簡単に引き受けたアルバイトが辛かった ~とある日の1日~ 


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

先日、札幌の知人の依頼で1日だけ仕事のお手伝いをしてきました。

こんにちは。あだじょぱです。

札幌は、ここ数日の最高気温が氷点下で大雪が再び降っているような状態です。

そんな厳しい自然環境の中、突然の依頼が舞い込んできました。

知人から電話があり、急遽仕事のサポートをして欲しいとの依頼でした。

断る理由も無かったので、承諾したまでは良かったんですが・・

 

 

現地到着まで

 

仕事の内容は詳しく書けませんが、知人と待ち合わせをし、そこで仕事用の先方の車で高速道路を走り、千歳方面の仕事場へ向かう事になっていました。

 

 

久しぶりの早起き

 

サラリーマン時代は、誰よりも早く(実際には2番目くらい)に出勤して、仕事の準備をしていたので、朝は六時くらいに起床し、7時30分くらいには出勤していました。

しかし、移住をしてからというもの起床時間は、8時前後と夜更かしが多くなった所為か、朝が苦手になりつつあります。

そんな状況にも関わらず待ち合わせの時間が、7時30分で引き受けてしまった仕事。

待ち合わせ場所までは、自分の車を停めている駐車場から約40分。

そして、その駐車場が自宅マンションから少し離れた場所にあるので約1時間前には、家を出なければならない筈。

そうなると6時30分に自宅をでなければ間に合わない計算です。

起床時間は5時30分に設定しました。

 

ところが、その前夜が大雪。

そうなると車を出すまでに除雪で時間がかかるので、結局6時に家を出る事にして起床時刻を5時くらいにしました。

 

 

予想通りの除雪作業

 

朝の6時に家を出ましたが、外はまだ暗いですね。

それでも幹線道路は、結構車が走っていました。

そんな暗くて雪の降り続く道を歩くので、この日はスーツに長靴というスタイルで出発。

 

駐車場へ行く途中で、エンジンスターターを始動しておきました。

北海道では必須アイテムと言っても過言では無いと思います。

それでも駐車場に到着してみると、予想通りに積もっていました。

早い時間でしたが、駐車場では既に除雪作業に入っている方もいらっしゃいました。

軽く挨拶を交わして自分の車を雪の中から救出します。

6時に家を出て6時40分くらいに除雪が完了。これで何とか待ち合わせには間に合いそうです。

 

 

待ち合わせ場所へ

 

北海道の今時期のこの時刻は、冷える上に暗く道路状況も最悪のツルツル路面。

早めのブレーキを心がけて走らないと、滑ってしまう危険があります。

普段より時間が掛りそうな道を少しゆっくり走って進みました。

大雪だった為、交差点に出来た雪の壁で見通しが悪くなっていました。

さすがに時間が早かったので、歩行者は殆ど居なかったのが救いでした。

ただ、夜に降った大雪を除雪・排雪する為の除雪車やダンプが1車線を塞ぐ形になっていました。

除雪も順番で行っているので、少し脇道に入ると埋まりそうなくらいの道路状況。

ツルツル路面の上に雪が積もっているので、埋まってタイヤが空転してしまう可能性も考えられます。

自分の車はSUVの四駆で、埋まった事は今のところありませんが、慎重に運転しました。

なるべく広い道路を選んで進み予定時刻には無事到着出来ました。

 

 

アルバイト

 

待ち合わせ場所で知人と合流し、社用車へ。

そこから、高速道路をはしり千歳方面へと向かいました。

 

 

とある施設

 

仕事の現場となるのが、国を防衛している某施設の内部。

と言っても主要部署というワケでは無いのですが、セキュリティーは厳しいところ。

事前に連絡を入れて予定を組んでいるので、問題無く通過。

以前の職場で全道の機関を訪問していましたが、もう数年携わっていなかったのですが、実際に訪問するとお会いした事のある方が数名いらっしゃいました。

さすが官庁です。建物の中でも結構寒い・・・。

自宅で 引きこもっている分には室内の温度は26℃くらいになっているんですが、現場は建物に入ってもかなり寒い印象を受けました。

でも、これも想定内。

持参したユニクロのウルトラダウンベストをスーツの中に着込みます。

そして、実際の仕事を開始したのが9時くらいでした。

 

 

昼食

 

依頼を受けた際は、16時~17時くらいまで掛りそうな話でしたが、午前中で8割くらいの仕事が完了していました。

このまま上手く進めば14時くらいには、完了出来そうです。

仕事が順調に進んでいたので、12時に予定通り昼食となりました。

施設から出て食べるとなると、セキュリティー上の手続きが面倒なので昼食は施設内部にある一般の人でも利用可能なレストラン(食堂)で済ませる事にしました。

こういった施設内のレストランも入札なのかな?

年間の入札であれば、この時の味が次回も味わえるとは限らないですね。

今回は、普通にカレーライスを食べましたが。なんだか値段の割に量が多かった気がする。

なかなか普通に暮らしていては、体験出来ない事かもしれませんね。

 

 

帰宅まで

 

午後からの仕事も予定通りに進み14時には施設を出ました。

自分の車を停めている待ち合わせしていた場所へ戻ったのが15時頃でした。

 

 

相談を受ける

 

待ち合わせ場所の近くで、少し話をする事になりコーヒーをご馳走になりました。

相談の大半は、仕事に関する事でしたが、僕自身がコンサルタントでは無いので、あまり役立つようなアドバイスが出来るような内容ではありませんでした。

そして、その後雑談などで時間が過ぎていきました。

結局、気がついたら20時過ぎてました・・・。

 

すると、外気温が一気に下がっていて自分の車に乗り込んで確認したところ-10℃でした。

車のフロントガラスが凍り付いていたので溶かすのに一苦労し、再び降り始めた雪の中を自宅へ向かって走り出しました。

 

 

帰宅ラッシュ?

時間的には帰宅ラッシュよりは遅い時間の筈でしたが、道路状況が悪く渋滞した為に、この時間でもまだ渋滞が続いていました。

北海道の冬は厳しいですね。

この日は、朝から徐々に気温が下がっていくという1日だった為に、朝よりもかなり冷え込んできてました。

車だったから、自宅までは暖かい状態で帰れましたが駐車場から自宅まで歩くのは、耳が痛くなるくらいの寒さでしたね。

暫く働くという行為をしていなかったので、商売上のお客さんとの会話だけでも疲労感が凄いです。もう帰宅したらクタクタでした・・・。

 

 

最後に

 

ごく普通にアルバイト感覚で引き受けた仕事ですが、大阪で働くのとは全然違います。

今回、もちろんそれなりの報酬は頂きましたが、稼ぐって事は大変ですよね。

北海道も色んな仕事がありますが、この時期は外で行うような仕事は辛そう。建物に居ても寒かったんですから。

そんなワケで、北海道へ移住してアルバイトをしてみましたが、今回の仕事は全国どこでも体験できるような内容では無く、ましてや普段は入る事さえ難しいようなところでの仕事という事で良い経験になったと思います。(過去には何度も経験済みですが)

その土地でしか味わえない様な仕事も良いな。と感じる1日でした。(寒かったけど)


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。