札幌へ移住して雪道を転ばず歩く為に試したコト


スポンサーリンク


スポンサーリンク



新雪の上を歩くのは気持が良いですね。

こんにちは。あだじょぱです。

しかし、札幌で暮らしていると、実際に歩くのは凍結した氷の上。

滑って転んで怪我をしても不思議ではありません。

雪が積もることすら殆ど無い大阪。

そんな地域で生まれ育った人間にとっては、恐怖でしかありません。

移住すると必ず経験する事ですが、怪我をしたく無いので色々と気をつけています。

 

 

凍結路面での歩き方

 

道産子の知人に歩き方を聞くと必ず言われる言葉があります。

 

お尻を入れて

 

キュッとして歩け

 

お尻に力を入れてキュッとして歩け。

名言のようにも聞こえますが、キュッとして歩くというのは、イマイチわからない。

お尻を締めて歩けというコトだと思いますが、歩いている人を見ても、そんな風に歩いているようには、思えません。

力が入り過ぎると、逆に滑ってしまう気がします。

なんだか信用なりません。

 

そこで、転んだりしながら自分なりに色んな歩き方を試してみました。

 

滑らないような歩き方
  • 真っ直ぐ足を下ろす歩き方
  • 早歩き
  • 足を滑らせながら歩く
  • 靴を変える

 

 

真っ直ぐ足を下ろす歩き方

 

自分なりに試してみましたが、路面との接地面である靴底の面積が広い方が抵抗になって良さそう。

普通に踵から地面に足を下ろすよりも、靴底(足の裏)全体を振り下ろす感じ。

踵だけだと接地面積が小さくなるので、靴底全体で地面を踏みつけるイメージです。

普通に歩くよりは、滑りにくい歩き方。

個人的な感想としては、酷く凍った路面では、踏み出した瞬間に足ごと持って行かれる感じです。

そこまで高い転倒防止にはならない気がしました。

残念

 

 

早歩き

 

続いて、滑っても転ばないようにする作戦です。

どう考えても、スケートリンクのような地面を歩くのですから、そりゃ滑りますよ。

では、滑っても転ばないようにすれば、怪我しないですよね。

滑っても転ばないようにする方法を考えます。

 

足を出して着地と同時に滑るのであれば、滑った瞬間に次の1歩を踏み出しておけば、転ぶ前に着地している筈。

そこで、右足が滑っても左足が着地し、その左足が滑っても新たに右足が着地しているというスピード重視の早歩きをするという歩き方。

かなり、滑りますが、転びにくくなります。

 

個人的な感想としては、雪まつりなど混雑する場所では使えない・・。

信号待ちの瞬間に足が止まるので転ぶ・・・。

はい。

残念

 

 

足を滑らせながら歩く

 

靴底全体で踏み込んでも、早歩きでもダメとなれば、もうこれしかありません。

靴底を地面から離さず、靴を滑らせて歩く方法です。

摩擦抵抗で滑りづらくする作戦。

最初から滑っているので、意外と転ばない進み方です。

簡単に出来て、1番転びにくい気がします。

 

しかし、段差のある場所では使えない技。

段差になった途端に転んでしまうと、大怪我する可能性があります。

平坦な道なら1番オススメなんですけどね。

残念

 

 

靴を変える

 

もうこうなったら最終手段です。

滑りづらいように開発された冬靴を履くという方法。

スケートリンクのように凍った道路でも、滑りづらい靴底、暖かい構造。

そんな冬靴を履けば、普通に歩いても滑りづらくなります。

 

冬靴には、様々な種類があります。

プライベートだけでなく、ビジネスシーンでも違和感の無い冬靴までタイプが豊富です。

用途に合わせて選ぶことが出来ます。

 

関連記事
  • 雪まつりやビジネスでも活躍する滑りづらくて暖かい冬靴とは

 

お金が掛かる手段ですが、転んで大怪我するのを未然に防げると思えば、損は無いと思います。

但し、冬靴だから100%転ばないなんて事もありません。

運が悪ければ、転ぶ事もあります。

 

冬靴+滑り歩きが1番オススメ。

かなり滑りづらくなります。

 

 

実際に移住して感じる靴事情

 

移住後に滑って転んだ事は数知れず。

あまりにも酷く転んだ事で、冬靴を購入し、それ以降は転ばなくなりました。

が、よく見ると道産子たちは冬でも普通の靴を履いている人が多いという現実。

若者なんて冬でもペラペラのスニーカーを履いている人がいます。

滑る滑らない以前に寒く無いのか・・・?

 

観光で多いのは、滑らないように歩く人ですよね。

道産子は、滑りながら歩くので、滑る事は気にしていないようにも見えます。

滑っても体勢を立て直す方が重要なんですね。

こればかりは、最初から上手く出来ません。

滑る事を繰り返しながら、自然と体が反応するようになるのかも知れませんが、年齢を重ねるとリスクが高くて何度も滑る経験は厳しいです。

観光で、普通のスニーカーなら外出が恐怖です。

なので、ここは無難に冬靴が1番だと思います。

 

当然ですが、雪深いところでは、冬靴よりも長靴が重宝します。

雪かきとか作業をするのであれば、冬靴でも雪が入りこむ場合があるので、長靴で外出してます。

 

 

まとめ

 

冬のスケートリンクのような路面は、油断していると簡単に転びます。

凍っていないように思っても、一部分だけ凍っているなんて事も多々あります。

歩き方を工夫する事で、少しは対策になりますが、無難なのは冬靴を購入する事。

雪まつりのように混雑する場所では、行列に並んで歩く為、足元なんて確認できません。

すると、一部分だけ凍っている地面で滑って転ぶ危険が高まります。

折角の観光で怪我をしないように未然の対策は考えておいた方が良いと思います。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。