移住生活で子供の高校進学の為にした事


スポンサーリンク


スポンサーリンク



移住生活においては、環境変化による子供への影響は少なくありません。

こんにちは。あだじょぱです。

転勤も含め、家族と一緒に住まいを見知らぬ他府県へ移す場合、心配なのが子供の事。

学校を転校する事になる為、いじめや学力の問題など気になるところかと思います。

我が家も当然、その事を考えて移住を決めました。

 

いじめなどは、評判の良い学校に通わせるなど対処が出来ます。

学力UPに関しては、本人次第のところが大きいので親としてはサポートする感じで徹底しました。

その結果、上位ランクと言われる高校に無事合格する事が出来ました。

 

 

北海道の高校進学事情

 

北海道は、他府県と比較して少し特殊な成績評価が行われています。

内申点に基づいたランク分けが存在し、ランクに応じて入試の合否ライン(入試点数)が変わるシステム。

高ランクであれば、入試のハードルが下がるシステムなのです。

 

関連記事

 

その為、内申点のランクは中学の1年と2年の間でほぼ決まってしまいます。

3年目だけ必死に頑張っても、望みは薄いものになってしまうのです。

ですから、中学校生活のなるべく早い段階で意識する事が大事になってきます。

嫁がキレてしまいますから。

 

 

高校を決めるポイント

 

進学する高校を選択する要素として学力もそうですが、他にも色々あると思います。

 

  • 偏差値(学力)
  • 費用
  • 学校の所在地

 

北海道では、道コンと呼ばれる高校の入試をイメージした模擬試験があります。

正式名称は、北海道学力コンクール

この道コンで、その時点での偏差値を知る事が容易に出来ます。

しかし、偏差値から高校を選択しても、内申ランクが低いほど、入試の難易度が高くなるという罠。

偏差値が高くても、あまりにも内申ランクが低い場合は、学校側からも指摘される可能性が高いです。

 

次に学校に掛かる費用、学費の問題。

北海道では、道立、市立、私立の学校があります。

道立・市立は公立高校なので、学費は安く、私立は学費が高くなります。

中学時の成績によっては、丁度良い高校が私立にしか無いなんて事も少なくありません。

それに設備の充実や部活動の優秀さ、エスカレーター式の進学など私立のメリットも魅力です。

予算が許すなら私立は悪い選択では無いと思います。

あまり高額な学費だと嫁がキレますけど。

 

最後は学校の所在地になります。

北海道はとにかく広いです。

札幌から遠くの地方の高校へ進学する生徒もいます。

自宅から通うのが前提であれば、あまり遠くの学校は通学も大変なので避けたいところ。

敢えて札幌から遠い地方の学校を選択する人は、寮生活などになるようです。

何かに特化した高校への進学や、どうしても事情があるのであれば選択肢になると考えられます。

 

 

裁量問題を採用する上位高校を目指す

 

北海道の高校入試で特殊な事の1つに公立高校入試の裁量問題というのがあります。

この裁量問題は、すべての公立高校で実施されるものではありません。

一部の上位ランク高校と言われる高校で実施されています。

その為、札幌市内の中学校では裁量問題を採用している高校を目指すのが1つの目安になっています。

 

裁量問題を採用する札幌の上位ランク高校
  • 札幌北高校 偏差値72 ランクS
  • 札幌西高校 偏差値71 ランクS
  • 札幌南高校 偏差値71 ランクS
  • 札幌旭丘高校 偏差値69 ランクA
  • 札幌東高校 偏差値68 ランクA
  • 札幌国際情報高校 偏差値66 ランクA
  • 札幌月寒高校 偏差値62 ランクB
  • 札幌啓成高校 偏差値61 ランクB
  • 札幌手稲高校 偏差値59 ランクC
  • 札幌新川高校 偏差値59 ランクC
  • 札幌清田高校 偏差値59 ランクC
  • 札幌藻岩高校 偏差値59 ランクC
  • 札幌北陵高校 偏差値59 ランクC
  • 札幌平岸高校 偏差値55 ランクC

 

 

偏差値は45〜55までが1番多くなる値ですので、平岸高校までがギリギリという感じかと思います。

よって、中学校の1年と2年の間で内申ランクをD以上は欲しいところです。

中学校の時点で、評判の良い中央区でも西側エリアの中学校へ通い、上位の内申ランクを得るのが上位高校への近道であるような気がします。

 

 

札幌で上位高校を目指す為にした事

 

何もせずに上位ランクの高校へ挑める天才肌の生徒は少ないです。

テレビゲームなどの娯楽が簡単に手に入るこの時代、遊び倒すだけの日々だって過ごせちゃいます。

我が家の子供も残念ながら天才肌ではありません。

成績も中の下というところで、上位ランクの高校は視野にも入らない感じだったのです。

 

しかし、そのまま易きに流されてしまい堕落した生活を続けていると必ず後悔する日が来ると思います。

それを子供が理解し、アクションに繋がるように導いてやる必要がありました。

 

 

進学塾へ通わせる

 

上位高校への進学を目指す生徒は、その殆どが塾へ通っています。

残念ながら我が家の子供は天才肌じゃないので、進学塾へ通わせる事にしました。

進学塾も1つでは無いので、タイプが異なる進学塾が幾つか存在します。

 

ここで重要なのは、本人の意志。

本人に勉強の意志が無いにも関わらず、無理矢理通わせるのは、お金をドブに捨てるようなもの。

そうならないように、本人が通いたいと思わせる事を意識していました。

 

進学塾によっては、体験できるところがあります。

そこで現時点の学力を測って貰う事で、自分自身の学力の低さに気づき勉強への意識が高まる作戦。

我が家の場合は、この作戦が良かったみたいです。

自分自身の学力の低さに驚愕し、塾へ通いたいと思うようになったと子供から言われました。

 

進学塾へ通わせる事と本人の意識改善で成績は上昇。

進学塾では、定期的にテストもあって、その度にライバルたちに勝ちたいと挑んでいました。

道コンの結果も良くなり、最終的に上位ランクの高校を受験する事が出来たのです。

 

 

良質な友達との良質な関係構築

 

塾へ通わせる迄は、正直なところゲーム友達のようなクラスメイトが多かった気がします。

本人曰く、内申の事を考慮して部活も行っていたようですが、どこまで影響があったのかは不明。

自宅に帰って来ては、オンラインで友達とゲームをする姿を頻繁に見かけた記憶があります。

 

ところが、進学塾へ通うようになる頃には、自分自身でゲームを封印。

自宅でも殆どの時間を自室の机で過ごすようになりました。

夜遅くまで灯りが消えない日もありました。

 

それは、どうやら進学塾にいる同級生をライバル意識していたのが原因のようでした。

クラスは別でも友人であり、ライバルでもあるという関係。

なんかテレビドラマみたいやん。

とか思いながらお父さんは見ていたんですけどね。

 

ここで、学校内でも大きく分かれるみたいです。

そのままゲームや遊びを続けていた生徒は、受験先も下位ランクの高校になります。

下位ランクの高校は、やんちゃな生徒も多く登校拒否や退学で中退する生徒も多めです。

本人の為にも、やはり上位高校へ通わせてやりたいというのは、親の気持ちじゃ無いでしょうか?

 

 

家庭環境と進学への影響

 

富裕層であればある程、資金面では有利であるのは間違いないと思います。

高額な進学塾へ通い、名門私立へ通わせる家庭も少なく無いです。

上位ランクでもSランクやAランクは、難易度が高いので環境は影響すると思います。

ですが、少し下のBランクCランクくらいなら、そこまで難易度も高くありません。

まずは、そこを目標に頑張るのが良いと思います。

 

我が家の場合、会社勤めを辞めたセミリタイア生活。

子供には普段から自宅にいる時間も多くフラフラ遊んでいるだけの父親と思われていそうです。

よく聞くケースとしては、こんな父親みたいになりたく無いの典型的なパターンなのかも。

 

個人的には、セミリタイアでサラリーマンは辞めてしまいましたが、会社員としての経験は大事だと思っているので、子供がサラリーマンとして働く事になっても特に否定的な考えはありません。

そして、高校や大学への進学についても本人の意志が1番だと考えています。

子供は、中学校の時点では、自分の未来について本気で考えていないかもしれません。

 

ですが、将来の選択肢を増やす意味でも早くから意識する方が有利だと思います。

高校の時点で下位ランクの学校であれば、その先の選択肢が狭くなってしまうからです。

その事を子供が理解出来るように話をした事がありました。

 

 

将来のビジョンを持つ

 

ハッキリとした将来設計を考えている子供は、夢に向かってまっすぐに進むだけですが、多くの場合、しっかりとした現実的な将来設計なんて考えていないと思われます。

この高校へ進学し、あの大学のあの学部へ入学し、最終的になりたい職業へ。

そんな将来設計をしておくと、目標があって分かり易いです。

 

目標は、変わる事があっても良いと思います。

何も考えずに日々を過ごすくらいなら、しっかりとした目標を持って欲しいと伝えました。

ハッキリした目標まで説明しなくても良いので、自分の中で持っているようにと。

 

子供が本人の意識を変えるだけで成績も右肩上がりで変化していきました。

不思議と交流する友達も同じような学力レベルの集まりになりました。

そうなれば、もうライバルと切磋琢磨する感覚。

高校では離れ離れになってしまう同級生も、最終的に大学で再会なんてコトがあれば良いなと思います。

 

 

まとめ

 

成績が悪い状況からでも、頑張れば少しでも上を目指す事は可能です。

嫁が激怒してスパルタ教育とか。

この時代ですから、進学塾へ通うのは当然のように感じられます。

周囲が通うと負けない為にも通うという連鎖があるのは間違い無いと思いますが、やる気次第で、通わせないよりは確実に成績が上がるので仕方のない事かと。

 

大事な事は、本人の意思

 

その本人が後悔しないように将来について話し合う時間をつくってあげるのが大事なんじゃないでしょうか?

それで本人が、YouTuber芸人にでもなって稼ぐというのなら・・・。

 

Σ( ̄□ ̄;)

 

お、応援します・・・。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。