札幌移住で快適になった近隣住宅との距離


スポンサーリンク


スポンサーリンク



今現在、住んでいる場所は札幌の住宅街にあるマンション。

こんにちは。あだじょぱです。

大阪では、マンションにも戸建にも住んだ経験があります。

当時も大阪の市内にある一般的な住宅街で暮らしていました。

大阪は住宅街の中にも町工場や個人商店が多いので昼間は賑やかでした。

 

しかし、賑やかな環境を望む人ばかりでもありませんよね?

近隣の住民とは距離をおいた生活を望む人もいる筈です。

最近では、テレビを賑わせるような近隣住民とのトラブルも問題になっているくらいなので、見知らぬ土地で一人暮らしの予定であれば、不安もあるかもしれません。

 

ですが、札幌での暮らしは快適そのものでした。

 

 

札幌の住宅街

 

大阪では、住宅街に溶け込んだ町工場や、小さな商店の並ぶ商店街が近くにありました。

近隣の住民とも顔見知りで、会話をする事も多かったです。

一方、札幌の住宅街は工場や商店が少なめ。

道路を走る車の交通量も少ないので、昼間でも大きな音を聞く機会は殆どありません。

 

 

札幌の住居物件の防寒対策

 

札幌の住宅の多くは、防寒対策で窓が二重窓になっています。

玄関も二重の扉で直接外部に面していない構造が多いのです。

マンションも建物の玄関口は2重の扉で、各部屋への入口はホテルのように建物内の通路に面しています。

本州のマンションのように自室を出たら外が見えるような通路ではありません。

だって、それ寒いし雪が積もるから。

 

そんな特殊な構造である為か、窓を締め切っていると外部からの騒音は殆ど気になりません。

札幌にも安いアパートがあり、窓が二重になっていないタイプもあるようですが、そうで無い限りは、賃貸でも静かな生活が送れます。

 

 

大阪との環境の違い

 

大阪では分譲の戸建でも壁が薄かったり、通気を重要視している構造の為、外部の音が結構聞こえました。

近隣の建物との間隔も狭く、小さな子供の騒ぐ声や、それを叱りつける親御さんの声も響いてきます。

道路の幅も狭くなった住宅街なのに、なぜか車の通行量も多く騒音は多め。

自転車で急ブレーキをかけたようなキーって高い音も響きます。

 

大阪って、大声出しながら歩くオジサンとか、結構な音量で歌を歌いながら自転車を漕ぐ若者がいるし。

賑やかなんです。

(;゚∀゚)

 

札幌でも雪のない季節は自転車に乗る人が出てきます。

道路が車道も歩道も広いので、スピードを出す自転車も多く危険です。

ですが、騒音のような音は聞こえないです。

 

幹線道路で無いところも道路幅は広めで、車の通行量は少なめ。

近所には、商店も工場もありませんし、隣の建物との間隔も広いです。

窓を開けて聞こえるのは、近くの道路を走る車の音か小鳥の囀り。

 

大阪でも郊外まで行けば、それなりに静かな環境を得られるところもあります。

ですが、かなり中心部から離れないと厳しいかもしれません。

それが札幌なら中心部から近いところでも穏やかな暮らしが可能なので、そこが良いところです。

 

 

線路が殆ど無い環境

 

あまり見かけないのが鉄道です。

私鉄路線が無いので、地上を走行する鉄道は、少ない路線のJRと中心部の路面電車くらいしかありません。

JRも中心部は高架になっているので、線路沿いに住むというイメージはありません。

 

踏切のある場所は、少し騒がしいかもしれませんが、札幌なら踏切の近くにある物件を見つける方が難しいかもしれないくらいです。

札幌市内の移動であれば、地下鉄がメインの移動手段になりますが、地下を走行するので騒音は聞こえません。

駅周辺は商店が多いので少し賑やかですが、そこさえ避ければ、問題ない感じです。

 

線路が無いので、交通では不便を感じますが、地下鉄の近くなら問題ありません。

最近は家賃相場も値上がりしていますが、そこまで高いというイメージは無いです。

 

 

都会と自然の共存する街

 

札幌駅周辺、大通公園、ススキノの市内中心部に行けば殆どの物が揃う札幌。

しかし、すぐ近くには藻岩山や豊平川といった自然の環境。

緑の多い大きめの公園が住宅街に広がっているのも暮らしやすい環境の理由です。

 

少し車を走らせれば、もっと大きな自然に触れ合う事が出来ます。

魅力的なキャンプ場も多く、子供がいれば連れ出したくなるような環境です。

中心部に都会の良いところ、その周辺に自然を感じられる環境があります。

 

山、川、海。

そのどれもが近いところにあるのです。

積雪地帯でもあるので、冬は過酷な環境と言われますが、建物の防寒が素晴らしいので、建物内で過ごすのであれば、札幌の方が快適だったりします。

四季をハッキリと感じられて(冬がちょっと強めですけど)良い感じです。

なんてったって、住宅街にクマが出ますからね。

 

まとめ

 

現在の住居はマンションなので、同じマンションの方は面識があります。

ですが、近隣のマンションとなれば、知らない人しかいません。

大阪のような繋がりは、今のところありません。

 

どちらが良いのかと言われれば、その本人次第だと思います。

大阪のようなほんわかした雰囲気でワイワイ賑やかな暮らしが好きなら合わないかもしれません。

ですが、静かな環境で暮らしたいのであれば、良いんじゃ無いかと思います。

自宅に小さな赤ちゃんがいると夜泣きも近所に迷惑じゃ無いかと気になりますよね?

まだ札幌の住宅の方が外部へ響かない分、安心だと思います。

青空の綺麗な日に、涼しい風を浴びて公園で休憩するのって、最高に気持ちの良い過ごし方ですよね。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。