セミリタイア(アーリーリタイア)失敗と無理せず生きる事


スポンサーリンク


スポンサーリンク



セミリタイアに失敗しました。

こんにちは。あだじょぱです。

そんな話は聞いた事が無いんですけど、失敗というワードで、このブログへの検索流入があるようです。

実際、家族持ちで早期退職する方が資金繰りが大変かもしれませんが、完全なリタイアと違い、資金に困れば労働で収入を得る事も考えられるので、失敗ってあまり無いんじゃ無いかと思うんですけどね。

あるとすれば、働きたくなって仕事に復帰するくらい?

個人的なところでは、今のところサラリーマンに戻るつもりはありませんし、なんとか暮らせている状態です。

現状では、不動産による収入とサイト運営での収益、そして、時々相談を受けてバイト感覚で行う労働が予期せぬ収入としてあるくらい。

子供達は、まだまだ学生で学費も必要、嫁は専業主婦ですが、なんとか生きてますよ!

(つωT`)ヾ (゚Д゚ )…イキロ

 

 

セミリタイアをリタイアする?

 

なんだか考えた事も無かった話なんですが、セミリタイアをリタイアするって事。

よく早期退職すると暇になって働きたくなるという話は聞きますけど、そういう類の事かな?

それ以外には、資金が少なくて生活苦に陥り、やはりサラリーマンに戻るケース?

セミリタイアを考えた時点で、生活をするだけの計算は出来ている筈なので、そんな事にはならない気もしますけど、もしそんな風になるケースがあるのであれば、考えが甘かったとしか言いようがありません。

と言うよりは、そこまで頑なな気持ちも無いのです。

 

働きたい時には働くし、働かない時は働かないだけ。

人手不足などの問題から相談されて引き受ける労働もありますが、基本は率先してやるつもり無しでーす。

すっかりダメ人間っス。

 

頑なに「絶対、働かねぇーからなー」なんて気持ちはありません。

だから、今でも時々アルバイト感覚で引き受ける仕事のような雑用はあります。

 

 

収入の問題

 

我が家の場合は、貯蓄で暮らす方式ではありません。

毎月の家賃収入が収益の柱となっている生活。

その為、この不動産物件の入居者が居なくなれば収益が消えます。

 

その場合は、労働で収益を確保しなければならなくなるという考えは持っています。

こればかりは、この先どうなるかわかりません。

例えば、新たな物件に投資する場合でも都市整備の具合によっては、この先値上がりする土地もあれば、そうはならない土地もあるワケです。

物件に投資する場合もこれまでは全て無借金で進めてきましたが、今後の投資規模によっては、変化があるかもしれません。

この投資に失敗した場合も、労働する事になるパターンはありますね。

 

 

気持ちの問題じゃ無いか?

 

まぁ、新たな不動産投資となると色々と面倒な事が出てくるので、それなら労働の方が面倒じゃ無いかも。

正規雇用に拘らなければ、仕事も結構あると思いますから、今の生活リズムを大きく崩す事なく対応可能な気はしています。

もし、セミリタイアを考える場合でも、そこまで考えすぎないでアクションを起こしても良いんじゃ無いかなという風には思いますね。

初めは退職金があるので、しばらく安泰のような気持ちが湧いていました。

ですが、安定した収入が見込めないうちに早期退職する場合は、労働も視野に入れておく必要はあると思います。

当然ながら、安定した収入源を確保してからセミリタイアするのが無難です。

 

 

失敗ってなんだろう?

 

結局、失敗というのは何だろう?って思います。

1番考えられるのは、セミリタイアで自由になった時間の使い道が無いケース。

特に単身者の場合、同居人がいないので会社へ行かなければ、話す相手がいないという事になります。

そして、1人で楽しめる趣味を持っていなければ、この孤独な時間が続くと考えられます。

ちょっと、これは厳しいかもしれませんね。

役職に就いて、バリバリと働いていた40代以上の男性なら退屈すぎて苦痛に感じるかも。

 

自由が崩壊する危険な要素
  • 独身で同居人無し
  • 会社では役職に就いてバリバリ働いていた
  • 趣味が無い
  • 外出が嫌い

 

 

でも、それなら趣味をつくる事で、楽しい時間に変換する事も簡単だと思います。

何も難しい事をしなくても、食べ歩きとかでも良いと思うんです。

 

オススメは、ブログを書く事です。

 

毎日、ブログのネタを探しながら外出すると、趣味みたいな感覚になると思います。

何も考えずに生活するよりも楽しめるんじゃ無いでしょうか?

そして、ブログも独自ドメインで作成して広告を貼れば収益も発生するのでオススメですよ。

 

 

無理をせずに生きる事

 

会社を辞めてからも色んな人と食事をする機会があります。

その中で、会社勤めの現状を打ち明けられる事が多いのですが、殆どが愚痴だったりします。

周囲の人間に漏らせないような内容を部外者である人間にぶちまけたいのでしょうね。

 

残念なのは、残業が多く給料は増えないという話が多かった事。

それなら辞めたら?と簡単に思うんですが、返ってくるのは「簡単に辞められない」という回答。

 

 

愚痴を言いあう飲み会は無駄が多い

 

それならば、進む道は限られます。

自分自身が出世をして現状を打開するしかありません。

個人的には、この段階で出世が見えたとしても、そこから環境を改善する迄の時間を考えると、会社を辞めた方が早いという結論に至ります。

ですが、多くの人は、そうではありません。

 

家族を養うために耐え忍ぶ人が多い筈。

 

ストレスで入院する人や、病気で倒れた人を何人も知っています。

それって本当に正しい選択なのだろうか?と思っていた時期もありました。

 

それなら同僚と飲みに行って愚痴るだけの無駄な時間と出費を他のことに投資すれば良いんです。

愚痴るだけの飲み会なんて時間もお金も勿体無いですから。

その飲み会はストレス発散になるかもしれませんが、その場だけのものです。

その時間を有効に活用して、コツコツとしてきた事が後で役に立ってきます。

 

無理をして体を壊してしまったとしても、会社から胸熱の展開は待っていません。

最悪の場合は、部署異動でお役御免な展開です。

頑張って尽くしても結構簡単に判断が下されます。

それなら無理をしない方が良いですよね?

 

 

早期退職して感じるコト

 

そこから至る道の先に早期退職がありました。

家族がいるので、簡単に辞めたとは思っていません。

会社を退職してからの収支を計算して移住や不動産物件の購入を行いました。

 

セミリタイアの準備

 

北海道へ移住してからは、知人からの誘いはなるべく断らないスタンスです。

その事で仕事についても相談を受ける事が多くなっています。

特に必要がなくても労働を頼まれるケースがありますが、直接の収益になりますし時給は高いですw

何かあっても、人との繋がりが役に立つ場面が結構あります。

全ても引き受けるつもりは無いので、もちろん断る事もあります。

 

 

最後に

 

セミリタイア(アーリーリタイア)自体は簡単で誰でも出来ます。

その後の継続は、本人次第ですが気持ちの問題が占める割合も多いように思います。

簡単な労働をしつつ生きる事で、ストレスに悩まされる時間は無くなります。

自分の好きな事をして過ごす時間も増やせますし、もっと時間管理が簡単になるんです。

仕事で拘束されていた時間も自由になるんですから、毎日何をしようかワクワクします。

 

その為には、生活できるだけの収入は確保する必要があります。

ですが、それはアルバイトだって良いんです。

とにかく暮らしていくだけの収益さえあれば、生きていけます。

セミリタイアを失敗する人は、もっと労働に飢えていたのかもしれませんが、個人的のそこまで労働には飢えていないようです。

少なくとも現状にそこそこ満足していますし、会社員に戻ろうと思った事はありません。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。