脱社畜!お金を稼げる副業について調べてみた


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

普段のサラリーマンとしての給料だけでは、厳しいと思う事があると思います。

こんにちは。あだじょぱです。

早期退職を目指す場合や、日々の生活を豊かにしたい場合と理由は様々あると思います。

セミリタイア、アーリーリタイアと言われる早期退職では、資産がゼロで会社を辞めるのは、大きなリスクになるので、お金を稼いでから辞める事が多いですよね。

夫婦で共働きという世帯も多いですが、子供が産まれると奥さんが働けなくなる上、家族が増える事によって家計の負担は大きくなります。

そういった状況の中で、お金がもう少しあれば・・・。

と感じる事も少なくないと思います。

ですが、サラリーマンでの給料は簡単に増やせません。

奥さんも働きに出るのは難しく、いざ子供を預けようと思っても・・。

幼稚園落ちた・・ってヤツです。

 

そこで、最近では副業を考える方も増えているようです。

副業というだけでは、時間の無いサラリーマンには出来ないと思われがちかもしれませんが、副業にも色々な種類があって、時間を気にせずに出来るものもあるんですよ。

中には、主婦の方が副業で始めた事が、旦那さんの給料よりも収益が上がり、起業したなんて話もあるくらいです。

それは、ごく一部の例ですが、それでも無いよりは、有った方が良いのが、お金だと思います。

奥さん、大事なのは 旦那よりも お金ですよ、お金。

そこで、副業に関して調べてみました。

 

 

副業の種類

 

副業という括りで考えると、何でも入ってしまいますが、なるべく時間を気にせず、誰もが出来そうな副業に絞って考えたいと思います。

  • クラウドソーシング
  • アフィリエイト
  • シェアリングエコノミー

 

他にも種類はありますが、メジャーなものを集めてみた感じです。

 

 

クラウドソーシング

 

本業に就きながら、別の収入を得るという意味では、時間を気にせずに出来るクラウドソーシングが代表的な副業です。

会社に属さず企業からの仕事を請け負う事で、副業としての収入を得る事が出来ます。

企業側が求める仕事依頼と、その仕事を請け負う個人を結びつける会社に登録し、自分が望む仕事に応募するのが一般的な方法。

ロゴ作成やWEB開発、記事を書くというライターの仕事など依頼は様々です。

納期は定められていますが、自分の空いている時間を使って収益を上げる事が出来るので、自宅に居ながら子育て中の奥様が利用されているケースも多いです。

 

他にも、企業側から依頼を受けなくても、自分のスキルを販売するなんてのもあります。

自分が出来る事を販売し、魅力を感じた人が購入するようなクラウドソーシングの1つ。

ニーズによっては、収益の差が激しくなりますが、ニーズが高く人気があれば、収益も大きくなるのが特徴です。

どちらも時間を気にせずに行えるので、サラリーマンの副業や主婦のお小遣い稼ぎと言った感覚です。

ただ、専門的なスキルがあれば強みになりますが、一般的なスキルでは難しいかもしれないですね。

 

 

アフィリエイト

 

誰もが簡単に始められるので、副業として非常に人気のあるのが、アフィリエイトです。

初期投資として、独自ドメインを取得する費用や、レンタルサーバーを利用する際に発生する費用などがありますが、月々1,000円程度で始められる手軽さが人気です。

特に専門的な知識が無くても、始めることは出来ます。

一般的なアフィリエイトは、特化したサイトを作成・運営し、商品やサービスの良さをアピールして広告を貼り付け、その広告収入を得るという方法。

広告には、成果報酬型という広告をクリックし、ユーザーが購入した時点で報酬となるタイプと、クリック報酬型の広告がクリックされた時点で報酬が発生するタイプがあり、後者の方が単価が低く設定されています。

その為、一般的には購入して貰う成果報酬型を利用する事が多く、クリック型と併用しているサイトも多いです。

 

初期投資が殆ど掛からず、誰もが簡単に始められるので、参入者は多い分野。

その為、ライバルも多く、なかなか報酬の上がらない人も多いので、途中で挫折するケースもあります。

やり始めから安定報酬を得るまでに時間が掛かる事が多いので、長く続けられるような人に向いていますが、それ以外だとちょっとしんどいかも。

それでも気軽に始められるので、取り敢えずやってみようと思う人は多いと思います。

こちらもクラウドソーシング同様、主婦の方にも人気で、会社相手では無い為、自分のペースで全てを行う事が出来る分、自由度は高いです。

広告を仲介する企業のサイトへ登録し、自分が貼りたい広告を探して提携申請する流れ。

サイトを複数作る事で、収益を増やすのが一般的です。

 

 

シェアリングエコノミー

 

こちらは、他の副業と違い、ちょっとした資産が必要なタイプになります。

世界各国で始まっているシェアリングエコノミーが、日本でも浸透してきました。

シェアリングエコノミーとは、車や宿泊場所、使っていない道具などの遊休資産をシェアしたり、レンタルする事業で、代表的なものに民泊があります。

あまり使わない車や、空き屋となった住居を所有している必要があるなど、前述の副業に比べてもハードルが高いところです。

ドライバーと、交通移動手段を探しているというユーザーをマッチングさせる相乗りサービスや、遊ばせている不動産物件を利用した民泊などが有名。

まだ環境整備が追いついていない気がするところもあり問題が多いところが気になります。それに、シェアリングエコノミーを選択するくらいであれば、資産があるような感じがしますね。

 

 

最後に

 

他にも家事代行とか探せば次々に出てきますが、時間の制約も出てくるタイプが多いです。

なるべく空いた時間を利用出来るような副業を選択することで、普段の家族との生活に影響が出ないようにするのも大事ですから。

ですが、時間が無いからムリ。と諦めてしまっては、その時点で終了してしまいます。

その暮らしのままで満足であれば良いのですが、何かを変えたいと思ったら行動するしか方法がありません。

何もしなければ、何も変わらないです。

今の状況に満足していないのであれば、副業で稼いで、新しい将来設計を組み立てるのも、楽しい時間に変わるように思います。

副業である程度稼げるようになったら、資産を貯めてセミリタイアするのか、もっと副業に注力して起業するのかなど選択肢も増えていきます。

いきなり大きな利益を得ようと思うと難しいですが、コツコツやって頑張れば結果も出せる筈。

興味ある方は、チャレンジしてみては?


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。