セミリタイアした人に北海道が人気みたい


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

会社を辞めたいと思う人は多いけど、実際にアクションを起こせるかどうか。

こんにちは。あだじょぱです。

会社を辞めるというのは、簡単なようで簡単じゃないですよね。

特に家族がいると先の事を考えて我慢する人も多いんじゃないでしょうか?

僕もそんな時期がありました。

そこで出した答えはセミリタイアです。

貯蓄は必要ですが、退職金もあり基本は働かずに暮らす。

必要な時だけ働く生活。

 

セミリタイアで調べると、北海道で暮らす方が多いみたいですね。

既にセミリタイアしている先輩方が多い北海道。

多いのは、やはり独身の方ですが中には家族の居る方も。

北海道ってセミリタイアに適しているのかな?

 

 

セミリタイアと北海道

 

北海道は広大なエリアですが、やはり主に札幌が人気の土地だと思います。

札幌を移住先に決めた理由は、都会の割に落ち着いて暮らせる中途半端さ。

というのが、正しいのかどうかわかりませんが大きい理由です。

 

 

 

不労であれば暮らしやすい

 

住む場所や、住む建物にも影響を受けるとは思いますが、

札幌の中心部で分譲マンションに住んだ感覚であれば、文句無しです。

市内のメインとなる地下鉄の駅までは徒歩2~3分。

マンションはセントラルヒーティングで寒さを感じる事もありません。

北海道の建物は、室内の温度を保てるような造りが多いです。

 

但し、さすがに木造の古いアパートなどは寒いです。

トイレが玄関傍にあるようなアパートは、トイレが辛い。

家賃を抑えようとして、結局暖房費が掛ってしまうなんてケースも考えられます。

 

普段、仕事をしないセミリタイアした者にとって自宅は重要です。

ちょっと外出してカフェを利用しても良いんですが、出費が発生します。

自宅でギターを弾いている僕にとっては、自宅の暖かさは大事です。

 

 

働く事も考えにあるのなら

 

潤沢な蓄えを持ってセミリタイアする場合は、簡単なアルバイト程度で済むところですが、もし万が一、蓄えが無くて会社に勤めて働く事も考えているのであれば、それほどメリットが無いかもしれません。

仕事の量的にも、東京や名古屋から移住すると少ないと感じると思います。

確かに東京の通勤ラッシュみたいな酷いラッシュは無いので、通勤のストレスは軽減されるかもしれませんが、雪の降る中を歩いたり、雪の影響で遅れる交通機関を考慮して、早めに出発したりと他のデメリットもあります。

 

北海道は広いので会社に勤めると、札幌から稚内や釧路へは出張になる事が多いです。

更に本州と取引があれば、悪天候な冬場でも飛行機に乗らなければならず、遅延や欠航で振り回されることも少なくありません。

 

1番後悔しそうなのが、やっぱり東京や大阪へ戻ろうと思った時に、引越し費用など北海道から移動するのが大変ですし費用も高いです。

簡単に決めてしまうと後悔するかも。

 

 

それほど安くない

 

札幌の便利なエリアに住むとなると、探せば安い物件はありますけど、大阪と比較しても大幅に安いという感覚でも無いです。

札幌であってもエリアが広く、不便な場所も沢山あります。

車を所有して暮らす事を考えているのであれば、価格重視で中心部から離れて暮らすのも良いですが、車の維持費が掛ります。

札幌も、まだまだ車社会ではありますが。

 

 

暖房費

 

北海道に住む上で考慮しなければならないのが暖房費です。

物件によって電気式、ガス、灯油とパターンが様々ですが、建物の造りや階層によっても、暖房費は変わってきます。

家賃を抑えても暖房費が大幅に掛るようであれば、出費は減りません。

札幌で暮らす為の物件選びについては、下記の記事を参考にして下さい。

移住してわかった札幌の賃貸や分譲物件を探す時の注意ポイント

2016.10.02

 

それ以外に車を所有していれば駐車場も必要です。

こちらは、高くても大阪や東京ほどでは無いです。

僕は家族が居て時々働く事もあるので車を所有していますが、特に必要と感じないのであれば、所有しなくても暮らせます。

殆ど乗らないのであれば、レンタカーで良いと思います。

維持費も結構な出費ですからね。

 

北海道の物件には灯油タンクを設置している物件が多いですが、住む物件がガス式の暖房だったり、灯油式のストーブを追加したい場合などで、灯油が必要な時に配達を頼むと費用が掛かります。

費用を抑えるために、自分で車を運転して、ガソリンスタンドへ買いに行くなんて事も車があれば可能です。

 

 

食品関連

 

大阪で暮らしている時にスーパーも色々あって安いお店も結構ありました。

札幌だから特別安いというのは感じません。

ただ、北海道産だったり美味しい食材が多いのは間違い無いです。

 

独身であれば、食材の量などもあって外食の方が良い場合もあるかもしれません。

外食は、他の地域と変わらないですし、名物のラーメンやジンギスカンは、普通のサラリーマンなら高いと感じる価格じゃないかと思います。

 

 

ではなぜ札幌に住んだのか

 

北海道は、Uターンで戻ってくる人も多いみたいです。

東京や大阪のような都会で働き疲れたら、少し自然のあって落ち着く場所が良いです。

それでいて田舎という感じでもなく便利な札幌。

 

 

1度暮らした経験と人脈

 

以前、転勤で勤務していた時期に多くの方々と知り合いました。

その時は、初めての北海道上陸で知り合いなど誰一人いませんでしたから沢山の方々と交流していました。

 

そして、北海道で知り合った嫁と結婚し子供が生まれ子供達にとっては故郷です。

これが1番の理由です。

 

自分が住みやすいと思うところに住む。それが大事だと思うんです。

 

 

住まいの環境を整える

 

セミリタイアして過ごすとなると自宅は重要だと考えました。

ですが、蓄えの全てを使い切ると子供達の将来もあるので、可能な限り出費を抑えて、それでも長く暮らす事を考えて中古マンションを購入しました。

購入の経緯や状況については、下記の記事を参考にして下さい。

無職が北海道に家を買ったよ

2016.08.22

 

正直、セミリタイアすると時間があり過ぎて困ります。

出来る限り、ギターを弾いたりカメラを持って出かけたりしてますが、曜日の感覚すら失ってしまいます。

 

家族との時間が増える事で、嫁との時間も増えるわけですが、ここで世の主婦の皆さんは嫌がるでしょうね。

しかし、実際は同じ部屋に居る事は殆どありませんし、出かけて欲しいのであれば、出かけますから問題は無いです。(掃除出来ないから出てけ!とは、よくある話)

 

お互いの時間というのも重要ですからね。

 

 

まとめ

 

近年、働き方改革という言葉をよく耳にするようになりました。

何も企業に属して働くだけが、働き方では無いのです。

最近は企業に属さない人が増えて、そんな人たちからすると北海道が魅力的なんでしょうかね?

確かに企業組織に属して、自己の能力に応じた納得の対価が得られていると感じている人は少なそうです。

生活できるだけのお金が確保出来たなら、セミリタイアして北海道は良いですよね。

ストレスとおさらば。

しかし、北海道も物価は上昇しているので、もう少ししたら他の本州の地域の方が人気になりそうです。

北海道は寒いけど住み易いんですけどね。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。