セミリタイアで失敗しない為のアレコレ


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

あー。働きたくねー。

こんにちは。あだじょぱです。

そんな感じでセミリタイアしたいと思っている人もいますよね?

僕自身の考えは、セミリタイアと言っても、お金に困れば働けば良い、アーリーリタイアという気持ちなんでユルユルなんですけど。

特に働くのが嫌という事でもないんですよねー。

だけど、サラリーマンには戻らないと決めてます。

生活に必要ならアルバイト程度に働くというライフスタイルです。

 

セミリタイアで大事なのは生活できるだけの収入。

 

そう世の中、なんですよ!

 

カネ、カネ、カネ、オンナ

 

ああ嫌だっ。汚らしいっ!

 

とか綺麗事で生きては行けないと言うことをお伝えします。

 

そう。だからセミリタイアはサバイバル!

この世の中で、

生き残れるかどうかです。

 

資金が底をついた時が失敗、即ち負けです。

負け犬になんてなりたくねー!

ですよね、ですよね、

わかります

 

資金が尽きないようにするには、どうしたら良いのか?

莫大な資産を築くのです。

そう、

石油を掘り当てたり、

宝くじを当てたり、

 

ってムリーーー!

 

そこで、アーリーリタイアですよ奥さん

潤沢な貯蓄がなくとも、ちょっぴり働く前提でセミリタイア。

 

「臭っさいお父さんが毎日いて困っちゃう」

 

とお悩みの貴女にピッタリのプラン。

 

普段からの生活水準を見直して、貯蓄をする。

外食をしないようにして、毎日もやしを食べるんです。

 

朝はもやし味噌汁

昼はもやし炒め

夜はもやしサラダ

なんて便利食材なんだ

 

.・゚・(ノд`)゚・.

 

セミリタイアは、資金が重要ということを言いたかったわけです。

おそらく世の中の主婦にとって迷惑な行為。

 

それが、セミリタイア

 

失敗しないためにも家族とは、仮面夫婦を装ってでも仲良くするのです。

 

 

セミリタイア生活とは

 

では、セミリタイア生活って実際どうなの?

独身であれば、サスペンスドラマで怪しい男が住んでるような

木造の狭くてボロいアパートで寝転がってポテチをかじりながら、汚いパジャマでテレビでも見てる姿を想像していませんか?

 

まさに、その通りです。

いや、いや、いや

ヽ( ;´Д`)ノ アワワワ

 

おっと、みんなの夢をブチ壊すトコだったぜ(汗

 

そんな生活も出来なくは無いかもしれませんが、体が衰えます。

体育会系でしたが、スポーツも継続しないと衰える一方です。

普段から運動など、体力が衰えないようにしないと仕事をしない分、より衰えが早くなる感じがします。

 

 

退職までのパターン

 

ただ単に会社が嫌になって突発的に辞める場合、資金が無いので自転車操業に陥りやすく長くは生活がもたず破綻しやすいケースとなります。

サラリーマンとして働く事が嫌になったのであれば、起業してでも稼ぐしかありません。

何かしらの専門技術や知識があれば、フリーランスで働くという方法もあります。

しかし、働く以上はスキルが無いと難しいです。

 

退職する人にも有能だけど不満があって辞める人もいれば、そうでない人もいます。

有能な人は、自身のスキルを活かして起業だろうとフリーランスだろうと上手く稼ぐ事が出来るので、好きな方法で働けば良いと思います。

そうでない人は、正直会社に残った方が無難です。

 

会社も仕事が出来ないというだけでは簡単にクビには出来ません。

それでも会社がブラックだったり社内に問題があり辞めるしかないとなった場合は、自分磨きから始め転職する事が1番だと思います。

自分磨きとは、年齢や目標とする役職に向けたスキルを身につける為のスキルアップです。

社外の研修に参加してみたり、専門書を読むなり、資格を取得するなど方法は色々ありますが今よりもスキルを上げる事で転職しても前職以上に認められるようになります。

 

自分を出来ない人だと理解できていれば

ですが・・。

悪いとかそういう事じゃないんですよねー。

働きアリの法則ってあるじゃないですか。だから、どうしてもそういう人もいるんです。

仕方のない事なんです。

 

そして最後にセミリタイアを前提とした退職。

この場合は、潤沢な貯蓄が出来て暮らしの目処が付いた段階となりますので、将来的な生活設計が出来ている人です。

この時点で、一般的なサラリーマンであれば、30代〜40代くらいが多いのでは無いかと思います。

セミリタイアもそれなりの覚悟は必要です。

 

 

独身でセミリタイアの場合

 

あくまでも、1つのケースです。

独身Aさんのスペック

  • 40代前半 男性
  • 関西→札幌へ移住
  • 友達なし
  • 彼女いない歴=年齢
  • ビジネススキル 特になし
  • 趣味 アニメ インターネット
  • 貯蓄200万ほど
  • 働きたくないのでリタイア

 

う〜ん。 ( ̄^ ̄ 😉

悪い予感しかしませんね・・。

 

彼女いない歴については・・

お察しください・・。

 

まず、貯蓄が少な過ぎると思いますが・・。

生活は、会社を辞めて安い賃貸へ引越し。家賃は3万前後で車は売却、貯蓄が少ないので1日1食な日も。

さすがに1年くらいで、アルバイトを開始。

 

今では、立派な

バイトリーダー

 

の若い人の下で働いています。

 

私生活でも友達がいないので、孤独。

積極的に人との交流を図るも深い関係には至らず。

自宅も賃貸の為、分譲に比べて寒いのと家賃負担ありですが、貯蓄が200万程度と、セミリタイアするには準備不足ではないかと思われます。

セミリタイアすると、更に様々な機会損失があります。

普通に働いているとあるかもしれない出会いの可能性も激減。

少子化の現代、更なる人口減少へ繋がりますね。

 

disってるみたいですが、本人が良ければ良いんですよ。

 

40代で、彼女いない歴=年齢であっても

チェリーであっても

後悔しなければ。

 

 

それでもセミリタイアしますか?

 

 

家族がいるセミリタイアの場合

 

はい。このタイプです僕の場合。

家族は子供2人と、鬼嫁 美人の4人家族。

毎日の生活は、朝起きて夜寝るです。

 

終了。

 

いや、また夢をブチ壊すとこだった(汗

 

普段は8時頃に起床します。子供が学校へ行った後です。

それから好きな事をやってます。ギター弾いたり出かけたり。

時々、仕事を手伝えって話がくるので

(゚σ ゚)ホジホジ… ( ・_<)σ‥…—– ・ ピンッ!

とかしながら引き受けます。

 

他には、大事な収入源の賃貸マンションの簡単な清掃点検に行ったり。

 

お父さんは、どうして働かないの?

(正論)

 

子供から、そんな事を言われるかも。

と思ってましたが、特に何も言われず放置状態なので、遂に家族に見放されたのかもしれません。

.・゚・(ノд`)゚・.

 

子供が独立するようになってからのセミリタイアなら関係ないですね。

我が家は思春期なんですが・・・。

ちょっとカッコいいお父さんを装う為に、ブログを書いているだけなのに、パソコンと向き合っている姿を見せつけています。

 

無視されてますけどね。

 

(゚σ ゚)ホジホジ… ( ・_<)σ‥…—– ・ ピンッ!

 

普段の生活の詳細は移住カテゴリーに書いてます。

 

 

それでもセミリタイアしますか?

 

 

不審者じゃねーし

 

今住んでるマンションは、入居戸数の多いマンションです。

その為、住んでる人については同じフロアであっても把握できてませんし、名前すら知らない人も多いんです。

うちの部屋は角部屋で、隣と正面は不在が多いので人に会うことも少なめ。

 

ただ、管理人さんは常駐しているので、エントンランスで頻繁に会います。

 

にこやかな挨拶の裏側で、

コイツ、フラフラして不審だな

とか思われている可能性が高いのです。

(被害妄想)

意味もなくスーツ着てやろうか

 

よくスマホで地域の不審者情報とか流れてきますけど、身長170cm程度中肉中背30代から40代で黒っぽいジャンパー云々と書かれていると、曖昧すぎて自分と重なり、職質受けちゃうんじゃないか?とか思っちゃう今日この頃です。

 

サバイバルです。

 

それでもセミリタイアしますか?

 

 

ウザい上司がいないぜ

 

そんなサバイバル環境ですけど、会社でよくある面倒な人間関係がないだけでも、かなりストレスから解放されました。

 

俺の時代はこうだったオジサン

 

と言う妖怪が会社には数人いました。

だからお前達も

と必ず、古き良き時代を熱く語り、その時の手法なりを押し付けてくるのです。

時代は変わり新たな手法が必要とされる中でしたからね・・。

そして、楽しくない飲み会に行くこともない

やたらと飲みに行く部署とかってありますよね。

少ない髪を散らかして、カラオケで歌う上司の姿なんて見たくなかった。

酔っ払ってトイレから出てこない上司を呼びに行くお仕事。

 

僕は、あの綺麗なレデーの

激アツなお胸を眺めていたかっただけなんだよー

 

セミリタイアで、こんな付き合いは不要となります。

 

 

サラリーマンへの復帰

 

セミリタイア生活でサバイバルを経験した者の中には、ジャングルを離れ都会の群れに戻って行く人も存在します。

 

定年退職で自宅にいる人が、退屈になって仕事を始めるような感覚です。

確かに仕事をしていないと落ち着かない瞬間があります。

特に働き盛りと言われる年代でセミリタイアすると、その気持ちも大きいような気がします。

 

その気持ちは趣味に時間を使うようになっても、残るんですよね。

時々、仕事をするようにしたり、知人とビジネスについて話せるような機会を持つようにしてサラリーマン情報を聞いたりしますが、大変だなぁと思いながら、会社員へ戻ろうとは思いません。

世の中の主婦からすれば

 

戻れよ!

 

って思われそうですが・・。

 

サラリーマンへ戻るとなると数年間のブランクもあって、辞める直前の環境へ戻れる事って少ない筈なので、よく考えてセミリタイアした方が良いですよ。

当時、部下だった人と何らかの接触があって、良い立場になっていたりしたら、後悔しちゃうかもしれませんよね。

辞めなければ良かったと思う方もいるかもしれません。

それでもセミリタイアしますか?

 

 

セミリタイアへの道

 

セミリタイアがアマゾンの奥地でのサバイバルに近いと言うことは説明しましたが、まだそれでもセミリタイアするぜ!って方の為に。

 

 

必要な資金(貯蓄)

 

前述した独身男性の場合は200万円の貯蓄でセミリタイアしましたが、おそらく節約生活を続けたとしても、彼女や友達がいなかったとしても2年くらいで無くなるんじゃないかな。

もし、結婚とか考えるのなら最低でも5,000万以上は欲しいところ。

それでも途中で時々働く事が必要になる筈。

先行投資や定期的な収入源を確保するまでは、貯蓄頼みですからね。

一生独身でない限りは、結婚資金や子供ができた場合の生活費も必要になります。

子供が出来て家族が増えるから、自分の生活費の人数分増しだなという単純なものじゃありません。

子供には学校にかかる費用や、病院での治療費など出費は多いもんです。

結婚したくねーと言うのもわかります。

 

安定した生活なら8,000万円以上は必要かな。もっと?

 

 

節約生活

 

貯蓄をするのも、セミリタイア生活でも節約することは大事です。

 

もやしは神ってます。

 

因みにサラリーマン時代は、一時期ですけど昼食にカロリーメイトを持参し続けた時期がありました。

大量買いして。

1つのカロリーメイトの箱に2つの袋が入っているので1日1つの袋。

毎日じゃないけど同僚や先輩と外食しない日はカロリーメイトでした。

突然、外食に誘われてもカロリーメイトなら腐らないですし良いですよ。

お腹が膨らまないので炭酸飲料と一緒に食べてました。

 

もやし&カロリーメイト。

最高っス

 

.・゚・(ノд`)゚・.

 

出費は、固定費を減らすことも重要。

賃貸に住んでいるなら安いアパートへ引っ越して家賃を抑えるのが良いです。

最終的には自宅を購入するのが負担が少ないので、一括で購入できるだけの資金は貯めたいですね。

電気、水道などの費用も節約を心がければ、何も考えずに暮らすよりは下げることが出来るので、日頃から気にして生活していました。

 

 

贅沢は敵だから売却せよ

 

欲しいモノは、早い段階で購入。

セミリタイア後は、大きな買い物は簡単に出来なくなります。

資金や貯蓄によっては、手放すケースも少なくありません。

住宅のような高額な買い物であっても、セミリタイアを希望するならローンは危険です。

一括で購入できる物件がオススメです。

中古、地方の安価な物件など探せば良い物件が見つかる筈。

 

車も田舎に住むなら必要かもしれませんけど、毎日乗ることが無ければ売却してしまっても良いような気がします。

但し、1度売ってしまうと買い戻すのは難しいかもしれません。

維持費を考えると結構な出費があります。

 

自転車にメルセデス

とか名前をつけて乗ると愛着が湧きます。

 

住居は賃貸でも構わないと思いますけど、セミリタイアして環境の変化(家賃の値上げなど)が発生した場合、引越し費用だったり出費が出るかも。

中古物件でもリフォームしたり工夫すれば快適に暮らせるので、いろいろ調べてみると良いと思います。

高価な時計とか持ってると売れば資金の足しになります。

 

 

家族に媚びるのだ

 

若いうちは同棲相手新婚さんだと

ずっと一緒にいれるね

ハッピー♡

 

とか思うかもしれませんが、

 

何年間も一緒にいる熟年夫婦なんかだと、

 

え? 

 

ずっと家におんの?

 

邪魔やん!

 

ってなるんですよねー。

 

なので、家族の大反対を押し切ってセミリタイアするのは・・。

ずっとサラリーマンでいて欲しい奥さんもいると思います。

話し合って決めないと熟年離婚とか大きな喧嘩で事件になるかもしれません。

住む場所も、家族が住みたくないような田舎暮らしを押し付けるのは可哀想ですし、クワとかで殴られそうです。

 

 

子供が大きければ、平日を利用して夫婦で格安旅行を企画しても良いですよね。

嫁さんの機嫌も良くなるし観光も出来ます。

セミリタイアしてもダラダラした生活はダメです。

そんな事したら家族から冷たい目で見られ、村八分にされます。

 

 

先行投資も考える

 

セミリタイアは、最初が大変なんですよね〜。

若い頃は収入も少なくて、遊んでいるとあっという間に無くなるし、ある程度の収入が約束されて忙しくて遊ぶ暇が無くなったくらいから貯蓄が増えやすいので。

だからと言って簡単に給料をアップさせる事も難しい日本企業なので、若いうちから資産を増やす方法を考えておくのが良いと思います。

30代や若い人でセミリタイアした方々の多くは、本業以外に株とか何かで稼いだ人です。

損をする事を考えると手を出しづらいかもしれませんが、他にも方法はあるので自分に出来そうな方法を選択すれば良いと思います。

 

とにかく定期的な収入を得る事が出来れば、セミリタイアも安定します。

先行投資で賃貸用の不動産物件を所有するのもローンは避けたいので、しっかりした資金を準備するところから頑張る事です。

 

ギャンブラーなら

競馬だろうがパチンコだろうが

稼げれば正義!です。

 

ボロボロの物件で入居者も少なくて、ローン考えたら収入と差し引き無いやん。

って事がないように。

 

 

 

覚悟を決めて

 

独身でセミリタイアした場合に頭を過ぎる孤独死

誰にも知られずに、いつの間にか逝ってしまうアレです。

もう、いっちゃったの?

 

って言われる事もなく。

 

独身だと周りに面倒をみてくれるような人はいないですよね。

お金があれば別ですが。

会社では、仲間が大勢いて感じることは無かったのに、いざ孤独に生きるとなると、きっと寂しい生活になります。

特に用事がなければ、そんな方の家に遊びに来る人もないでしょう。

そうなると不安を感じる事もあるような気がします。

 

札幌のような雪国では、引きこもりがちの方も多いので余計に孤独を感じそう。

 

孤独を感じている人がいたら、アルバイトして、

相席のお店行くと良いですよ。

 

贅沢な事が出来なくなる事や、家族を持たないなど、それぞれ覚悟も必要です。

 

 

認められつつある副業

 

企業も副業を認めるところが増えてきましたね。

長時間労働の問題で残業が減るのならばの話ですが、仕事に使っていた時間が減り自由時間が増えます。

反面収入は減ると思います。

であれば、副業をするには良い環境と言えます。

(実際には、みなし残業になると思いますが・・・)

 

今、オワコンと話題の

アフィリエイトは、

副業にピッタリ!!

 

但し、簡単に稼げるという事ではありません。

参入障壁が低いので、元手が少なくても始められるという意味で。

 

一般的な仕事では、時間の都合などもあって副業にするのは難しい事が多いですが、アフィリエイトは好きな時間に好きな場所で出来るのが利点だと思います。

稼げるかどうかは本人次第のところがありますけど、サイトを作ってASPという代理店と契約しサイトに広告を貼るというお仕事。

最初に負担する費用も、殆ど無いので年間でも数千円から始める事が出来ます。

これで資金を稼ぐも良し、儲かるのなら本業にしても良しだと思います。

 

札束で顔面しばく人になれるかも。

 

 

ローンは危険

 

自宅を購入したり、賃貸収入を得る為に物件を購入する場合は、ローンという選択もありますが、なるべくならローンは避けた方が良いです。

出来る限り一括購入。

男は黙って一括購入!

セミリタイアで節約生活する場合、分割ローンが後からボディブローのように効いてくる事があります。

怖いですね。

 

気がついたらリングに倒れているんです。

 

立て!

立つんだ! ジョー!

古っ。

 

購入できるだけの使っても良い現金がないと購入しない!

自宅マンション、賃貸収入用の不動産物件、自動車など高額でも必要なものには投資して現金で購入しました。

 

THE臆病者!

 

その為、高層な高級マンションでも外車でもありません。

 

よっ貧乏人

 

贅沢な暮らしがしたいのであれば、働くのが正解。

車は維持費もかかってくるので、その辺も先の事を考えて生活を圧迫するようなら処分してしまった方が良い場合もあります。

安い物件だからと、どうしても車がないと不便なところに家を買ってしまうと、生活が大変になってしまうかもしれません。

 

札幌に移住して冬を過ごすのにスタッドレスタイヤだったり、結構な出費があります。

セミリタイアに合わせて移住を検討される方は、移住先は慎重に考えた方が良いと思います。

最近の若者は、車も持ってない方が多いし贅沢な感じはしませんが、もし欲しい物があるなら退職する前に購入することをオススメします。

 

 

地方移住で節約

家賃や生活費を抑える上で地方移住という選択があります。

これは、会社を辞めた後のことになりますが、節約の1つ。

 

北海道では、企業数で考えるとダントツに札幌市ですが、それでも東京とは比べものにならないくらいの少なさです。

前職で調べた時は、北海道のマーケットは、全国のマーケットの2%でした。

仕事を考えた場合は、北海道への移住は高リスクである感じがします。

独立して起業するとなっても流通コストの面で不利なので、IT関連以外では厳しい気がします。

 

働かない事を大前提に考えれば、話は変わってきます。

賃料の安い物件が多く、生活費を抑えて暮らせる。

簡単に手に入る食材が地元北海道産である事などメリットは多いです。

暖房費が余計に必要となりますが、夏場はエアコンを稼働させる事が殆ど無いですし、今住んでいる物件はセントラルヒーティングで割高でもありません。

無職が北海道に家を買ったよ

2016.08.22

 

しかし、やっぱりサラリーマンに戻ろうと思った時は大変だろうなと感じます。

北海道には知人が多く、会社経営者の方もいるので話をする機会がありますが、本州への出張も多く北海道内だけでの商売では難しいと聞きました。

 

もっと田舎で暮らすという方法もありますが、我が家の場合は家族が反対でしたし、子供学校や病院の事も考えて、田舎は却下となりました。

もしかしたら、モンペ姿でブログに登場していたかもしれないのが悔やまれます。

 

東京で高い家賃を払っている方であれば、退職後の地方移住もオススメです。

 

 

セミリタイアしてみて

 

働かない生活をしてみて色々と思う事もあります。

  • 時間の活用
  • 他人からの目
  • 健康面
  • 家族の本音

 

などなど考えるところはあります。

時間は驚くほどあるので、何もしないで過ごすのは勿体無いです。

趣味が無いと逆に辛いんじゃ無いかとさえ思います。

他人からの目は、それほど気にならないんですが、子供の友達だったり親だったりからは、どう思われているのかわかりませんから。

そして、会社へ出社しない事で早起きなども不要な為、普段の生活が不規則になりがちなので、健康面が少し不安になります。

運動もする機会が無いです。

なので、簡単に出来る筋トレやストレッチをしています。

ジムへ通って美人インストラクターに教わりたいです。

 

あとは家族の本音ですよね。

本当はサラリーマンとして家から出て行ってくれよー

とか思われてるんだろうな。

 

時々、仕事の話を引き受けて出かける時の

嫁の嬉しそうな顔が全てを物語っています・・。

 

贅沢な暮らしを望めば、貯蓄は数億くらい用意しないと無理っぽい。

又は、毎日フルタイムで働く方が現実的。

そんな贅沢は望まない(家族も同意)というのであれば、生活に合った貯蓄額と定期的な収入を得る事で、生活は成り立ちます。

 

今の日本は国内の大手企業であっても業績が悪く苦戦している状況なので、その下請けとなる企業にもシワ寄せが及んでいると思います。

そういう環境の中、会社に勤めるという事が本当に安定をもたらすのだろうか?と不安に思う人や、過酷な状況での労働の割に給料が上がらないという不満を持つ人が多くなるような気がします。

そうなるとセミリタイアを選択する人も、今後は増えるかもしれないですね。

 

会社を辞める時、退職届を提出した途端に肩の荷が降りる感じがします。その時のことを想像してみてください。少し楽になります。

出勤する為に、満員電車に揺られて長時間の移動を耐える必要も無いのです。

通勤途中で見かける素敵レデーには会えませんが

 

どのような形にせよ、人脈があれば色々と助かります。

こちらからお願いした事は1度も無いですが、仕事の依頼があるのは有難い事でもあると思います。

絶対外せないような仕事は、頻度も多く無いので気楽な気持ちで引き受けてます。

こちらから頼めば紹介を受ける事も可能ですが、そこまでは今の現状だと必要ないので声をかけた事はありません。

 

そうだ今度、女性の多い職場を紹介してもらおう

 

 

理想と現実

 

セミリタイア前に考えていた状況と、実際の状況はそんなに変わりません。

というのも、こんな感じかなとは思っていました。

普段から節約に関しては考えて暮らしていた事もあって、それほど大きく変化を求められるような事もありませんでした。

以前よりは、外食などが減った気はしますが厳しく制限したりとかって事は無いです。

 

最初から贅沢三昧で仕事もしない。

という考えの人はいないとは思いますが、皆さんが考えているような普通の暮らしです。

但し、定期的な収入が在ってです。

 

これが無ければ、外食も制限しないと不安かもしれないです。

 

ウニ食べたーい

イクラ食べたーい

 

北海道移住者の本音が出てしまいました。

食べたい時は、食べます。

 

 

車の維持費

 

住む場所にもよりますが、車を所有するか否か。

車も軽自動車と高級車で違いがありますが、節約という中では1番に削減できるのが車じゃないかと思います。

車は、車検や保険料にオイルなどの消耗品、それにガソリン代と費用負担が大きいので、節約生活するには手放す方が良いだろうと思われます。

所有して維持するのなら、それなりの出費は覚悟しなければなりません。

 

札幌市の場合、スタッドレスタイヤは必須です。

それに車を購入する場合でも北海道だけ割高だったりします。

殆ど乗る事がないのであれば売却してお金にした方が良いと思います。

 

田舎暮らしだとどうしても車が必要だと思うので、軽トラがオススメです。

彼女が欲しいのであれば、思い切ってスポーツカーを買って、車で生活するという無茶な手段もあります。

車で暮らしてるのがバレた時点で、さようならになる可能性は高いですけど。

東京だと駐車場が地方の家賃並みなので安く感じるかもしれませんが、乗らないのに維持してるって馬鹿らしいもんです。

いつか家族ができた時の為にってミニバンを購入して、数年後に買い替える時になっても助手席にすら人を乗せた事がなかった独身男性みたいなもんです。

 

 

後悔しない生活

 

生き方は人それぞれ考えも様々なので、好きにしたら良いと思います。

大事なのは、後悔しないという事。

 

このサバイバル

生き残るという事です。

 

 

周りから変な目で見られ

 

不審者扱いされようとも、

 

それに負けない不屈の精神力、

そして甘い誘惑に打ち勝つ根性!

 

贅沢はだ!

を減らせ!

カニは食うな!

ジンギスカン!ジンギスカン!

 

お祭り騒ぎしてしまいました。

すみません。

 

会社に定年まで勤めるのも、セミリタイアするのも自分の意思で決める事。

後悔しないと思うように進んで行けば良いと思います。

 

セミリタイアしたら、カニ食えねーじゃねーか!

って思うのであれば働きましょう。

 

 

もし仕事を続けていたら

 

最近、もし仕事を続けていたらという事を考えた瞬間がありました。

会社でのストレスって年々増加していたような気がします。

いつかは結局、辞めただろうというのが正直な気持ち。

なので早めに辞めた事は良かったんだと思っています。

いや、まてよ、思うようにしているのかも。

企業も大変な世の中ですけど、労働者が過酷な環境であれば負の連鎖で良い方向には進まないんじゃないかと思います。

体を壊してからでは手遅れ。

 

 

まとめ

 

考えていた遊んで暮らす生活とは違いましたか?

セミリタイアは導入部分が難易度が高く、貯蓄が最重要課題の為、そこをクリアする事が最大の難関となります。

 

サバイバルですから。

 

ですが、効率よく稼げる方法や時間の使い方で自分に合った貯蓄方法がきっと見つかると思います。

一般的な企業なら退職金もあります。

基本は節約生活です。退職後もずっと。

働きたいときは働けるような環境を築く為には人脈を駆使し、健康面は自己管理でダラダラした生活にならないように注意が必要です。

嫁の機嫌を伺いながら生きる(重要)

 

貯蓄する必要がある分、難易度は高い感じですが贅沢をせず本業以外でも良いので、コツコツ貯めて水面下で準備を進める事が大事です。

たった1度の人生、好きなように生きて後悔しないようにしましょう。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。