お気に入りの豊平川河川敷と札幌芸術の森のリサ・ラーソン展


スポンサーリンク


スポンサーリンク



札幌の中心部を貫流する豊平川周辺が綺麗になってきました。

こんにちは。あだじょぱです。

札幌で暮らす人にとっては馴染みのある豊平川。

北へ向かえば、石狩川と合流し、日本海に流れ込みます。

札幌の中心部は豊平川が形成する扇状地にあり、アイヌ人が「乾いた大きな川」という意味でサッ・ポロと呼んだと言われています。

南側の定山渓付近には紅葉のシーズンに人気のスポット豊平峡ダムもあります。

 

関連記事

 

その豊平川には河川敷が広がっていて、冬は雪捨て場、雪がなくなれば簡易野球場や遊具、それにサイクリングロードなどが出現して、爽やかな雰囲気になります。

 

 

豊平川河川敷を行く

 

 

札幌市中央区の中島公園付近から南区の真駒内辺りまでは、車でもよく走るエリア。

豊平川の両サイドが車道になっていて北向きと南向きに分かれて伸びています。

 

 

花火大会も行われる名所

 

近年は開催場所を分けて行われるようになった札幌の夏の風物詩である花火大会。

少し前までは、3週続けて週末に豊平川で開催されていました。

中島公園に露店が並ぶ札幌まつりと合わせて賑わうイベントでした。

 

花火の時期になると、浴衣のカップルとか夏らしい光景が広がっていました。

豊平川の河川敷を人で埋め尽くす感じ。

リバーサイドにはマンションも多く、場所によってはベランダからでも花火が見られます。

 

中島公園から幌平橋周辺も花火大会の時は警備が厳重となり、騒がしくなります。

この周辺の地下鉄駅を利用する人にとっては、少し迷惑で辛い時期ですね。

 

 

レスキュー隊もよく見る幌平橋

 

 

南北に伸びる豊平川には、東西に架かる橋が幾つか存在します。

中でも幌平橋とミュンヘン大橋は外観も目立つ造りです。

そんな幌平橋の周辺は、意外と水難事故が多いみたいでレスキュー隊を見かけます。

 

大雨や雪解けの後なんかは豊平川の流れも勢いが増して危険度も上昇します。

普段、豊平川の河川敷を自転車で走っていても、足を濡らして水遊びをする人の姿を見かけます。

流されて救助されたという話もあるくらいなので、ちょっと危険ですね。

 

夜の遅い時間でも豊平川沿いの道路を沢山の消防車が走る事があります。

幌平橋周辺に停まっている事もあるみたいなので、幌平橋周辺は水難事故が多そうな印象。

流れる川には近づかない方が良さげです。

 

 

市営地下鉄は全路線が川底を横断している

 

札幌には3路線の市営地下鉄があります。

 

  • 南北線
  • 東西線
  • 東豊線

 

この3路線全てが、豊平川を横断して市内を走っています。

川の水が漏れてこないのかと考えた事もありますが、大丈夫なんでしょうね。

南北線に関しては、豊平川は地下で通過しているのに途中から地上へ出てますからね。

地上に出ても筒状に包まれた高架で、雪の影響を受けないようになっているのが不思議な感じです。

 

 

当然ながら虫は多いよね

 

水辺には虫が多い。

夏になると蚊も出てきますし、何やら得体の知れない虫もウジャウジャ湧いてきます。

虫が苦手な人には辛いエリアでもあります。

 

川とか湖とかは蚊が多いのが嫌ですよね。

同じく豊平川も蚊が多く、花火大会で長時間河川敷にいると蚊に刺され易くなります。

木々は少ないので、大きな虫は見かけませんが蚊が厄介です。

 

 

なんか吹いてるよね

 

河川敷を歩いていると、夕方くらいから管楽器の音が聴こえる時があります。

そんなに大きな音では無いですが、どうやら練習中の様子。

上手くはありませんが、頑張って!って思いますよね。

 

川沿いを歩くとわかりますが、意外と広いし距離が長い。

その間にテニスコート風のコンクリート舗装部分や遊具の設置場所、小さな野球場などがあります。

そこを走る自転車に走る人の姿。

そして、何かを吹く演奏の音。

 

 

豊平川は雰囲気が好き

 

大阪では淀川や大和川の河川敷へ行った事があります。

淀川では陸上のトラックや小さな野球場が同じようにありましたが、雰囲気は豊平川の方が好きです。

規模では淀川や大和川の方が大きいのですが、雰囲気の良さは豊平川。

 

冬の間は雪が積もり、更に雪捨て場として利用されるので立ち入る事ができないので、その分、雪がなくなると豊平川河川敷へ行きたくなる効果があるのかも知れません。

軽くジョギングをしたり、サイクリングをしたりするには良い場所です。

ただ、周辺にコンビニなどが少なくて不便なのは仕方ないですね。

橋から橋までの間がマンションばかりなのでショップは殆どありません。

ちょっと残念

 

 

芸術の森美術館へ

 

 

自家用車ですが、豊平川沿いを走って真駒内を抜けて行った先に札幌芸術の森があります。

芸術の森には普通の屋内美術館だけでなく、野外展示場もあって天気が良ければ楽しめます。

 

関連記事

 

今回は、屋内の美術館の方で催されているリサ・ラーソン展に行ってきました。

期間限定で開催中のイベントで、リサ・ラーソンの作品が展示されています。

よく知らないけど嫁さんが行くというので運転手として同行してきました。

最終的に気に入った物を購入してしまったんですけどね。

(;゚∀゚)

 

百獣の王!

 

つ、強そうでしょ???

 

リサ・ラーソン展の詳細は、嫁がブログに書いています。

 

関連記事

 

 

 

 

まとめ

 

時間がある時に、フラフラとただ豊平川河川敷を歩いているだけっていう贅沢が好きです。

目的も無くただ歩き続けて、疲れたら川を眺めて休憩するという謎の行動。

自転車で風を切って走るのも良いですね。

街では自転車も走りづらいので、河川敷を走るのは気持ち良いですよ。

豊平川最高!

 

そして、嫁に言われて行ったリサ・ラーソン展。

これが、結構良かったです。

作品の数々が展示されていますが、館内は一部を除き撮影禁止でした。

最後にグッズが販売されていて、どれも欲しくなるくらい良い物ばかり。

久しぶりに夫婦でデートをしたような感じでしたw

買った物を見た娘にお父さん女子力高いと言われましたけどね。

Σ(ノ; ̄□ ̄)ノ


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。