移住後1年以上放置していた自転車に乗ってみた


スポンサーリンク


スポンサーリンク



大阪からの引越しで捨てなかった自転車。

こんにちは。あだじょぱです。

大阪での生活では、頻繁に利用する移動手段として自転車が便利でした。

原付のような二輪車よりも手軽ですし、車を出すほどでも無い微妙な距離で役に立ちます。

通勤でも頻繁に利用していたくらいです。

 

実は、引越しの少し前に購入したばかりの自転車が1台。

まだ新しいのに処分するのも勿体無いと考え、移住時に運び込みました。

ですが、札幌では車移動ばかりで、乗る事もなく放置していました。

 

そして最近、移住から1年以上が経過し、自転車を持っている事を思い出したのです。

 

 

大阪で買った自転車を復活させる

 

自転車は、引越しの荷物が到着した日にマンションの駐輪場に置いたっきり。

その後は1度もその姿を確認してもいませんでした。

駐輪場は駐車場からすぐですが、移住した直後は駐車場に空きが無かった為、他の場所に駐車場を借りていたので、このマンションの駐車場へ移動してもすっかり忘れていました。

 

 

無残な姿になっていたクロスバイク

 

あだじょぱ
乗れるかな・・

 

所有している自転車は、クロスバイクと呼ばれるタイプのもの。

本格的な有名ブランドのクロスバイクじゃ無いので、なんちゃってくさい感じです。

それなのに5万くらいしたような・・・

(;゚∀゚)

 

雪が消えて春が少し近づく札幌のある日。

駐輪場の片隅に置いておいた筈の自転車を確認しようと駐車場へ向かいました。

予想していた通り、自転車は埃をかぶり錆も出ていました。

それでも思っていたより状態は良さげ。

 

色々確認してみたところ、まず気になったのがタイヤの空気圧。

殆ど空気が抜けていたので、空気を入れなければ乗る事は出来ないと判断。

しかし、所有していた筈の小型の携帯型空気入れが行方不明。

仕方なくホームセンターまで車に乗って空気入れを購入してきました。

 

 

仏式バルブのタイヤだった

 

このクロスバイクとかってのが結構面倒な自転車です。

タイヤの空気を注入するバルブと呼ばれる部分ですが、いくつか種類があるんです。

一般的なママチャリと呼ばれる自転車のバルブは英式のタイプが殆ど。

しかし、このクロスバイクのバルブは仏式でした。

 

あだじょぱ
面倒だな・・・

 

よく売られている安い空気入れだと合わない仕様です。

しかも空気が抜けやすく空気圧を常に意識してコントロールする必要があるらしい。

乗らなくても1週間くらい経つと結構空気が抜けています。

Σ( ̄◇ ̄ノ)ノ

 

自転車を確認すると、仏式から英式にバルブを変更するアダプターが1個だけ付属していました。

このアダプターを使えば普通の空気入れで空気を入れる事は可能みたいです。

ですが、空気圧を確認できるゲージが付いていないと、規定量の空気を入れるのは難しいので、ゲージ付きの空気入れを購入すべきだと思います。

アダプターを前輪と後輪で交互に使い回して空気を入れました。

 

 

チェーンもはずれとるやんけー!

 

軽くフレームの汚れを雑巾で拭きあげ、全体的に綺麗になったところで再度確認したところ、自転車のチェーンが後輪側で、ギアスプロケットから外れて、フレームに挟まっている状態である事が判明。

 

あだじょぱ
マジかよぉ

 

このクロスバイクは7段の変速機が付いたタイプ。

1番小さな外側のギアにハマっていた筈のチェーンが外れて、外側のフレームにガッチリ挟まっていました。

変速機付きのタイプはディレイラーなる部品の影響で、チェーンが緩むような状況は殆ど考えられません。

自動で良い具合に調整されるので、チェーンさえ元に戻せれば問題なく乗れそうです。

 

というワケで工具を使って必死にチェーンをフレームから引っ張り出しました。

 

ギアもかなり錆びついていたので、錆を落とす掃除を実施。

チェーンにグリスアップで快適さが復活したように思います。

 

 

試運転と展望台

 

ここまで整備したら、試しに乗ってみたくなりますよね。

取り敢えず暖かくなった日にカメラを持って出かけてきました。

 

 

目指すは旭山記念公園

 

まずは試し乗りで大通公園を目指しました。

交通量の多い道路や、人通りの多い道は走りづらいので、なるべく交通量の少なそうな道へ。

そして、大通公園まで行ってみたのですが、ベンチの設置など春への準備工事で綺麗じゃ無い。

 

そこで今度は目的地を変更し、市内西側にある旭山記念公園へ向かうことに。

旭山記念公園は、少し山側の高くなった場所にあり札幌の街を一望できる公園です。

数年前にリニューアルしたらしいのですが、リニューアルしてから行った事も無かったので、1度確認だけでもしておこうと思い目的地に決定。

自転車で行った事も無いので、初の試み。

 

 

待っていたのは失敗の罰ゲーム

 

旭山記念公園ですが、市内中心部から向かう場合、自転車はオススメしません。

変速機付きのクロスバイクで向かいましたが、途中で自転車を降りました。

あまりの急な坂で自転車を漕ぎ続ける事ができなかったのです。

 

この自転車で出かける数時間前。

 

嫁さん
旭山記念公園にでも行ってきたら?

 

嫁さんは道産子、きっと自転車で行くには良いところなんだろう。

そう思った時期もありました。

(  ̄^ ̄) トオイメ…

 

 

途中から自転車を押しながら坂道を登りました。

ジャケットを脱いで半袖シャツ1枚になるくらい暑かった。

車ですら、エンジンが唸るような坂。

次は無いわ・・。

 

 

駐車場の隅にあった駐輪スペース。

他のバイクや自転車はありません。

なんと貸切状態。

 

 

見晴らしが良かったので、まぁヨシとしよう。

 

 

まとめ

 

自転車は乗らないとガタガタになりますね。

北海道だとどうしても雪のある期間は乗れないので、乗る前に整備が必要になりそうです。

そこまでして今後乗り続けるのかどうかも全く不明ですが、取り敢えず乗れるようになりました。

嫁さん用の仮称ホワイトアロー号(ママチャリ)も整備済み。

 

嫁さん
面倒だから乗らない

 

と言われました・・・。

最後に旭山記念公園へ行くならバイクか自動車がオススメです。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。