札幌移住で考える自転車利用に関するアレコレ


スポンサーリンク


スポンサーリンク



札幌で発生した自転車でのひき逃げ事件が話題になっていました。

こんにちは。あだじょぱです。

先日、小学生の児童がコンビニから勢いよく飛び出して、歩道を走行中の自転車と衝突し、足を骨折する事故が札幌の中心部で発生しました。

札幌の中心部、中島公園のある周辺で、よく通る事もある地域です。

そんな場所で起きた事故でした。

今回のケースは、自転車側が衝突後にそのまま立ち去った事で問題が大きくなりました。

雪が無くなると自転車の利用者も急増します。

レンタサイクルなどもありますし、歩行者も自転車に乗る人も、この時期は注意が必要だと思います。

 

 

札幌の自転車利用で感じる事

 

大阪出身なので、どうしても大阪と比べてしまうのですが、大阪の方が自転車の利用者は多い感じです。

大阪のおばちゃんが自転車に傘を立てて走る姿をよく見かけました。

結構、その傘が邪魔になってたりするんですよね。

(;゚∀゚)

 

大きな声で歌を歌いながら自転車を漕ぐオジサンも見かけます。

人口も多いので、朝晩の通勤通学のラッシュ時間帯は最寄りの駅へ向かう自転車勢も多くなります。

 

 

道幅が広くスピードを出しやすい問題

 

ですが、大阪の住宅街は歩道も殆どありません。

住宅の出入口(玄関)を出たらすぐ車道なんて場所も少なくないのです。

そんな所では、自転車もスピードを出して走行するなんて無謀。

どちらかと言えば、チンタラ漕いでいる人が多いイメージが強いです。

 

札幌は、道路が広く歩道も大阪とは比べ物にならない幅があります。

その為、自転車を利用する人たちのスピードも速い印象。

信号機ある交差点の間隔も大阪より長いところが殆どなので、速度を落とす必要が少ない感じです。

 

道が狭く住宅の出入口が近い大阪では、常に人の飛び出しや交差点での出会い頭の事故に注意しながら走りますが、札幌では意識が薄くなりがちです。

突然、飛び出す児童にも非があるかもしれませんが、そんな環境で育つと意識が薄くなるのも仕方ない事なのかもしれません。

どちらにせよ自転車側の速度次第で衝突時の被害の大きさが変わります。

車輌を運転する場合、いかなる時も注意を怠ってはならないのです。

 

 

車を運転する側から見た自転車

 

それともう1つ。

北海道の冬は積雪が酷く、自転車で走れるような環境ではありません。

そして、その期間が結構長く続きます。

 

すると冬道の運転では二輪車を見かける事が無いので、二輪車に対する注意力が薄れやすくなります。

春先に雪が消えると二輪車を利用する人が出てきますが、車側が気がつかないで接触事故なんて事も。

特に本州から観光で訪れるライダーさんは気をつけた方が良いですよ。

全然、ミラーで確認してないんじゃ無いかと思うくらいの車が結構いますから。

 

大阪だと原付も結構走っているので、常に二輪車を意識する運転でした。

それが、北海道では二輪車の姿を見かける事自体が少なくなり、ハッとする事もありました。

実際に車線変更時の事故も見かけた事がありますが、車側の不注意でした。

 

 

保管の問題

 

1度目の移住では10年ほど生活していたので、大阪から持ってきた自転車を利用していました。

もちろん冬場は乗れないので保管する事になります。

屋根のある個室で保管できない場合、雪に埋まってしまい、翌シーズンは整備しないと乗れなくなります。

個人的には、その所為で数台の自転車を廃棄処分にしてしまいました・・。

 

自転車も原付も所有していた時期がありますが、保管場所が無いと厳しいと感じます。

特に原付はバッテリーを外す必要もあり、バッテリーが非搭載のタイプを所有していましたが、保管が甘かった為にボロボロに劣化しました。

今現在は、屋根付きの駐輪スペースを確保できているので、1代の自転車を保有しています。

しかし、乗る機会は殆どゼロです。

 

メインの移動手段は車ですし、徒歩で行ける圏内にコンビニも最寄りの駅もあるので所有しているけど使う機会に恵まれない感じです。

やはり、住まいを考える時に冬のことを考慮して決めるので、駅やコンビニが近い場所を選ぶんです。

そうなると、結局自転車を使うような機会が無くなるという・・。

 

バイクなどの二輪車であれば、有料の保管場所を借りる人も結構います。

北海道の夏場にバイクに乗って旅するのは最高に気持ち良いらしいですからね。

そんな人たちも結婚して子供ができると、バイクを売却して車一本にするケースが多いです。

やはり保管するばかりで乗らなくなると、保管費用が無駄になっちゃいますから仕方無いですよね。

 

 

まとめ

 

札幌を含め北海道は二輪車に慣れていない環境だと思います。

本来は、当然ですが、自転車に乗る側も歩行者側も車のドライバーも全ての人が注意しなければなりません。

歩道や車道が広く、交差点の間隔が長いので、逆に注意をしなければならないところ。

自転車自体は、大阪に比べると少ないように感じるんですけどねぇ。

 

その割にスピードを出す自転車は多い感じがします。

自分自身、歩道を歩いている時に凄いスピードで歩道を走る自転車に遭遇した事もあるくらい。

もう少し、自転車の無茶な走行が減れば良い街なんだけどなぁ。

念のため、自転車整備しておくか・・・。

サーセンwww


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。