札幌の公立高校入学準備で大忙し


スポンサーリンク


スポンサーリンク



公立高校に合格の皆さんおめでとうございます。

こんにちは。あだじょぱです。

札幌の公立高校の合格発表の様子をテレビで観ました。

ネットで公開される情報もありますが、現地で確認するように中学校で言われていたので、我が家も現地まで発表の確認に行って来ました。

子供が、学校の中は1人で行かせろと言うので外で待つことに。

学校の外で、ドキドキの時間を過ごしました。

受験番号を探し、合格を確認して戻った子供の姿は、喜びに満ち溢れていたので報告を受ける前に悟りました。

それまでは、不安そうにしてたのに全然違うんだもんな・・。

正直、合格した事で、ホッとしたんですけど、入学までには面倒な手続きがあるんです。

 

 

公立高校入試合格と入学の手続き

 

入試に合格したら即入学ではありません。

入学までにすべき事が結構あって親も大変になります。

直前になってテンパってしまわないように、事前に把握しておくと、対処し易くなると思います。

 

 

合格通知が届く

 

中学校に報告する流れがあるので、当日に受験した学校まで行って合否を確認するケースが多いと思います。

我が家も天候不良な雪の日に現地まで行きましたよ。

当日は、近くまで車で行きましたが、帰りは号泣している受験生も多かったです。

 

その後、数日して合格通知が自宅に郵送で届きました。

その合格通知と一緒に入学までの手引き書みたいな物が同封されていて、今後の予定や入金に関する大事な事などが全て記載されています。

正直、合格の余韻に浸っているのに読む気になれない分厚い資料。

 

同じ公立高校でも学校によって、入学前に事前登校日が定められた学校と、事前登校日の設定が無く、入学式まで登校しなくて良い学校があるので、入学予定の高校がどちらのタイプなのか把握しておく必要があります。

事前登校日のある学校では、そこで宿題が出たりします。

かわいそ

 

入学までに行う事としては、教材の購入や制服・体操服の購入などがあります。

教材や制服の購入場所や販売日時は、期間が定められている事が多いので、間違えないように。

 

 

教科書や制服などの購入について

 

これが結構厄介でした。

なぜなら購入すべき物が1箇所で手に入らないから。

 

事前に購入する物
  • 教科書(副教科含む)
  • 制服と体操服
  • 上履き

 

全てバラバラの場所で購入する事になりましたよ。

おじさんの身体がバラバラなってまうわ!

教科書類は販売する場所と期間が学校によって違います。

入学の案内にある通り、指定の販売店などで販売期間中に購入する必要があります。

 

制服は、多くの場合、扱う販売店が多く購入は自宅から行き易い店舗が無難です。

しかし、一部の高校の制服は殆ど扱いが無く、札幌中心部の一部店舗にしか無いケースもあります。

その場合、販売される期間中は酷く混み合うので、なるべく早めの購入をオススメします。

 

我が家の場合、上履きを購入出来る店舗が離れた場所でした。

全てまとめて購入出来れば良いんですけどねぇ。

 

 

入学に伴う費用について

 

公立高校と言っても、北海道立と札幌市立が存在します。

なんかややこい話なんですけど、道立高校なのに、北海道立〇〇高校という名称にはなっていません。

一般的に道立高校も札幌市立高校も、北海道札幌〇〇高校となっているのです。

北海道札幌南高校が北海道立で、北海道札幌藻岩高校が札幌市立なので名称だけでは区別が難しいです。

一部、市立と名前に入る学校もありますが、数校しかありません。

 

道立と市立では同じ公立高校でも少し費用に差があるように思います。

道立の方が少しばかり安価になる感じがします。

 

前述の教科書や制服にかかる費用、そして入学金と授業料。

他にも勉強アプリを導入している高校もあり、学校によって費用が異なります。

 

 

入学式までに提出する書類

 

公立高校では、美術・音楽・書道は選択科目になっていて事前に選択して申請する必要があります。

そちらは結構急ぎで書面を郵送やFAXで送付するように指示があります。

それ以外にも、家族の情報や健康状態の確認など準備する書類が結構あるんです。

必要書類の全ては、合格通知と一緒に同封されて届く筈なので、届いたら即確認できます。

 

入学式当日に保護者が集まって説明を受けるので、入学式には保護者も参加を促されます。

上履きも必要ですね。

遠い学校だと面倒かも。

 

 

最後に

 

公立高校の入試は、その結果にドキドキですが、合格してホッとするのも束の間です。

合格通知が届いてからは、出費も続き面倒な買い物が沢山待っています。

教科書類は、北海道立の高校では郵送で送料無料でしたが、札幌市立だと送料が有料でした・・。

事前登校日までに制服が間に合えば、高校の制服で間に合わなければ中学の制服で良い筈です。

入学式が終われば、いよいよ高校生活がスタート。

新しい友達との交流、新しい教師陣との勉強の日々がやって来ます。

中学校時代とは違うあだ名になるかもしれませんが、3年間頑張ってください。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。