嫁の実家で腹一杯になるけど限界を超えさせたいのかな?


スポンサーリンク


スポンサーリンク



自分自身は、大阪出身ですが、うちの嫁は道産子です。

こんにちは。あだじょぱです。

嫁の実家は札幌市の郊外で、我が家から車で40分くらいの場所にあります。

そこまで頻繁に往来はありませんが、遠くもないので時々行く程度。

1年に数回の訪問という感じです。

近いと逆に行かないって事もありますよね?

 

そして、嫁さんの実家を訪問した時は、ほぼ必ず苦しくなる程、お腹一杯になって帰宅しています。

ありがたい事ですが・・・。

 

 

超高齢者の世界

 

嫁さんの実家は、分譲タイプの介護付きマンションです。

各フロアには分譲タイプの2LDK程の間取りの部屋。

そして共用フロアには娯楽施設や大浴場などが設置されている老人向けのマンション。

 

 

介護付き高齢者向けマンションの暮らし

 

このマンション、仕事をリタイアした者が集まる超高齢者の住人が多い物件です。

その為なのか、義母さんから聞く話の多くが、そのマンションの住人が亡くなられたという類の話。

スタッフがフロントに常駐していますが、こちらも年齢層は高めで若い人の姿は見かけません。

 

部屋自体は、バリアフリーで足腰の悪い高齢者にも優しい設計。

玄関入口の扉も大きめで、車椅子での利用も考えられています。

エレベーターも大きめのサイズで、椅子が置いてありました。

 

マンション内に食堂があり、予約をすれば食事を食べる事も出来ます。

自分で作るのが大変な方なら、栄養のバランスを考えて作られた食堂の料理がオススメです。

義母も時々利用しているみたいでした。

 

各部屋にはスピーカーが設置されていて、館内アナウンスが流れるようになっています。

自然食品の販売や体操の案内などが放送で流れるようです。

 

 

郊外の穏やかな環境

 

札幌の中心部から離れた郊外にあるので、周辺環境は良好です。

自然豊かな場所ですが、大型の商業施設や医療機関が揃っています。

自分自身、超高齢になったら住みたいと思うかもしれません。

 

すぐ近くに色んなお店が揃っていても、超高齢者には歩くのが辛い日だってあるんです。

そんな時は、マンションのスタッフにお願いしてお金で解決です。

料金を支払えば、希望の品を買い物してくれるシステムが作動します。

 

同じように医療機関までの送迎をお願いする事も可能です。

外部からの来客は記帳さえすれば、来客用の駐車場も利用できるので不便はありません。

周辺には住居物件そのものが少ないので、穏やかで静かな暮らしが出来ます。

 

ただ、近所の飲食店に入ってみましたが、若い人の姿を見かけませんでした。

絶滅していない事を祈ります。

 

 

恐怖のご馳走連鎖

 

義父が亡くなって数年、義母さんは1人で暮らしています。

食べる物も1人なので気楽なものです。

ですが、我々が来客という形で訪問するとなると、「おもてなし」が始まるのです。

 

 

なぜか裂きイカが出てくる・・・

 

あだじょぱ君は、裂きイカ。

義母さんに毎回言われるフレーズなんです。

ですが、個人的に裂きイカが大好物だとか、そんな事は全く無いので、理解に苦しんでいます。

 

子供たちを連れて行くと六花亭や柳月などのお菓子が振る舞われます。

 

関連記事

 

そしてなぜか、裂きイカ・・・。

いや、子供と一緒に六花亭が食べたいんや・・・。

.・゚・(ノд`)゚・.

 

 

次から次へと出てくる食べ物

 

四次元ポケットでもあるのかい?

そう言いたくなるくらいに食べ物が次々に登場してきます。

お菓子から、惣菜、果物に至るまで種類は様々。

そこへ更に飲み物まで登場するんですから、お腹も限界に達してきます。

 

若いんだから、もっと食べて。

そんな悪魔の囁きとも言える言葉が聞こえてくるのですが、実際、若くねーし・・・。

何故か断っても断っても出てくるんです。

もう青い顔になって嫁に助けを求めるしかありません。

 

そんな時の嫁は、ズルい顔でニヤニヤしながらこっちを見ています。

頼むから、た・す・け・て。

(((゚ー゚;)))

 

 

まとめ

 

食べきれなかった食品は、自動的に持ち帰りとなるシステムみたいです。

帰りの運転は、毎回お腹を気にしての運転になります。

義母さんの場合、外食に行っても勝手にオーダーが増やされるので、更に危険度が増します。

 

ワンピースのルフィじゃ無いんだから、そんなに食えませんよ。

そして、食べ物以外の物をお土産として頂く機会も多いのですが、明らかにサイズが大きすぎるジャケットとか靴とか自転車とか・・。

廃棄処理させられている感じが・・・・。

ま、まぁ良いんですけどね・・・・。

(;゚∀゚)

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。