大阪から札幌へ移住した流れ


スポンサーリンク


スポンサーリンク



札幌へ家族で移住し2週間が経過しました。

こんにちは。あだじょぱです。

大阪を出発してから台風の影響で引越しの荷物が遅れたり、手続き関係で役所や関係各所を訪問したりとバタバタしていましが、気がつけば北海道上陸から2週間が経過していました。

早いですね。

折角なので、大阪から北海道へ移住した流れを書きます。

 

 

移住のプロローグ

 

移住するまでにした事です。

移住前に行なった準備
  • 会社を辞める
  • 移住先の住居契約(購入)
  • 転出手続き
  • 引越し業者の手配

 

会社を辞めて移住したので、転勤とは違います。

当然ですが、転勤で移住の場合は、会社を辞める必要はありません。

 

 

 

会社を辞める

 

移住の準備で1番面倒だった事です。

ごく普通の企業のごく普通のサラリーマンでした。

辞めるとなれば、直属の上司へ報告しなければなりません。

当時、直属の上司にあたる人物は東京本社にいました。

報告を受けた上司が大阪まで飛んできましたが、何故か数名の役員も一緒。

最後の面談になりました。

 

簡単に要約します。

不動産を購入して、賃貸物件のオーナーになってみたら、生活できるだけの収入になった。

それでも仕事を続けてたけど、そろそろ疲れたから不動産だけで生きていきます。

 

だから会社辞めます。

という事です。

 

 

移住先の住居契約(購入)

 

というワケで、ポケモンマスターになる不動産オーナーとして生活する事にしました。

投資物件は札幌の賃貸物件なので、移住先候補に札幌が急浮上。

移住するかどうかでも悩みましたが、家族は道産子なので移住決定。

賃貸物件で家族向けだと物件が少ないという問題があったので、中古のマンションを購入。

 

マンション購入では、さすがに物件を見ないで決めるワケにも行かず、嫁が視察団として札幌へ。

その後の手続き関係を進めつつ、会社の引き継ぎなどを進めました。

まぁ、気持ちは会社を辞める直前で、ウキウキワクワクでしたけど。

 

移住まで1ヶ月程度でしたが、リフォームして欲しい箇所もあったので、工事も含めて手続き。

駐車場の空きが無いという問題があったものの無事に契約完了。

関連記事

 

 

 

 

転出の手続き

 

北海道へ引越すには、転出の手続きが必要です。

役所での手続き
  • 転出届けの提出
  • 児童手当の廃止

 

区役所へ行き、この2つを行いました。

転出届を記載の上、提出し証明を受け取ります。

子供がいるので、児童手当の手続きをしました。

児童手当は、大阪市で受けていた分を廃止する手続きが必要でした。

 

 

引越し業者の手配

 

引越しの業者は、相見積をとって安い業者に決定。

面倒でも数社に直接電話を入れて問い合わせをしました。

簡単に数社の見積が貰えるサイトもありますが、やたらと電話が来るようになるのでウザいです。

 

全ての手続きを終えたら事前準備を片付けて、いよいよ引越しです。

実際の大阪から北海道への移動は台風9号と重なってしまいました。

関連記事

 

 

 

北海道到着後の1週間

 

無事に北海道へ到着したものの、引越し業者へ依頼した荷物の方が台風の影響で遅延。

いきなりのアクシデントです。

数日間は持ってきた少量の荷物で生活をする事になってしましました。

きつかったのは、床で寝ていたので、体が痛くなった事と、カーテンが無いので暑い事。

本当に辛い数日でした。

 

 

引越しとDIY

 

引越しは業者にお願いしていたので、3時間程度で運び込みが完了。

大阪を出る時に荷物を減らすべく捨てた物もありましたが、新たに購入した物もありました。

注文していたテーブルや棚が届き、ようやく住まいらしくなってきました。

中古の分譲マンションでリフォーム済みですが、自分の使い易いように壁にドリルでアンカーを打ち、棚を取付たりしているとあっという間に数日が経過していました。

段ボールで梱包されてきた荷物も全ての開梱が完了し、すごい数の段ボールを廃棄しました。

 

 

転入の手続き

 

自宅の引越しと併せて役所関係の手続きを済ませました。

移住先の役所での手続き
  • 転入手続き
  • 国民保険の相談
  • 年金関連の手続き
  • 児童手当の手続き

 

転出時より多くの手続きが必要だった為、かなりの時間を費やしました。

窓口も1つじゃないので、1つ完了したら次の窓口で順番待ちという風になります。

引越しシーズンじゃないとはいえ混雑していますね。

役所で新しくなった住民票を取り、健康保健協会で社会保険の任意継続手続き。

退職する際に書類を揃えて貰っていたので、スムーズに終わりました。

保険証が手元に無い状況ですが、何かあれば遡って対応可能な場合があるとの事です。

更に警察署へ立ち寄り免許証の住所変更も済ませておきました。

住民票と現在の免許証があれば、申請書を記載するだけですぐに終わります。

 

 

失業保険の申請手続き

 

失業保険の手続きをされる方は、会社を辞めたら失業保険の手続きが必要です。

会社から離職票が届いたら、証明写真を準備して必要書類と一緒にハローワークへ向かいます。

案内所で必要な申請書類に記載をするよう説明を受け、案内に従って窓口で手続きすれば、失業保険申請の説明があると思います。

失業保険の手続きが必要なければ、特にする必要はありません。

 

 

移住2週間目でした事

 

移住2週目に入り、子供の学校で必要な物や生活に必要な物を買いました。

久しぶりに戻ってきた北海道は新鮮で、観光スポットを訪問して美味しいものを探したりと、楽しい事も出来るようになってきました。

 

エアコン取付工事

 

引越しの際に頼んでいたエアコンの再設置ですが、どうやら大掛かりな作業になりそう。

2台持ってきたんですが、どうも古い建物なので、エアコンを付ける事を考えられた造りじゃないらしく、壁に配管を通す穴をあけないと工事が出来ないみたいでした。

1台は通気口を利用して取付可能との話だったので、1台は設置する事にしました。

もう1台は、電気容量も足りないので業者と交渉し、買い取って貰う事になりました。

勿体ないかなと持ってきたエアコンでしたが、北海道じゃ2台も使わないと思うので。

結果、工事費が下がりお金が戻ってきました。

 

 

観光スポット巡りと誘惑に負けた週

 

北海道に戻り、このサイトを運営していく中で、観光スポットや美味しいものを紹介しようと思うのですが、フリー素材の写真で伝わらない本当に体験した実際の現場を表現するべく、サイトには、僕自身が撮った写真を載せるようにしています。

使用しているデジタルカメラは、FUJIFILM X70とNikon D5500。

関連記事

 

2台を持って観光地を巡っているうちに、もう少し欲が出てしまいました。

 

それがフルサイズ欲

 

もう少しセンサーサイズの大きなフルサイズ機で、北海道を写真に残したいという気持ちが、芽生えてしまったのです。

というわけで、Nikon D750を購入してしまいました。

 

dscf7500

 

関連記事

 

 

 

最後に

 

札幌という土地は、以前暮らしていた事もあるので、知り合いも多く、地元みたいな感じです。

住んでみなければわからない事もありますけど、実際に住んだ経験があって好きなんです。

手続きが面倒なので、もう札幌から他の地域へ移住する事は無いと思っています。

 

収入源の賃貸物件も札幌市にある物件なので、札幌で全てが済む計算です。

他にも北海道だけで完結する仕事や暮らせる方法はあると思いますが、個人的に選んだ道。

会社を早期退職(セミリタイア)し、自由な時間を北海道で過ごす。

それが、現実となったというだけです。

 

 

ただ、貧しいので、もうちょっと稼ごうかなって気持ちはあります。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。