札幌では路線バスも利用頻度の高い交通機関


スポンサーリンク


スポンサーリンク



大阪では殆ど利用しなかった路線バス。

こんにちは。あだじょぱです。

ちょっと古い情報になるかもしれませんが、路線バスの旅なんて番組がありましたよね。

大阪はギュッと凝縮された街の中に地下鉄などの交通網が整備され、意外と便利な都会でした。

大阪の中心部で暮らしていれば、殆どバスに乗る機会はありません。

地下鉄やJR、私鉄の鉄道だけで済むことが殆ど。

ですが、札幌の街は違いました。

市内中心部で暮らしていても、マイカー以外ならバスに乗る機会があります。

札幌から少し離れた地域では、JRの路線が縮小され、その代替えの交通機関となっています。

札幌でもバスは結構走っているので、移住や観光でも乗る機会がありそうですね。

 

 

札幌市内の移動と路線バス

 

札幌市内を走る路線バス会社も数社あります。

市内だけでも広い範囲になる為、路線も多いように感じます。

市内各所にバスターミナルが設置されているので、利用者も多く大切な交通機関です。

 

 

鉄道機関が意外と不便

 

札幌市内の中心部は、市営地下鉄と市営の路面電車、そしてJRが鉄道機関として存在します。

札幌市内に限っての移動であれば、地下鉄か路面電車の利用が多く、路線の少ないJRは意外と不便です。

首都圏並みに考えていると、かなりガッカリするレベル。

 

大阪では、市内を1周する環状線を始め、大阪の中心部から様々な方面へ伸びるJRの路線がありました。

乗り換え可能な大きめの駅が多く、利用客で混雑する光景もよく見かけました。

ところが北海道は違います。

札幌市内を1周するような路線もなく、中心部というよりは札幌と郊外から地方エリアを結ぶイメージ。

それでいて路線は廃線ばかりで、札幌の郊外でもJRだけでは行けない場所って多いんです。

 

 

鉄道機関と路線バス

 

札幌市内の移動では、地下鉄とバス、地下鉄と路面電車など乗り継ぎで利用する事も結構多いです。

札幌は雪の影響をモロに受ける地域なので、冬の移動が1番大変。

少し距離のある移動でも、雪の無い時期は自転車での移動、積雪時期から鉄道移動という人も多い筈。

1年中自転車に乗れないという環境では、公共の交通機関が重要なのです。

 

中でも雪の影響を殆ど受けない地下鉄は冬の移動で大活躍します。

駅のホームも地下なので割と暖かく、中心部なら地下街で繋がっているので、地上に出る時間が非常に少なくて済むのです。

路面電車は、最近になって停留所に暴風の壁が設置され始めましたが、それでも屋外に変わりは無いので、雪や風を感じながら電車を待つので寒いです。

バスも同様ですが、バスターミナルなら建物になっているので少しマシです。

 

路線バスは、地下鉄やJRの主要駅にバスターミナルが隣接している事も多いので乗り継いで、各方面の鉄道機関の範囲外まで移動が可能です。

通勤や通学で利用している人も多いかと思います。

 

 

路線バスのメリットとデメリット

 

大阪では一切利用する機会がありませんでしたが、札幌で暮らすようになって路線バスを利用する機会も出てきました。

個人的には自家用車移動が多いので、頻繁に利用する事もありませんが、何度か利用したことがあります。

子供は通学で路線バスを利用しています。

ですが、中心部から離れた線路の無いエリアまで行ける路線バスも万能ではありません。

メリットとデメリットが存在します。

 

路線バスのメリット
  • 札幌市内にバスターミナルが多い
  • 鉄道よりも広範囲をカバー
  • 運休が殆ど無い

 

バスターミナルが隣接する札幌市内の地下鉄主要駅が豊富にあるので、乗り継ぎが便利です。

通勤や通学では、郊外の住宅街から札幌駅のバスターミナルを利用する人も多いみたい。

鉄道よりも守備範囲が広いので、痒いところに手が届く感じ。

鉄道機関のような人身事故や設備の故障による運休は殆ど無いのも良いところ。

 

路線バスのデメリット
  • 道路状況の影響をモロに受ける
  • 遅延は多め
  • ターミナル以外のバス停は寒い
  • 時間帯によっては混雑する
  • 時間帯によっては本数が少ない

 

逆にデメリットですが、一般道を走る為に積雪や渋滞の影響をモロに受けます。

札幌で渋滞なんて殆どないと思うかもしれませんが、1番利用頻度の多くなる冬場の通勤&帰宅ラッシュの時間帯はヤバイです。

降雪量が多い日や、吹雪の日も除雪が追いつかなかったりして渋滞します。

 

その為、鉄道機関に比べ、遅延は多めです。

 

当然、バスターミナル以外の停留所は屋外で外気に晒された場所になります。

バスを待つ間は、ただ立っているだけなのでめちゃくちゃ寒いです。

 

通勤通学の時間帯や帰宅ラッシュの時間帯は、バスの利用者も増えるので混雑します。

地下鉄と違い乗車定員の少ないバスや路面電車では混雑し易くなります。

 

又、逆に通勤や帰宅ラッシュ以外の昼間などはバスの本数が少なくなります。

学校の行事で、普段とは違う時間帯の登下校になる場合はバスの待ち時間が長くなる事も。

 

 

実際に利用した感想

 

サラリーマン時代、自動車通勤を禁じられていた事もあって路線バスで通勤していた時期があります。

転勤して間もない時期だったので、バスの知識なんてありませんでしたが、当時の同僚が親切に教えてくれました。

路線バスにも同じようなルートを走るのに、停まる停留所が違う種類があるんですね。

鉄道で言うところの各駅停車と快速みたいな感じでしょうか。

同僚から当時の自宅の場所なら快速のようなバスの方が速いと教えて貰い利用していました。

 

そこで感じた事ですが、やはり通勤で利用すると混雑が凄い。

札幌駅から乗る場合、バス待ちの行列の前に並ぶことが出来れば座れますが、それ以外は殆ど座れませんでしたし、座ると降りるのが大変でした。

そして、揺れる揺れる

 

運転、荒くね?

 

ですが、中心部の渋滞区間を抜けると速い、速い。

 

酔う ΣΣ(゚д゚lll)!

 

 

 

まとめ

 

雪の影響をモロに受ける札幌では、地上に線路を巡らせるのは難しいのかもしれませんね。

とはいえ、地下鉄を整備するだけの資金も・・・。

ここ最近は、札幌市内の中心部で住宅の価格高騰が続いています。

 

これまで不人気だった郊外の物件に人気が集まり始めたので、今後バスの利用者が増えるかもしれません。

バスの乗り場などが整備され、利用し易く改善されれば良いですね。

反面、バスの運転手不足が問題になっており、定年者の再雇用で対応する企業も増えています。

本音を言えば、もっと地下鉄を整備して欲しいんですけどね。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。