【DIY】網戸の網をセルフで張り替え【快適生活】


スポンサーリンク


スポンサーリンク



北海道にも網戸が活躍する季節の到来。

こんにちは。あだじょぱです。

冬の間は、殆ど使うことのない網戸。

そして、気にもしなかった状態。

良く見ると、かなりの劣化で網としての機能も半減している感じでした。

(;゚∀゚)

 

自宅は中古で購入したマンション物件で、気になった水回りなどはリフォーム済み。

和室を全て洋室に変更したりと結構手を加えたつもりが見落としていたんですね。

この網戸・・。

 

気になり始めると、これからの季節を過ごすのが心配になりました。

身体のあちこちを虫に刺されるのは御免です!

時間もあるし、自分で出来そうな感じだったので、網の交換にチャレンジする事にしました。

 

 

網戸の張り替え作業

 

簡単に網戸と言っても形状や大きさなどに微妙な違いがあるようです。

事前に確認して網のサイズなど、購入時に間違いの無いようにするのが重要です。

 

 

準備したもの

 

 

近所のホームセンターで売っている物で全て揃えました。

我が家の網戸は古すぎて、形状や取り付け具合を確認したところ、ちょっと厄介な感じでしたが、網の交換に必要な材料については、市販のタイプでも大丈夫みたいでした。

ホームセンターで購入してきた物です。

 

網戸の網交換に必要な材料
  • 網戸用の網
  • 網固定用のゴム
  • ゴム押さえローラー
  • カッター
  • 隙間を埋めるテープ

 

網戸の網は、素材やサイズによって様々な種類があります。

安価なタイプから高額で高性能なタイプまで色んな網があるのでお好みで。

サイズが合わないと交換出来ないので、サイズは慎重に選ぶ必要があります。

 

 

 

網戸の網は背面(室外側)でゴムによって押さえつけるようにして張られています。

ゴムは劣化しているので、網交換時に一緒に交換するのがオススメ。

ゴムには太さの種類があるので、事前に既存のゴムを外して寸法を確認しておくのが良いと思います。

 

 

 

網戸に網を固定する際にゴムを網と一緒に溝に押し込むのですが、このゴムの押し込みに便利な専用のアイテムが存在します。

ゴムを押し込むローラー。

高価なプロ用というのも売られていましたが、安価なタイプを購入。

 

 

 

網を固定した後にはみ出した部分の網をカットする必要があるので、カッターも必須です。

専用のカッターも売られていましたが、ゴムを押し込むローラーに小型のカッターが付属していたので、それを使いました。

初心者が綺麗に仕上げたいのなら、道具に頼って専用のカッターを購入する方が良いと思います。

 

 

 

網戸と普通の窓の間に隙間があると、そこから小さな虫が入ります。

それを防ぐ為にゴムがついていたみたいですが、劣化して千切れていました。

今回はゴムを使わずにテープで貼り付けるタイプの物で代用。

 

 

 

網戸の張替え作業

 

実際の作業は簡単です。

まずは、網戸を取り外します。

我が家の網戸は上部がローラーでは無いガイドになったタイプでした。

ガイドを固定しているネジごと外して網戸を取り外し。

 

次に古い既存の網を取り外す作業です。

網戸の周囲を囲むようにゴムが溝にはめ込まれています。

そのゴムには、途切れた部分が有る筈ですので、その途切れた部分をマイナスドライバーなどで取り外し、後は手で引っ張れば全体的にゴムが取り外せます。

ゴムが外れた事によって、網を固定する物が無くなります。

網は、角の引っ掛かりにさえ気をつければ、簡単に取り外せます。

 

古い網を取り外したら、必要に応じて溝などを掃除。

我が家の網戸は、かなり古いタイプのようで粉を吹いていました・・。

Σ( ̄□ ̄;)

 

新しい網への交換ですが、今回はリバーシブルタイプの網を購入したので、裏と表がありました。

間違えないように網をセットして、専用のローラーを使ってゴムを押し込みます。

 

この時に網の引っ張り具合や、押し込む部分に余裕を持たせるなどしながら、綺麗に張るよう努力しました。

 

我が家の網戸は、1つにつき2枚の網を張るようになっていました。

1つの網戸に上下の網です。

 

 

小動物ルームの網戸ですが、上だけを交換してみると、下との違いに驚きました。

上側には網が張っていないようにも見えますが、実際は新品の網を張った後です。

上の網戸は室内側から見ればクリアですが、反対(室外側)から見ると見えづらいタイプ。

下の網は古い既存のタイプです。

 

網を全て張り替えたら網戸をセットして完了です。

 

 

網戸を改修する作業

 

我が家の網戸についている上部のガイド部品。

プラスチック製の為、経年劣化でひび割れが酷い。

そこで、部品を探してみましたが、同じ部品が見つかりませんでした。

 

仕方が無いので、何か代用できる物は無いかとホームセンターへ。

そこで見つけたのが、金属のガイド部品。

取り敢えず購入して帰宅したものの、穴の位置が違うという痛恨のミス。

Σ( ̄◇ ̄ノ)ノ

 

嫁さん
アンタ!やってくれたな!!

 

あだじょぱ
い、いや、なんとかします!(;゚∀゚)

 

こうなったら力技でねじ伏せるしかありませんよ。

腐っても賃貸物件のオーナーですからね。

 

 

 

管理物件の修繕で使用しているドリルを駆使して穴を開け直し、ピアスビスでトドメです。

ハイ完成。

 

 

まとめ

 

網戸の網を交換する作業は材料と道具さえあれば意外と簡単でした。

ホームセンターで売られている網戸用の網の種類も豊富なので、違うタイプの網に変更したいという理由での張替えもアリだと思います。

少し張りを気にしながらゴムを押さえ込んで固定していく流れだけで、簡単に張替えが可能です。

 

我が家の場合は、網戸そのものが古いタイプで脱着に時間がかかりました。

一般的な住居であれば、そこまで苦労しないんじゃ無いかなと思います。

 

数千円の材料で、手軽に交換が可能なので、セルフもオススメ。

網戸を取り外した後の窓枠なども掃除すれば、扉の滑りも良くなって使い易くなります。

そしてなにより綺麗になった網戸は快適です。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。