さらばブラック企業 地方移住と不労所得で生活するという方法 


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

朝早くから満員電車に揺られ、日々繰り返しの激務に遅くまで残って残務処理。

こんにちは。あだじょぱです。

不当労働行為が問題になっている昨今ですが、そんな過酷な毎日を過ごすサラリーマンの方もいらっしゃるのでは無いでしょうか?

完全に満足出来る職場環境で働いている人の方が少ないと思います。

そんな中で、注目されているのが不労所得

実際、僕自身は脱サラし不労所得と呼ばれる収入のみで家族と暮らしています。

所謂、セミリタイアというやつです。

不労所得と聞くと、ハードルが高いと感じるかもしれませんが、最近では不労所得を得ている方も増えてきています。

何もしなければ、得るものはありませんが行動する事で、暮らせる程では無いにしても、不労所得を得る事は可能です。

 

今回は、不労所得について経験を交えて書いてみようと思います。

 

 

働き方を変える

 

まず、不労所得とは具体的にどんなものなのか?

書いてあるまま、働かずに得る収入のことです。

サラリーマンに疲れ、簡単に稼ぎたいと思うのであれば、不労所得は良い方法だと思います。

現在の日本経済の状況では、今まで当たり前のように言われてきた企業に勤務という働き方より、不労所得を持っている方が安心出来るような気がします。

 

 

日本経済と個人収入

 

高度経済成長期の日本は、新しいものを作れば売れていくような時代でした。

その頃であれば、サラリーマンとして良い企業に勤め、定年退職するのが理想の暮らしであったと思います。

バブル崩壊と共に、その神話は崩れ去り、やってきた高齢化社会。

少ない労働力で高齢化した社会を背負わなければならない時代に、若い世代への負担は大きくなっているにも関わらず、高齢者への優遇を優先し、将来を担う若者への対応は遅れていますよね。

少子化は進み高齢者が増加する世の中では、働けば働くほど稼げるという構図は成立しなくなってきています。

雇用側である企業も生産性が落ち、その分の負担が社員へ重くのしかかっている現状。

これでは、夢も希望もありませんね。将来が不安です。

 

 

ブラック企業

 

このブログを訪れて下さった方の中にも、企業にお勤めの方がいらっしゃると思います。

失礼ですが、その会社は果たして良い会社でしょうか?

直属の上司であったり、その上のポストを任される方が将来のアナタに近い筈。

魅力的な地位や仕事内容でしょうか?

 

負担が多いのに得られる対価は割に合わない、あんな風になりたくないと思うようであれば、やはり将来が不安です。

最近では、高齢化による労働力の低下からプレイングマネージャーも増えています。

従来のプレイヤーとマネージャーに比べ負担が大きいのに、得られる給料は変わらないという企業が多いのが現状。

そんな経済状況で働きながら転職を考えている方の中には、次も同じような企業だとどうしよう? なんて悩みの方も多いのでは無いでしょうか?

 

そこで、魅力的なのが企業に縛られない不労所得です。

 

 

不労所得の魅力

 

不労所得には、働かなくても収入がある為に、家族との時間や自由な時間が手に入ります。

勿論、サラリーマンとして勤めながらのうちは、逆に時間が必要になる事もありますが、安定してしまえば、それだけで暮らせるようになり時間は自由に使えます。

最初は収入が少なくても、ある程度の節約で暮らせるようになったら、脱サラして副業だった方に集中すれば良いと思います。

時間が自由に使えるようになれば、子供との時間も多くとる事が出来ます。

子供が病気の時は、病院へ連れて行くのも早いです。

 

 

 

不労所得にも種類がある

 

一概に不労所得と言っても働かずに収入を得る方法は沢山あります。

中には、かなりハードルの高いものも存在します。

そこで比較的、簡単に始められるものを選んでみました。

  1. アフィリエイト
  2. ブログ
  3. 不動産

 

年齢や経験は、それほど関係無く誰でも簡単に始められるものがあります。

 

 

 

アフィリエイト

 

インターネットに専用サイトを作成し広告を貼って広告収入を得る方法。

参入障壁は低いアフィリエイトですが、難易度は高いように思います。

初期投資はゼロからでも始められるので、手を出す方は多くいると思います。

しかし、実際に稼げるようになるには、その商品に対する知識やマーケットのリサーチなど、目に見えない努力は必要だと感じます。

参入する人は多くても成功者は少ない。というイメージです。

 

成功するまでは、かなりの努力が必要ですが成功してしまえば、少しずつ修正を加えたりする程度で不労所得として成立しそうなビジネスです。

ですが、考えているより難しく、やる事も多いのは間違いないでしょう。

満足する結果を出せるようになるまでに年単位で時間が掛るのも普通なので、取りあえず、サラリーマンを続けながら、副業として始めるのが賢いやり方だと思います。

最初は僅かな収益しか見込めなくても、何も無いよりは良いですよね。

 

注意点としては、アフィリエイトについてインターネットで調べていると必ず稼げる方法という内容で有料の商材がヒットします。

真偽は定かでは無いので、良い物もあるのかも知れませんが、購入する際は自己責任でご注意を。

簡単にリスク無く、ラクして稼げるものは無いです。

 

 

ブログ

 

ブログは、収益を考えると難易度が高いような気がします。

というのも、アフィリエイトが専門性を持って扱う商材を追求したサイト作成なのに対してブログは記事を量産し、アクセスを稼ぐことで広告収入を得るという形なので、瞬間風速が出る記事では一時的な収益にしかなりません。

日々、記事を書き続けるとなると既に不労では無いような・・・・。

 

このブログのように趣味で書いているブログでも、何も無いよりはと思って広告を貼っていますが、コレが収益を考えて記事を書かなければならないと思うと難しい気がします。

それならアフィリエイトの方がオススメです。

 

注意点としては、ブログに貼る広告でadsence広告が有名ですが、審査があったりポリシー違反があったりすると広告が停止されてしまう事があるので、記事の内容にも注意が必要になります。

 

 

不動産収入

 

個人的に1番オススメなのは、この不動産収入です。

不動産収入と言うと、初期投資が莫大でハードルが高いような気がしますけど、ローンで購入できるような物件も多く存在します。

サラリーマンを続けながら不動産収入を得ている人も結構存在します。

 

収益の面では、単純計算でも、5戸の入居者が家賃5万で25万になります。

極端ですが、何もしなくても25万円(厳密には税金など引かれる分はありますが)が入るという事になります。

 

我が家の場合は、ローン無しで購入できました。

注意点としては、当然の事として修繕費用を確保しておく必要はあります。物件も安くて良いもの(長く収益が見込める)を選ばなければなりません。

入居者が入らないような物件だと収益になりません。

 

 

移住と不労所得

 

サラリーマンを続けながら副業として不労所得を得るうちは、勤務先の土地で暮らす必要がありますが、脱サラを決行するのであれば、不労所得に合わせて移住する事でお得なことも。

 

 

 

発展途上の街

 

東京や大阪、名古屋でも日々工事がありタワーマンションや大型施設は建設されていますが、もう既に都市自体の発展に大きな変化は無いと思います。

土地は高く、家賃が高いのでサラリーマンを辞めて暮らすにしても支出が多くなりがち

一方で、不労所得は場所に拘らなくても良いものが多く、極論で言えば山奥に住んでもインターネットが繋がってさえいえれば出来ます。そんな場所ならコストは抑えられます。

しかし、普段暮らしていく事を考えたら山奥は厳しいですよね。

特に家族が居れば、お子さんの学校や病院の心配があります。

 

そこで、良いと思うのが発展途上の都市です。

僕の場合は札幌に移住しましたが、札幌は再開発が進んでおり北海道新幹線に始まり、札幌駅前の再開発、新札幌周辺の再開発などが進行中なのです。

開発後であれば、周辺の価値が上がってしまうので、様々な価格的影響が出てくると思います。

 

不動産収入であれば、こういった何処の物件を狙うか?というのも大事になってきます。

コストを抑え収入が得られる仕組みを整えれば、不労所得だけでも充分暮らしていけます。

 

 

インターネットビジネスと移住

 

こちらも同じく移住することでコストダウンに繋げるという方法があります。

インターネットビジネスの利点の1つに、何処にいても仕事が出来るという点があります。

それであれば、移住してコストを抑えるのも良いかもしれません。

しかし、やり方によっては東京に事務所を構えて起業したいなど、移住しない方が将来的に良いという場合もあるので、先を考えて行動するのがベストですね。

 

 

すべき事とは

 

これだけ良い事は多いのに、それほど成功している人がいないような気がしませんか?

まず、成功=大金を稼ぐ である事が問題なのかもしれません。

僕の定義では、成功=家族が暮らしていける(無借金で)くらいに考えています。

 

 

インターネットビジネスでは

 

インターネットビジネスだけで暮らせる=成功 とするならば、家族構成や資産にもよりますが、1ヶ月の生活費以上を月々稼げるようになればOKだと思っています。

広告を仮に商品だとすると、物販での商材を何個販売する必要があるのか?

そこを追求していく必要がありますよね。

そう考えると、会社に勤めていないけど会社で営業しているような事をするワケです。

自分自身が経営者になったような感じですね。

 

しかし、1度安定してしまえば、何か変化が起こらない限りは、不労でもなんとかなるのが良いところでもあります。(但し儲ける目標値が高ければ話は別)

決してラクして稼げるワケではありませんが、安定するまで頑張る事が大事です。

 

 

不動産収入では

 

初期投資の時点でローンを組む場合は、返済スケジュールを考える必要があります。

個人で所有する場合、そうなると暫くの期間は、赤字かもしれません。

管理をどうするか(僕は自分でやれるところは自分でやっています)でもコストが変わります。外注に全て丸投げだとラクですが費用は掛かります。

暮らせるライン以上に稼ぎたい場合は、投資額も増やす必要があるでしょう。

その分、リスクが出てくるということも忘れずに。

 

現状、家族が暮らしている生活費の殆どを不動産収入で賄っています。

物件は、駅から近く働ける環境や学校が近い場所。空き部屋はありません。

これ以上、不動産を増やす事は今のところ考えていません。

自宅も中古マンションを無借金で購入しました。

無職が北海道に家を買ったよ

2016.08.22

 

サラリーマン時代のようなストレスとは、おさらばです。

アディオス ストレス!です。

 

 

まとめ

 

現在の労働環境に不満を持っている人は沢山いると思うんです。

転職のススメ!「ガンガンいこうぜ」より「いのちをだいじに」

2017.05.26

会社を辞めたくても辞められない社畜たちを応援

2017.05.26

 

ですが、居酒屋で会社や上司の愚痴を言っただけで終わる人も多い筈。

要は行動力があるか無いかで大きく変わります。

セミリタイアして家族で北海道移住という生き方

2017.02.10

 

若い人ほど行動力があるように思いますが、実際には年齢なんて関係ありません。

何もリスクを背負わずに成功するのは無理だと思ってください。

若い方がリスクは少ないかも知れませんが、だからと言って行動しなければ何も変わる事は無いでしょう。そのまま頑張ってサラリーマンを続けるしかありません。

それだって、一生安泰だと言えるでしょうか?

何事も先行した人が優位になることが多いです。

是非、将来の為(家族のため)に考えてみてください。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。