3月突入!北海道への転勤に備えよう


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

早いもんで、3月になりました。

こんにちは。あだじょぱです。

セミリタイアして半年が過ぎ、会社に勤めていた頃の忙しさが嘘のように、暇な時間をすごしている今日この頃。

世間は、年度末の忙しいシーズン。

殆どの企業が年度末の最終戦に突入している頃では無いでしょうか?

 

そんな3月と言えば、新年度のスタート前に決まる人事異動の季節。

遅くても2週間前くらいには決まるんじゃないかと思いますが、北海道へ転勤する方もいると思います。

転勤は、ゆっくり準備できるような感じでは無い事が多いと思いますが、色んな情報を事前に集めておきたいところですよね。

転勤族で転勤に慣れた方でも初めて北海道へ転勤するとなれば、環境の違いで不安になる事もあるかもしれません。

今回は、北海道への転勤について書いてみようと思います。

 

 

北海道へ行け!

 

会社の辞令は結構簡単に発動されるもんです。

異動する側にしたら大変なんですけどねー。

聞いてるー? 社長さん。

 

 

 

札幌に住む

 

本州から北海道への転勤であれば、殆どの場合、札幌に住む事になると思います。

北海道も札幌に企業の拠点が集中しているので、転勤者も多く心配無用ですよ。

 

まず、転勤で重要なのが住居。

どこに住めば良いのか迷うところですよね。

僕のおすすめは、公共交通手段利用の通勤であれば地下鉄沿線の最寄りに住むのが良いと思います。

特に男性の単身赴任などであれば、地下鉄沿線の物件を探すのがおすすめです。

すすきのとか繁華街周辺は、騒がしいので避けた方が無難ですが。

 

家族で引越す場合は、個人的におすすめなのが中央区です。

中央区は、地下鉄から少し離れるエリアも多いのですが、路面電車もあるので資金に合わせて選ぶと良いと思います。

西の方に行けば、地下鉄の駅もありますが、円山公園辺りは家賃が高めの物件が多く高級住宅の多いエリアになります。

中央区の中心部がオフィス街や歓楽街になるので、その辺を避けると地下鉄から離れてしまいます。ですので路面電車に抵抗がなければ、路面電車を利用するのも良いと思います。

中央区は、中心部に役所関係があるので便利なんです。

なんと言っても、すすきのが近い!

 

飲みまくりですよ!

 

 

但し、中央区と言っても広いので家賃が極端に安いところには注意が必要です。

移住してわかった札幌の賃貸や分譲物件を探す時の注意ポイント

2016.10.02

 

大手の企業であれば、分譲マンションを社宅にしているところも多いので、住む場所には困らないと思います。

 

 

引越しに伴う手続き

 

引越し自体は転勤であれば会社が、費用負担すると思うので、数社見積をとって、安価なところにお願いするというパターンが多いかと思います。

又、引越し準備金などもあるケースが殆どですよね。

 

大変なのは、引越し後も転入など住所変更したりする必要がある事。

前述した中央区であれば、中心部に役所や警察署があるので、手続きも仕事の合間に行う事も可能なので便利です。

他の地域であれば、事前に役所や警察署の場所と行く方法を調べておく必要があります。

 

 

必要な衣類は?車は?

 

北海道は、寒い時期が長いのでアウターは必要です。

会社勤めであれば、殆どスーツだと思いますので、スーツの上に着るコートがあれば良いと思いますが、普通のコートよりダウンなど防寒性の高い物が良いと思います。

周りのサラリーマンも着ているので、客先への訪問時も失礼とか無いです。

室内で脱いだ後が邪魔ですけど。

 

寒がりで冬が苦手な方ならスーツもスリーピースがおすすめ。

ただ、室内は暑いくらいに感じる事もあるので、実際に体感してから考えるようにしても問題は無いと思います。

 

車は、札幌市内に住んで単身赴任であれば不要です。

余裕があれば持って来ても大丈夫ですが、FR車は危険です。

必要ならレンタカーを借りましょう。

 

家族と一緒で所有している車があるのであれば、スタッドレスタイヤを購入する必要がありますが、持ってきた方が良いかと思います。

冬道が怖いというのは、何年も暮らしている僕も同じなので、運転を繰り返して慣れるしかありません。

滑る時は滑ります。

中央区であっても、車は無いより有った方が便利です。

 

通勤では、公共交通機関で使えるSUICAのようなICカードもありますが、札幌のICカードの方が便利だったり、お得な切符もあります。

【お得観光】札幌でお得なドニチカきっぷ&どサンこパスと使えるICカード【交通】

2017.02.22

 

 

 その他

 

北海道は、他府県からの人にも優しい土地だと思います。

転勤者も多いので、人間関係は他の土地より良いかもしれません。

厳しいのは自然環境。

ウインタースポーツが好きな人なら最高でしょうね。

 

よく北海道は左遷先だと言われますが、広大なエリアの為、効率が悪いことも確かに多いです。

それでやる気をなくす人もいるかもしれません。

それに本州から遠く離れているので、転勤してくると上層部から目が届かないので伸び伸び出来るというメリット?もあります。

ポジティブに行きましょう!

 

通勤も本州みたいな満員電車では無いので、まだマシです。

 

 

まとめ

 

転勤は、本当に面倒ですよね。

僕は転勤が多かったので、家具なども転勤しやすいような物を揃えて必要最低限の物しか持っていませんでした。

北海道が好きになって、転勤後に会社を辞めて住む人も結構います。

数年の転勤であれば、会社に通いやすい場所に住むのが1番です。

冬は厳しいけど、雪が無くなれば各地の観光スポットへ遊びに出かけたり、プライベートでも楽しめるのが良いところだと思います。

セミリタイアして暮らすにも良いですよ。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。