北海道移住と金融機関の銀行口座


スポンサーリンク


スポンサーリンク



北海道に移住してもメガバンクは利用しています。

こんにちは。あだじょぱです。

初めて転勤で北海道に移住した時は、給与振込などでメインバンクを利用するのが不便だと感じました。

当時はネットバンキングなんて普及もしていなかったので、支店が多いかどうかが決め手。

急遽、仕事で出費が発生した場合、近所の銀行へ立ち寄る事もありました。

北海道と言えば、北海道拓殖銀行、通称拓銀が都銀として有名ですが、1997年に破綻していたので、転勤直後には既に存在が消えていました。

因みに拓銀の破綻は、都市銀行として戦後初の破綻として歴史上有名ですね。

北海道内の企業も負の連鎖を受け、北海道経済が低迷してしまったのは否めません。

その後の転勤ですから、状況は最悪でした。

(  ̄^ ̄) トオイメ…

 

現在では、北海道銀行と北洋銀行が道内に多くの拠点を設けています。

 

 

北海道における利便性の違い

 

大阪や関東で暮らしていた当時は、メガバンクは利便性が高く、使いやすいものでした。

それが、北海道となるとメガバンク自体が札幌の中心部にしか存在せず、当時は不便を感じました。

 

 

メガバンクと北海道の銀行

 

当然ながらメガバンクも北海道に支店があります。

と言っても3大メガバンクのいずれも札幌市中心部のみ出店です。

 

メガバンク
  • 三菱UFJフィナンシャルグループ
  • みずほフィナンシャルグループ
  • 三井住友フィナンシャルグループ

 

北海道拓殖銀行(拓銀)の破綻によって、北海道に本店のある都市銀行は無くなりました。

よって、地方銀行と第二地方銀行が北海道全域をカバーする形です。

 

地方銀行
  • 北海道銀行

 

北海道銀行は、現時点で店舗数が142あります。

 

第二地方銀行
  • 北洋銀行

 

北洋銀行は、道内外で171の店舗数。

 

北海道内の各地域に密着した地場企業との結びつきの強い信用金庫。

その数も多いのが北海道の特徴でもあります。

北海道でも地方であれば、信用金庫が便利な地域も多いです。

 

信用金庫
  • 札幌信用金庫
  • 室蘭信用金庫
  • 空知信用金庫
  • 苫小牧信用金庫
  • 北門信用金庫
  • 伊達信用金庫
  • 北空知信用金庫
  • 日高信用金庫
  • 渡島信用金庫
  • 道南うみ街信用金庫
  • 小樽信用金庫
  • 北海信用金庫
  • 旭川信用金庫
  • 稚内信用金庫
  • 留萌信用金庫
  • 北星信用金庫
  • 帯広信用金庫
  • 釧路信用金庫
  • 大地みらい信用金庫
  • 北見信用金庫
  • 網走信用金庫
  • 遠軽信用金庫

 

信用組合も各エリア毎にある感じです。

 

信用組合
  • 北央信用組合
  • 札幌中央信用組合
  • ウリ信用組合
  • 函館商工信用組合
  • 空知商工信用組合
  • 十勝商工信用組合
  • 釧路商工信用組合

 

まだ他にも、ネット銀行などがありますが、店舗型だとこんなもんでしょうか。

 

その他
  • ゆうちょ銀行
  • JAバンク
  • 北海道ろうきん

 

ゆうちょ銀行は、店舗という意味では北海道全域で便利です。

北海道はJAも多いので、JAバンクも。

 

 

ネットバンキング普及前後

 

転勤直後は、メガバンクをメインの口座にしていましたが、地方出張などでは面倒な事もあり、気がつくと地銀を使うようになっていました。

北海道だけで過ごすのなら、メガバンクよりも断然利便性が高く、不便は感じませんでした。

当時は、ネットで入金など普及していなかった為、とにかく店舗数が重要ってのも影響してます。

 

細かなところでは、入出金にかかる手数料の有無も頻繁に利用するのであれば重要です。

コンビニにもATMが普及し、銀行の支店を探す手間は不要になる頃には、地銀以外の利用も増えました。

更にネットでの入出金が可能になった現在では、殆ど店舗数は関係無くなりましたよね。

逆にコストを考えると、店舗が多いのは高コストな気もしてしまいます。

銀行の破綻が非現実的な事では無くなった昨今、金融機関の選択も重要ですね。

(;゚∀゚)

 

最近ではキャッシュレス化も進み、金融機関に足を運ぶ機会も減りつつあります。

商売をしていると長く付き合う関係もあると思いますが、セミリタイアで遠ざかった感じです。

 

 

キャッシュレスな日常

 

昔はATMで引き出した現金を持ち歩くという流れが一般的でしたよね。

でも、最近は現金を持ち歩かない人も多くなったと思います。

個人的にも現金を持ち歩くのは好きじゃないので、小銭くらいしか持ち歩いていません。

 

セミリタイアしてから企業からの給与振込も無いので、殆ど銀行へ行く用事もありません。

支払い関係もネットを利用する事が多く、手数料を気にしてATMを探す事も減りました。

融資を受けるような事もありません。

 

時々、カード決済不可のお店があるので、その時は現金で買いますが、煩わしく感じます。

財布を持つのも面倒なくらいです。

(;゚∀゚)

 

 

まとめ

 

昔なら転勤で地方へ移住になった場合、金融機関も気にする必要がありました。

それが、近年はネットでの利用が可能になり、そこまで気にする必要はなくなりました。

それでも道外の金融機関を利用するよりは、地場の金融機関を利用する方が便利なところは当然あります。

 

北海道は広いので、転勤する地域によっても利用する金融機関の選択は大事。

ネット利用以外にも利用する機会はあるかもしれないので、その環境に応じて選択する必要があります。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。