セミリタイア終了のお知らせ?


スポンサーリンク


スポンサーリンク



セミリタイア終了?

こんにちは。あだじょぱです。

実は、最近になって働き始めました。

Σ(゚Д゚;)!

まさかの、セミリタイア終了!

 

いえ、サラリーマンに戻ったワケではありません。(重要

知人から頼まれてアルバイトを始めました。

 

ですが、これが本格的というかなんというか。

履歴書を書くところから始まり、面接も複数回行われるという徹底ぶり。

そんなこんなで、40代になって冷や汗が湧き出るくらいにバタバタしました。

 

 

突然の仕事の依頼

 

以前から付き合いのある人から仕事を頼まれる事は結構ありました。

長期で関わらねばならないような面倒な仕事は断り続け、簡単な単発ものを引き受ける感じ。

しかし、今回は厄介な雰囲気の仕事を引き受けてしまったんです。

 

 

依頼された内容

 

それは、知人が直接関わる事業ではなく、間接的に頼まれた仕事でした。

就労先の企業からその知人に対して、誰か紹介してくれない?というような流れだったと推察。

実際には何人が推薦されたのかわかりませんが、こちらへ話がやって来ました。

 

既にその時点で面倒だったんで断る流れでしたが、知人が相当困った様子だった為、粘られましたw

粘り勝ちされたワケです。

それに今までと違う展開で、一般企業へのアルバイト応募をするのと同様の流れで進行するところが、なんだか新しい挑戦のような気がして、少しワクワクしたのは事実です。

 

知人からは、「こんな感じのスキルを持った人間がいる」という話をしているそうで、それに対して先方が正確な職務経験が知りたいらしく、履歴書送付からの面接という流れになったとか。

まぁ、書類選考で落ちても面接で落ちてもそれは仕方無いしと思いつつ、おっさんずチャレンジです。

結構な大手企業、普通に集まらんのかい?とか思うんですけど。

 

 

40歳を過ぎて履歴書を書いた

 

もうね、何年に卒業したとか入社して退社したのかなんて覚えてませんね。

履歴書を記載するだけで、想像以上に時間がかかってしまいました。

履歴書と一緒に職務経歴書を添付して欲しいと言われ、引き受けたことを後悔するくらい。

「まぁ、お金貰えるし良いか」と簡単に考えていましたからねぇ。

 

それでも職務経歴書や資格は、意外と簡単に書けました。

これまでに経験してきた業務内容と取得済みの資格を書くだけですから当然ですね。

書き終えて、封筒に入れる頃にはなんだか複雑な気分。

 

この歳になっても、書き方は身体にインプットされていました。

1番、面倒だったのは証明写真ですけどね。

数年ぶりにスーツを着てワイシャツにネクタイ。

鏡に写った自分の姿を見て、随分、似合わなくなったもんだと思いました。

 

 

実際の面接は緊張した

 

流石に、この年齢になると、面接する事はあっても、される事なんてありませんでした。

久しぶりに面接を受けるという事で緊張はあったと思います。

実際には面接になると緊張は解けていましたけどね。

 

自分自身も面接官の経験があるので、なんとなくは相手の質問も予想が出来ました。

おそらくマニュアル的な流れはあると思います。

こちらは、事前にマニュアル的な答えを用意せず、その場で思った事を答えました。

 

この時のやりとりから、自分のスキルを必要としているのが理解出来ました。

そういうスキル所有者が募集をしても集まらないという事。

それは、わかります。

自分で言うのもなんですが、多くの部門を経験している強みがあります。

終始、良い雰囲気で面接を終えました。

 

その当日にもう合格の連絡がありました・・。

週に2〜3日ですが働く事になりました。

 

 

即戦力として経験が重要視される40代

 

近年は、介護離職と言う新たな問題もあり、働き盛りでも離職して復職出来ない人がいるそうです。

それに、我が家の場合は基本がセミリタイアなので金銭的なハードルが低いのですが、これが普通の家庭ならアルバイト1つでは暮らしていけないと思います。

それこそ、単身者でワーキングプアになるのも理解出来ます。

 

この年齢になって、面接を経験したのは良かったと思います。

やはり、企業側は応募者の職務経歴や資格を重要視しているのがわかりました。

誰にでも出来そうな簡単な作業で時給も安いアルバイトなら誰でも良いのかもしれませんが、それなりに重要な仕事を任されるくらいになると簡単じゃ無いです。

年齢的に管理職としてのマネジメント経験は必須かもしれませんね。

 

職務経歴が薄っぺらい感じだと、若い人を雇う方がメリットありますから。

単身者であれば、時給が安くても生活次第でなんとかなると思います。

セミリタイアで小遣い稼ぎ程度なら、それでも良いんですけど・・・。

知人の頼みはややこしいのが多いというコトですね。

 

 

まとめ

 

嘘か誠かSNS上のやりとりでは、アフィリエイトをしている人が「バイトしよ」とか呟いてたりします。

確かにアフィリエイトのような収益は、不安定な要素があるので未来永劫稼げるのかもわからないですね。

なので、売り上げが落ちたらアルバイトをしたり、アルバイトをしながらアフィリエイトをするという人がいても不思議ではありません。

若い人なら簡単に決まるアルバイトも、年齢や地域によっては選択肢が少ないです。

 

どんな仕事をするにしても、色んな経験は役に立ちます。

一つの事を極めるというのも良いですが、幾つか自分の中で柱となるスキルを持っておくと便利です。

さて、このバイトはいつまでなんだろう?


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。