雪まつりやビジネスでも活躍する滑りづらくて暖かい冬靴とは


スポンサーリンク


スポンサーリンク



北海道の冬は、雪が積もるだけでは無くて、道路が凍結するのが厄介です。

こんにちは。あだじょぱです。

冬の北海道も観光としては人気が高く、雪まつりシーズンは毎年混雑が酷い状況です。

しかし、慣れない凍結路面に転ぶ人が続出する時期でもあります。

危険予知の観点から路面の凍結具合を確認しながら歩きたいところですが、雪まつり会場の混雑具合では、路面を確認出来るような状況ではありません。

それでも、転ばないから大丈夫だと思っていませんか?

転ばなくても咄嗟の行動で腰を痛めてしまう事もあります。

 

オジサン限定じゃ無いんです!

若い人でも可能性はあります。

 

そうなると、その後の観光で楽しさが半減してしまいます。

北海道で暮らしていても、滑りたく無いと思いながら歩いています。

プライベートじゃなくて仕事だから仕方がないと諦めるのも早いです。

出張で訪れるサラリーマンの方でも安心のビジネス向けの冬靴もあります。

北海道の冬には、滑りづらい冬靴(スノーブーツ)をオススメします。

 

 

北海道の寒さと凍結路面に強い冬靴

 

北海道で大活躍の冬靴

冬靴買うならSHOE・PLAZA 

 

冬靴なら滑りづらい

 

冬靴ってご存知でしょうか?

最近は色々な種類の冬靴が登場し、違和感無く履けるものが増えてきました。

特徴としては、防水や防寒対策が施されているモノが多く、靴底に特徴があります。

靴底が滑りづらい加工を施され、凍結路面でもしっかり踏み出せるように工夫されています。

絶対ではありませんが、冬靴を履く事で、かなり滑らなくなります。

 

 

冬靴の安心感

 

積雪という事だけ考えれば、長靴が最強だと思います。

積雪が足首以上になると、普通の革靴やスニーカーなら靴の中にまで雪が入り込むからです。

入り込んだら、そりゃぁもう寒いなんてもんじゃ無いですよ。

 

Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ

 

ってなります。

 

Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ

 

ですよ。

 

大事なコトなので、2回言いました。

 

ただ、北海道は積雪が多い地域なので、除雪も頻繁に行われます。

よっぽど誰もが踏み入れないような土地にでも行かない限りは、そこまでの大雪の中を歩く機会は無いと思います。

雪が靴に入ってしまうとしても、それより、路面凍結で転んで怪我をする方が怖いですよね。

ですから、しっかりとした冬靴を履いておく事は、怪我を未然に防ぐという意味でも安心感があります。

絶対ではありませんけど。(; ^ω^)

 

 

冬靴の種類と選び方のオススメ

 

冬靴にも男女共用の物からお子様用まで様々な種類が用意されています。

購入時に大事だと思うポイントは、下記の3点。

 

 

  • 形状
  • 価格帯
  • 靴底の種類

 

 

形状は、好みで選べます。

冬靴は防水や防寒対策になった物が多いので、大きめのブーツのような見た目です。

しかし、中にはデザイン重視のタイプがあったり、靴底だけ滑りづらくなったビジネスシューズもあります。

仕事でスーツに長靴だと違和感ありますけど、普段と変わらない見た目の革靴だと違和感がありません。

 

価格帯も数千円から数万円まで幅広い種類があります。

価格の高いもの程、デザイン性に優れていたり、有名ブランドの靴だったりします。

安いタイプでも、靴底がしっかりしていれば問題ありません。

冬靴の多くは、その軽さにも驚きます。

 

 

靴底のタイプにも色々ありますが、手動で出し入れ可能な鉄製のスパイクが付いた靴もあるくらいです。

このスパイクタイプは、普段はスパイクを手動で収納しておかないと、地下通路などに入った途端に、カツン・カツンと歩く度に大きな音が響き渡ります。

知らないでスパイクを出したままの状態で地下鉄のホームや地下街を歩くと、その音に反応した人たちに振り返られて、目立ちます。

どちらかと言えば、お子様用に多いパターンです。

 

 

 

冬靴を買う!

 

靴を現地で調達するのは荷物になるので、事前に準備しておく事をオススメします。

冬靴も色々なタイプがありますが、オススメは靴底が複雑な溝で滑りづらいモノ。

普通の靴底に一部円状の滑り止めが付いているモノは、滑りにくいです。

 

 

更には、簡単に既存のシューズの靴底に装着できるタイプもあります。

価格は安価で手頃ですが、冬靴に比べて脱着が面倒。

 

 

 

 

【価格で勝負のシュープラザ】

 

ネット購入であれば、お手軽な価格帯も多いシュープラザ

スノーブーツで検索すると、色んな種類の冬靴が出てきます。

比較的リーズナブルな冬靴が多いので、家族の分も合わせて何足も購入するのであれば、出費が抑えられて経済的でオススメです。

シュープラザのネット通販

 

 

【豊富な品揃えのABCマート】

 

種類の豊富さでは、ABCマート

スノーブーツを検索すると、男女ともに高価な数万円から数千円まで豊富な種類の冬靴が出てきます。

デザインが可愛らしい靴やカッコイイ靴でも実用性は高く、滑りにくい靴底の暖かい仕様です。

豊富なデザインから選べるので、予算に余裕があれば、オススメです。

冬靴以外のラインナップも豊富なので、他の靴も一緒に購入もアリですね。

個人的にも、よく利用しているショップです。

靴の総合通販:ABC-MART.net

 

 

 

まとめ

 

冬の北海道は、防寒対策をしっかりしないと、風邪や怪我で、悲しい思い出になってしまいます。

その準備する中でも、意外と足元までは考えない人も多いみたいです。

冬の北海道の道路は、デコボコしたスケートリンクの様な感じで、注意を怠るとすぐに転びます。

瞬時に反応し多としても、軽い擦り傷は避けられませんし、酷い時は骨折する事も。

そんな悲しい思い出を残して帰るのは、ダサすぎます。

しっかりと、冬靴を準備して、滑らず怪我なく、北海道を満喫して帰りましょう。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。