移住者がコスパ重視でスタッドレスタイヤを購入してきた


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

少し早いですが、観光スポットへ行くことも多いので、峠越えに備えてタイヤ交換しました。

こんにちは。あだじょぱです。

度重なる出張で、何度もスタッドレスを購入しては売却を繰り返し、標準の夏タイヤしか所有していなかったので、今回は近所のカー用品店でスタッドレスタイヤを購入し、そのまま履き替えして貰う事にしました。

冬用のワイパーは、手元に残っていたので購入してません。

 

スタッドレスタイヤ

 

北海道の冬は積雪で、路面凍結しますので普通のタイヤでは走行できません。

北海道では、スパイクタイヤの使用が禁止されており、現在はスタッドレスタイヤが必要になります。

「スタッドレスタイヤを装着したから滑らない」というワケでは無いので、安全運転で速度やブレーキなどに気を遣いながらの運転が大切です。

同じく四駆だから安心というのも違いますので、冬道の運転は気をつけないと危険です。

 

 

はじめに

 

個人的に北海道への移住は2度目となる為、まずは、初回に移住した時のことに触れます。

1度目の移住時も現在同様、札幌市に住んでいました。

当時は車を所有していませんでしたが、移住してすぐに車が必要だと感じ、四駆の車を中古で購入しました。

移住後すぐで資金も無かったので、相当古い車を安く購入し、冬タイヤは古い中古が付属していました。

正直、それまで冬道の凍結した路面を運転した経験は、1度もありませんでした。

 

まず、冬タイヤについての知識が乏しく、今思えば付属していたスタッドレスは古く、使用感も激しい感じだったので、かなり滑り易くなっていたと思います。

しかし、当時は何も気にせず、付属のスタッドレスを装着しました。

最初の凍結路走行で交差点を左折するつもりが、全く曲がりませんでした・・。

直進でそのまま進む事になりましたが、この事があってから、物凄く慎重に運転するようになりました。

結局、2年ほどで車検を受けず車を買替えたので、2シーズン(冬は、あまり乗らなかった)だけ使用した感じでした。

 

 

メーカーによる違い

 

スタッドレスタイヤは、タイヤメーカー各社が独自の商品を販売しています。

これまでに使用したのは、MICHELIN、ブリヂストンの2社です。MICHELINは現在の車を購入する際に一緒に購入したものです。

そして、ブリヂストンは北海道での装着率No.1という事で神話のようになっていたので、その流れに乗って購入したものになります。

使用感としては、各メーカー同様に年々その性能が向上しているので、同時に同年代の新モデルを履き比べないとわからないところですが、大きな差は感じていないです。

ただ、ブリヂストンのBLIZZAKは型落ちのGZでも割高ですね。

最新のVRZは高価に感じます。

メーカーによる履き心地に違いはあるので、好きなメーカーを選択するのも良いと思います。

 

 

スタッドレス購入について

 

現在の車は四駆のSUV車で、普段は18インチのタイヤを装着しています。

スタッドレスタイヤも売却して、所有していなかったのでホイールも必要になりました。

北海道では現在の車が3台目となります。

1台目はセダンタイプ、2台目はミニバンでした。

今回の車はSUVなので、そこまでこだわらず、コストパフォーマンスも考えて購入することにしました。

 

 

インチダウンで価格を抑える

 

現在所有の車は、SUVという事もあってタイヤが大き目のサイズになっています。

基本的にタイヤは大きくなればなるほど、価格も高くなっていく傾向にあるので、軽自動車などの小さいタイヤの車は、比較的安いタイヤが豊富にあります。

逆に大きいタイヤになると種類も少なく高いものが多くなります。

そこで冬タイヤのみ、インチダウンで対応する事にしました。

気を付けなければならないのは、インチダウン出来るかどうか?という事と可能な場合のタイヤサイズです。

 

車種によって違いがあるので、確認の必要があります。

店舗でも確認して貰えますし、ディーラーで確認するのも良いと思います。

インチダウンする事で価格が抑えられますし、その車種にあったサイズであれば問題ありません。

今回は、18インチから16インチへインチダウンすることにしました。

というのも、グレードによっては、16インチの設定がある車種だったので、そのグレードで使用しているのと同じサイズのタイヤにできました。

 

 

インチダウンの注意点

タイヤサイズには、タイヤ幅扁平率インチが関連します。

インチダウンでは、基本タイヤの外径を変えないでホイールのサイズを小さくします。

その為、扁平率が高くなり、横から見た時のタイヤの見た目が変わります。

ここで大事なのが、ホイールサイズを小さくする事で、インチダウンするという部分です。

このインチダウン後のホイールサイズが合わないと、部品を損傷する事もあるので必ず事前に確認が必要です。

又、タイヤの外径を変えるのも危険です。

外径が変わるとスピードメーターに誤差が生じるので、夏タイヤとの外径差が少ないものを選ぶ必要があります。

ロードインデックス(耐荷重)というのが車種で定められていますので、インチダウンしても近い数値になるようなサイズ選択が必要です。

 

 

メリットとデメリット

 

インチダウンによってのメリットとして、

  • タイヤ価格が抑えられる
  • シャーベット路面で滑りにくくなる(接地圧が上がる)
  • 乗り心地が柔らかくなる(好みでデメリットかも)

 

インチダウンのデメリットは、

  • 接地面積が減る分、凍結路面では不利かも
  • 見た目が・・・

 

デメリットの接地面積についてが、不安になるところかもしれませんが、そこまで大きく変わらないであろうという事(そのサイズ使用グレードがある為)と、最近のSUV性能(横滑り防止機能やABSなど)もあるのでインチダウンする事に決めました。

 

 

メーカーの選択

 

インチダウンでサイズが決まれば、後はスタッドレスタイヤの種類です。

北海道のような雪国になると、タイヤ交換の混雑時期があります。

冬用スタッドレスを乾燥路面で走らせると摩耗が加速し、滑り易くなってしまい寿命が短くなるので、普段から峠越えの可能性がある方以外は、本格的に積もる直前まで交換を待つ傾向です。

その混雑時期後になると在庫が無くなっている可能性もありますが、概ねその年の最新モデルと一つ前の型くらいが、各メーカー毎に揃って販売されていると思います。

あと、MICHELINは評価が高く価格も高めですが、今回はパス。それほどの差を感じなかった事と、国内メーカーなら日本国内での試験を繰り返しているので、日本の環境に合っているような気がしたからです。

 

そして、ブリヂストンヨコハマタイヤダンロップの3社から選ぶ事になりましたが、在庫などの関係でヨコハマタイヤを選択から除外し、最終的な選択肢は、ブリヂストンかダンロップの二択となりました。

 

 

最新モデルは高い

ブリヂストンもダンロップも、それぞれスタッドレスにシリーズがあります。

ブリヂストンは、BLIZZAKになります。(価格は全て4本セットホイール及び工賃込み)

  • 最新モデル:VRX  価格 13万円
  • 1つ前:REVO-GZ  価格 11万円

 

ダンロップは、WINTER MAXXになります。

  • 最新モデル:02 価格 10万円
  • 1つ前:01   価格  8万円

 

このスタッドレスは、両社とも普通車用です。

別にSUV用というのもありますが、日常で悪路から凍結路面へ入るなどの特殊ケースは無いですし、積雪時期が訪れると凍結路面かシャーベットですので、普通車用で充分だと思っています。

そこで価格ですが、ダンロップに比べブリヂストンの方が価格が高い設定になっています。

そして、BLIZZAK最新モデルとWINTER MAXXの1つ前のモデルでは、価格差が5万ほどありました。

ダンロップのWINTER MAXXシリーズは、高寿命が売りの1つらしく、積雪前の早い段階から交換しても大丈夫らしいです。

どれを選んでも、滑らないというのは絶対では無いので、今回は、価格を最優先にし、初めてダンロップを選択しました。

 

wintermaxx

 

品揃え豊富!取付も安心!オートバックスのネット通販サイト

 

サイズの合うタイヤを探すのも簡単です。

 

 

まとめ

 

個人的な感想を書くと、MICHELINやブリヂストンの高評価は、少し過大すぎるような気もします。

今まで装着したスタッドレスでは、最高で7シーズンほど使った事がありますが、どんどん滑り易くなります。(当たりまえ)

インチダウンと最新モデルの1つ前のモデルにする事で、新品のスタッドレスの価格を抑える事が出来ました。そして、インチダウンする場合は、その車種に合ったタイヤサイズを選ぶ必要があります。

札幌は雪が降っても積もらない時期が少しあったり、少しだけ積もって溶けたりするので、タイヤ交換のタイミングを間違えると、雪が溶けなくなって大変です。

 

こうして思うのは、「大阪に住んでいたら経験していないだろうな」という事が結構あるという事ですね。

最後になりますが、スタッドレスや四駆に過信しないで、安全運転することが大事です。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。