札幌移住の関西出身男性から見た札幌の女性とは


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

大阪と札幌では、女性も雰囲気から違いますね。

こんにちは。あだじょぱです。

自分自身が男なので男性目線から女性に絞っての事になります。

ご了承願います。

そして、このブログを読んで下さっている男性読者の皆様、お待たせ致しました。

大阪の女性は、他の地域の男性から関西弁を話す事で人気が高いそうですが、地元の男性からすれば、いつか大阪のオバチャンになる存在です。

大阪のオバチャン予備軍と言っても過言ではありません。

同様にそれぞれの地元でも、地元以外の地域に魅力を感じる事があるのかもしれません。

 

もしかすると、移住を考える男性が移住先を決めるのに、将来の結婚なども想定して、理想の女性が居そうな場所を選ぶなんて人もいらっしゃるかもしれません。

そこで、今回はそんな札幌の女性が気になる皆さんに代わって、独断と偏見で意見を述べていこうと考えました。

乞うご期待!

 

 

大阪の女性と札幌の女性

 

札幌には20代の頃に移住し、10年以上暮らした経験と、再びアラフォーで戻って来たという事で比較的幅広い年齢層の女性と知り合ってきました。

それらの経験を基に書いてみようと思います。

 

 

大阪の女性とは

 

関西圏では、女性でも勿論関西弁を話します。

関西という括りは幅広くエリアによっては、少し違いがあり、キツさが増すこともあります。

女性の話す関西弁が良いと言う男性も多いのは事実ですが、それは他府県の男性からすると、新鮮な感じがするからでは無いかと思います。

いざ、結婚して関西弁で遙洋子さんや上沼恵美子さんのように、マシンガントークで捲し立てられたら、即離婚じゃないですか?

そこまで考えないで軽い気持ちなら、人気なのかもしれませんけど。

 

それに結婚して暫くすると、トラの顔の服を着るかもしれないです。

あんなのテレビでしか観ないと思ったら大間違いですからね!そこら辺にゴロゴロいます。

進撃の巨人に出てくる無垢の巨人みたいな感じです。

確かに、人情味溢れる関西人というのは、その通りだと思いますが、色々な覚悟を決めて挑む相手というイメージです。

因みに関西人の女性と離婚した経験がありますが、原因は全く別にありますので、関西の女性だからという事はありません。

 

 

札幌の女性とは

 

続いて札幌の女性ですが、ルックスから違います。色が白くて透き通ったような肌をしている方が多いです。

そして、のんびりとした感じで優しさを感じます。

若い20代くらいの人も綺麗な女性が多いですが、主婦層でも綺麗にされている方は多い印象。

更に高齢の年配者の女性も、上品である事が多いと思います。

 

方言は多少あるものの海に近い地方でなければ、殆ど標準語と変わらない感覚です。

海の方だと、時々何を話しているのかわからない外人さんのようなオジサンがいます。

全般的に色白な女性が多いので、綺麗に感じるのとのんびりした感じが魅力的なところです。

嫁には全くありませんが・・・。

これだけ綺麗な女性が多いというのは、ゲス不倫をしているのかもしれません。

日々の努力の賜物か、昼顔ですよ!生まれ育った環境によるものでしょうか。

 

 

移住で見つけるパートナー

 

男性諸君、どうでしたか?

北海道への移住も悪くないと思いませんか?

アイキャッチ画像で釣られた男性は、残念ですがアレはただのイメージです。

 

 

 まずは、出会う事

 

札幌へ移住しても何も行動しなければ、人との交流が出来ません。

交流が無いと知り合いも出来ません。

札幌で働くのであれば、社内で行われるイベントには、積極的に参加する事をオススメします。

数少ない交流の場になるので、その場で即知り合う事がなくても、何かの機会で役に立つような事もあるからです。

ただ、主婦と出会うような場は危険です。食われます。

美人な人妻の魅力ゲス不倫で、不適切な関係になってしまう可能性が無いとは、言い切れません。

大阪非モテ男が札幌へ移住したらモテるようになる?

2017.05.30

 

 

北海道観光の最高のプランニング

 

北海道は、冬になると凄く寒いので、この環境を利用しない手は無いと思います。

  • 距離を縮める
  • 屋内へ避難する
  • 温め合う

 

どうです?

最高のプランじゃないですか?

これぞ北海道旅行の最高プランニング!!

 

すみません。取り乱しました。

 

外出時に、1つのマフラーを一緒に巻くなどして、距離を縮めます。

そして、寒いからと屋内へ導きます。

 

屋内とは、わかりますよね?

 

そして、やる事は1つです!

「モテる男」と「嫌われる男」の習慣 (アスカビジネス)

 

 

最後に

 

関西弁は凄くクセが強くて好きな人は好きですが、「きつい」という事で嫌う人もいます。

一方で札幌の言葉は標準語に近いので馴染みやすいです。

時々、わからない方言があったりしますが、雰囲気でなんとなく理解できる事が多いです。

きつい言葉に慣れていた為か、物凄く優しく感じます。

実際、嫁に怒られても怖くないのですが、最近は悟られたのか関西弁で怒ってきます・・。

大阪のオバチャンは特殊な存在なので、そっちがええねん!と思われる人は、大阪で良いパートナーを見つけ、立派に尻に敷かれて下さい。

北海道の綺麗な女性は、大阪のオバチャンみたいにはならない筈です。

嫁は例外です。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。