北海道移住では初めての雪道走行が不安


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

北海道へ移住すると冬の運転を経験します。

こんにちは。あだじょぱです。

北海道へ移住しても鉄道移動しか考えていないという人でも、何らかの理由で車移動をする機会が出てくるかもしれません。

 

コワイですね。

 

 

皆さん事故はイヤですよね・・。

僕も北海道へ移住するまでは、雪道を運転した経験はありませんでした。

きっと、不安に感じる方もいると思うので、お節介にも自身の経験で記事を書いてみることにしました。

 

 

冬の運転

 

北海道は、ご存知の通り積雪が多い土地です。冬になると車道も歩道も雪が積もってしまいます。

自治体の対応は早い方だとは思いますが、大雪になれば除雪や排雪が追いつかず、走行に影響が出ることもあります。

勿論、スタッドレスタイヤとスノーブレード(冬用ワイパー)は必須です。

 

 

凍結の道路

 

そこまで冷えていないうちから雪は降ります。

その場合は、凍結路面ではありませんが、雪が積もった柔らかい道路を走る事になります。

この場合は、スタッドレスタイヤを履いていれば、そこまで大きな影響は無いと思います。

その後、氷点下となり路面が凍結してからが恐怖の始まりです。

道路に雪が少し積もり、その後に気温上昇で雪が溶けて、路面が濡れたところで氷点下になると、見た目は普通のアスファルトなのに凍結している所謂ブラックアイスバーン状態となります。

これが最高危険です。

つい油断していると交差点で曲がれなかったり、事故に繋がるので最大限の注意が必要です。

 

ですが、移住後に初めて運転する時は緊張で、普段よりも気を張っている事が多いので、おそらく何か油断をしてしまうのは、慣れてきた頃だろうと思います。

特に、日陰になるような部分だけ凍結していたりするので、気がつかずに滑ってしまうなんて事もあります。

 

ここで男性諸君!出番ですよー。

車の運転が上手ければモテるという都市伝説を信じて、カッコ良く対応しちゃいましょう!

  • スピードを出さない
  • 急ブレーキ時に何時でも助手席に腕を伸ばせるように準備
  • さりげなく振る舞う

 

この3点が重要ですよ!

彼女を乗せる前に1度深呼吸をしてから練習してみてください。

ゆっくり車を走らせ、卓球のラケットを振るように助手席に素振り!

さりげなく「大丈夫?ごめんね」です。

 

但し、練習の様子は見られないように。

不審者として通報されるかもしれないので。

 

当方では、責任を負えません。

 

 

 

シャーベット状の積雪道路

 

そして、凍結路面の次に注意すべきは、シャーベット状になった道路です。

殆どの場合、結構な積雪路面で気温上昇の後に表面の雪だけが融けてシャーベット状になっているので、その下層は凍結したままの状態です。

ですので、シャーベット状の積雪道路で信号待ちなど停車した場合に、再発進しようと思ったら表面のシャーベット状の雪だけをタイヤが吹き飛ばして回転し、顔を出した凍結路面でタイヤが空転してしまうという状況に陥る事があります。

大きな幹線道路の場合は、除雪が早いために表面の雪も踏み固められているケースが多いのですが、少し脇道に入ると埋まるってケースは多々あります。

よく埋まっている人も見かけます。

 

はい!男性諸君!

またまた出番ですよー!

 

よく女性が車が埋まって立ち往生している場面に遭遇します。ここは颯爽と助けに向かいましょう。

その際に注意すべき事は、自分の車を邪魔にならない場所へ停車する事。

慌てすぎて道路の真ん中に車を放置しちゃいけません。

それにカッコ良く助けた後に自分の車が埋まって動かなくならないように、停める場所にも気を遣って下さい。

車は女性にアクセル操作をさせて、自分は後方から車を押しましょう。

ここで、また注意点。

車によっては、強い力で押すと凹んだり破損したりするパーツもあるので、なるべく壊れなさそうな部分を押すようにしましょう。

 

万が一、それでも脱出が出来ない場合は、フロアマットをタイヤに噛ませて滑らないようにしてアクセル操作をして貰う方法があります。

それでもダメなら牽引が必要なので業者対応です。

 

脱出に成功したら、さりげなく挨拶です。

「お気を付けて」

 

惚れますね

 

惚れられなくても責任は負えません。

 

 

 もうグチャグチャなカオス

 

それでは、前述した以外の恐怖ですが、それは吹雪やら雪の壁やらです。

まず、吹雪は猛吹雪になるとワイパーの勢いが、ウサインボルト級の最大パワーでも視界が悪いという絶体絶命状態に陥ります。

正直、猛吹雪の時には運転したくありません。

この場合、前が見えないからと急に停車すると後続車に追突される可能性もあります。

そして路肩とか走行車線の区別もつかなくなる場合があります。

更にコワイのが地吹雪です。

一気に大量の雪が飛んできてホワイトアウトです。

ですが、殆どの場合は交通量の少ない地方で多く都会であれば、他の車のテールランプやヘッドライトが目印となるので危険度は下がります。

 

雪の壁は大雪の後、除雪された雪が排雪されるまで壁となって道を狭くしている状態で、普段よりも死角が多くなるので危険です。

トラックの横を走ると雪がドカッと飛んできて前が見えなくなる事もあります。

自分の車も駐車場から出る際に、雪を全部落としておかないと、走っている途中に突然雪崩のように落ちてきて視界を塞ぐ事もあります。

後方にも落ちるので迷惑です。

 

除雪された道路と除雪されていないような道路が交わるところでは、大きな段差が出来ている事があります。

エアロパーツを装備した車高の低めな車は擦ったり、エアロパーツが吹き飛ぶ可能性があるので注意して下さい。

 

 

 

最悪の場合

 

事故に繋がるのは殆どが油断だと思います。

四駆であっても滑る時は滑ります。雪の積もり方で斜めになるような停車をすると、発進時に横滑りして対向車と接触も考えられます。

道路状況を見ながら運転が必要です。

 

万が一、スピードが出てしまい前方の停車している車に追突しそうだと思ったら、側道に積まれた雪山に車を擦るようにして停めるという最終手段もあります。

自損の可能性がありますので最終手段です。

 

スタッドレスタイヤにも寿命があるので、長く使おうと思ってケチっていると、滑り易くなり事故に繋がるので毎年確認しておいた方が無難です。

 

 

まとめ

 

北海道へ移住して車を運転しないで暮らして行くのは難しいかもしれません。

北海道内の鉄道も路線や駅が廃止になり、移動が不便になっています。

初めて雪道を走行する際は、冬用の装備を準備してスピードを出さずに急ブレーキをなるべく使用しないような安全運転を心がけると良いです。

ブラックアイスバーンや埋まったときの対応も出来るように。

そして、必ず1度は滑る経験をするので、滑っても落ち着いて対応出来るように。

そして、男性諸君!

良いところを見せてやろう!


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。