夫そうです。

 

背面はクリアですが、外枠のフレーム部分のカラーが違うタイプが幾つかありますので、気に入ったカラーを選ぶ事が出来ます。

価格もリーズナブルなので、満足しています。

 

他にもSpigenには、耐久性に優れ評判の良いリーズナブルな商品が揃っているので、欲しいケースが見つかると思います。

 

メディア掲載多数!スマートフォンアクセサリーブランド【Spigen 公式ストア】

 

 

まとめ

 

結局、無難なケースを選んだような気がしていますが、薄くて持ちやすいので結果オーライ。

薄いケースにしても普段ポケットに入れて持ち歩く時に大きさを感じるので、これより厚いタイプだとポケットに入れるのも大変かもしれません。

手帳型だと厳しいんじゃないでしょうか?

 

普段から鞄に入れて持ち歩くなら、大きくて丈夫なタイプのケースでも問題ないと思いますが、普段からポケットに入れて持ち歩くのであれば、薄型軽量で耐衝撃のSpigenはオススメです。

ただ、厚手の頑丈なケースには及ばない耐久性だとは思いますので、落下破損が多い方には不向きかも。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。