早朝から雪かきをする奥さん多いよね

スポンサーリンク






 

先日、頼まれて雪かきを手伝う機会がありました。

こんにちは。アッシュです。

北海道の暮らしでは、その暮らす場所によって雪かきが必要な事もあります。

初めて移住した時に雪で苦労したんですよ。

それで、今回の移住では雪かきが不要な環境を選んで暮らしてます。

マンションで、駐車場が屋内にある物件や、業者での除雪が入るような物件がオススメ。

自力で雪かきするのは、若いうちは良いけど絶対しんどい。

 

 

雪かきって重労働なんだよね〜

 

まず、雪かきを引き受けた経緯ですけど、知人から頼まれました。

困ってる老夫婦の御宅があるからという話。

まぁ、多分、なんとなく想像がつきました。

 

めちゃ暇そうなヤツいてるわ!

 

って閃いたんでしょうね。

 

こっちも毎日、色々あるんですけどね。

ギター弾いたり、ブログ書いたり、飯を食べたり、寝たり・・・。

 

ええ、でした。

 

そんなワケで、老夫婦の御宅で雪かきをお手伝いする事になったんです。

雪国での暮らしを経験した事が無い人は、雪かきって聞いてもピンと来ないかも。

なんか大変そうとか、そんな雰囲気程度じゃ無いかなと思います。

 

めちゃ大変やから!

 

降り積もる雪も乾燥した雪と湿った雪があるワケ。

この湿った雪が厄介。

水分を含んで凄く重くなってる。

マジ、トレーニングジムで筋トレするくらいの疲労感。

それで、雪を捨てるというか集めて積む場所も決まってるから、その場所までの距離も大事。

距離が離れた場所の雪かきは、もう最悪の罰ゲーム。

翌日は、腕パンパンになります。

 

そして、雪の降り方にも色々あって、パラパラ長時間降る雪もあれば、一気に大量の雪が降り積もるドカ雪ってのが存在する。

ドカ雪なんて降った時には、幹線道路は大きな除雪車が作業し始め、道路の幅が狭くなり、脇道や住宅街は道が無くなるくらい積もります。

それをスコップで人力で雪かき。

 

ε-(ーдー)ハァ

 

 

戸建ての物件が大変

 

もう札幌なんて住まれへんやん。

なんて思った方は、安心してください。

一般的なマンションであれば、賃貸でも雪かきが必要なのは駐車場周りくらいです。

その駐車場周りも業者を手配してくれる物件もあります。

問題は、戸建ての物件です。

 

立派な戸建て住宅の多くは、屋内駐車場を完備しています。

シャッター付きの屋内型駐車場も多いです。

ですが、その駐車場から出てすぐの道路に面した部分、その出入口付近は雪が積もるので、雪かきをしなければ車を出せなくなるんです。

めっちゃお金持ちなら、そこにもロードヒーティングを埋設しているみたいですが、多くは無いです。

そんな戸建てに住んでいる高齢の方が、雪かきが大変で困っていると言うのです。

 

 

数年前、嫁の実家も戸建てだったんで高齢の義父母に変わって雪かきをしていた事があります。

北海道の住宅は、床を少し高くする傾向にあるので、玄関先が数段の段差になっている物件が多いです。

そんな階段で雪かきをしていて、滑って転んだりでもしたら大怪我になるかもしれません。

そこで手伝っていたんですけど、結局はマンションへ引っ越されました。

 

そんな経験もあったんで、軽い気持ちで引き受けちゃいました。

事前に場所を確認して、それほど難しい場所じゃ無いのも確認済みでした。

 

 

奥様たちの戦場であった

 

雪かきをするのに少し問題がありました。

幹線道路に面していない場所の為、道路が雪で更に狭くなっていたので、車を停めるスペースをどうするかという問題。

一応停めるスペースくらいは在りましたが、念のため、なるべく人が通らないだろうと思われる時間帯に行く事にしました。

という事で早朝。

まだ薄暗い時間帯に行ってみると、さすがに誰も歩いてないですね。

が、よく見ると、既に雪かきを始めている人影が見えてきました。

皆さん、早い。

 

そこで、気が付いたんだけど、雪かきしている人の多くが女性。

おそらく主婦だと思われる人たち。

旦那さんが出勤する前に駐車スペースの前方を綺麗にしているような感じ。

かなりの雪の量だけど、化粧もせずに雪かきをしているみたいでした。

 

しばらく雪かきしていると、旦那さんらしき人が車で出て行く姿もあった。

戸建ての住宅では、奥さんが雪かきをするところも多いみたい。

雪国で生まれ育った経験が無いので、少し驚きました。

 

 

雪かきで苦戦したんだけど

 

雪は、サラサラな乾燥したタイプなら楽勝だけど、湿った雪とか冷え込んだ日の固まった雪は最悪。

重たいし、氷になった塊が硬くて、プラスチックのスコップなら簡単に割れて破損です。

何個か破損した事もあって、嫁からは馬鹿力出すな!とお怒りの言葉を頂きました。

 

いや、普通に壊れますから。

 

(-ω-; ムム…

 

 

そして、凍った道路の上に降り積もった雪。

表面だけが新雪でその下側は凍ったスケートリンクの様な地面なんですよ。

そして、その表面に足を乗せた段階でツルッと滑るワケです。

 

なんのやねん!

 

って思いますよ。

 

スコップで雪をかき、その直後に滑って転ぶ姿を想像してみて下さい。

スコップごと雪が吹っ飛び、体は前へ倒れる感じです。

ブ・ザ・マです。

 

 

最後に

 

北海道は、雪が降り積もる地域が多く、田舎へ行けば行くほど戸建て物件が多く在ります。

この超高齢化社会で、雪害で困っている世帯も多くあるんじゃ無いかと思います。

だからと言って、そんな重労働を頼める様な相手が近くに居るとは限りません。

戸建てであれば、雪かきが大変ですが、多くのご家庭で奥さんが作業していました。

これから先、雪の多い地域で暮らす事を検討する様な事があれば、そういった事も考えて住む場所や物件を決めるべきなのかもしれません。

特に奥さんは大変になるかもしれませんから。

 

同じ北海道でも雪の多い地域と少ない地域があります。

今だけでなく、将来の事も考えて移住しないと後悔すると思います。

もし転勤で北海道へ移住する事になったら、

「私、雪かきしないので!」って

旦那さんに事前に伝えておく必要がありますね。

スポンサーリンク









コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーが好き。怪しい者ではない。