北海道での方言バトルと見えないプレッシャー


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

関西人は何処へ行っても関西弁。

こんにちは。あだじょぱです。

北海道へ移住しても多くの関西人は関西弁を巧みに使い快適に暮らしています。

ですが、やはり移住するとその土地の方言に遭遇する場面もあります。

僕の場合は道産子の嫁と結婚したので、わからない言葉があれば聞いていました。

うちの子供は関西弁交じりの道産子かもしれません。

地名とか方言とか覚える事は結構あるけど、住んでしまえばなんてこと無いです。

 

 

方言

 

北海道へ移住するまでは、言葉のアクセントや方言の事を意識していませんでした。

東京で仕事をした時も関西弁で通用したので、気にしなかったんです。

しかし、東京は地方出身者が多く集まる場所なので、関西人など珍しくも無いワケです。

北海道だと東京よりも目立つので色々ありました。

 

 

関西弁を使った時の反応

 

仕事で取引先に行くと、すぐに関西人だとバレます。

「大阪からわざわざ出張で?」

なんて言われると、札幌の支店勤務ってのが何だか申し訳無い気になりました。

が、そんな事を言われるのも1度や2度では無かったので、慣れてしまいましたが。

 

相手も関西人だと知った瞬間に少しニヤける人がいます。

そうすると、なんだか

面白い事言うんだろ?

って感じのプレッシャーを感じるんですよね。

 

言いませんけどね!

 

 

 

あと、「九州の方ですか?」

 

なんでやねん!

 

稀に言われる事がありました・・。

方言を知らなさすぎか、大阪が九州にあると思っていたのか・・???

 

ただ、結構聞き取りづらいのか何度も聞き返される事も多く、更に関西弁だと怪しい営業かと思われる事もあったので、仕事では関西弁を封印するようになりました。

こんな人は珍しいと思います。

仕事が忙しかったので、少しでも効率を上げたかったんです。

 

 

最初の難関で大失敗

 

最初の言葉の壁は「なげる」でした。

テナントビルに入居している会社で、朝から事務所の掃除をしてゴミを集めてビニールの袋へ入れていたんですが、満杯になったので1階にあるゴミ置き場へ持って行った時の事。

まだ入社したばかりで、移住後初めてのゴミ捨てだったので先輩社員に同行してもらい1階まで降りました。

 

先輩社員が言いました。

「そこに投げといて」

僕は「折角集めたのにですか?」

と答えたんですが、先輩社員は面倒くさそうに

「早く」と。

 

仕方ないし先輩社員の目の前だったので、僕は良いところを見せようと、

それはもうWBCの先発を任されたピッチャーのように思いっきり振りかぶってゴミ捨て場をキャッチャーミットだと思って投げつけましたよ。

正直「どうだ?」って感じです。

ゴミは投げつけられた勢いで

袋が破裂し中身が散乱しました。

一瞬、間があって

「なにやってんだよ!」と叫ぶ先輩

 

何って、投げろっつーから投げたんだよ!って思いながら先輩の顔を見ると、怒るというよりは驚いた表情をしていました。

その直後に掃除のオジサンが「片付けろ」と怒ってきました・・・。

 

 

だから聞き返したやん。

ゴミは

ほかすやろ!(関西弁)

と心で思いました。

 

 

大きな勘違い

 

方言では、よくあるのが大げさな感じ。

ドラマやバラエティなどテレビで話す言葉が、そのままとは限らないですよね。

北海道の人は、僕に対して過度な期待をしていました。

  • ○○でんがな
  • おおきに
  • ○○でおま

 

はい。使いません

 

でんがな、まんがなって殆ど使う人いないですよ。

おおきにも年配じゃないかな。

大阪でも市内のコテコテな地域出身者ですけど「ちゃう」とか「やねん」がよく使う言葉だと思いますね。

 

同じように北海道でも

  • なまら
  • じょっぴんかる
  • ばくる
  • しばれる

 

は、方言ですけど殆ど若い人は言わないんじゃないかな。

なまらは凄いという意味で大阪だとごっつ

 

じょっぴんかるとは、鍵をかける事。

うちの嫁は鍵かって。と言います。

鍵を買う???ってなりましたね・・。

こっちが理解出来ないとヒステリックになるもんなー

 

 

ばくる。コレ難易度高いですね。

交換する事らしいんですよ。

交換してというのをばくってと言うらしいです。

使ってる人は殆ど出会った事ないです。

(嫁くらい)

 

しばれるも若い人は言わないですね。

寒い日にオジサンは良く使っていますが。

 

なので、そこまで気にしなくても普通に会話は出来ます。

 

 

意味が違って困った

 

あと、意味が違って伝わった言葉がありました。

  • 邪魔くさい
  • ○○がこわい

 

大阪では邪魔くさいって面倒くさいという意味で使ってたんですけど、北海道の人には本当に邪魔なんだよって意味みたいです。

こわいって言葉は恐怖の方じゃ無くて、例えば米がこわいとか米が固いって意味で使ってたんですけど北海道では身体がこわいって言うんですね。

ダルいみたいな雰囲気。

 

使いどころを間違えたら面倒な事になりそうですよね。

面倒くさいと思って「邪魔くさいなぁ」と呟いただけで怒鳴られますから。

夫婦げんかですよ

 

 

 

なぜか良く聞いた言葉

 

仕事柄なのか良く聞いた言葉があります。

  • ぼっこ

 

断然1位です。

 

「ぼっこ」とって。

何度も聞きましたこの言葉。

掃除機のホースじゃない棒の部分を取ってくれという時に、掃除機のぼっこ取ってとか言われました。

棒状の物を言うのでしょうね。

なんか雰囲気が可愛らしくて好きな言葉です。

 

凄いガタイの良いオジサンも

ぼっこ

 

普段から偉そうなオジサンも

ぼっこ

 

良いですねぇ。

 

綺麗なナイスバディのおねぇさんも

ぼっこ

萌えます。

 

 

まとめ

 

北海道でも海側の方言は凄いです。

札幌のような街では、普通に会話は出来ます。

心配する必要はありません。

関西人だとバレたら少し笑われる可能性あり。

バレた直後は面白い事を言えという暗黙のプレッシャーを感じます。

特に言わなくても問題無し。

意味の違う言葉や、使わない方言も多い。

暮らしていれば、自然と慣れてきます。

ぼっこ萌え。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。