北海道(札幌)移住を躊躇する人の背中を押す


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

北海道へ移住し、厳しい冬を越して良い季節になろうとしています。

こんにちは。あだじょぱです。

このあだじょぱこたんを訪問される方の多くが、検索で来られるのですが、

どうやら「北海道移住 後悔」というワードで

訪れる方も少なくないようです。

参考記事:北海道への移住で後悔してない?

 

おそらく北海道移住に興味があるけど不安材料もあるのかなと。

 

皆さんが、北海道移住で後悔していないかどうかの記事へ検索で訪れて下さるのは嬉しいのですが、反面、北海道への熱い気持ちが少しでも冷めてしまわないか心配です。

そこで今回は、北海道移住に興味のある方や、移住を躊躇している方の背中を押すような記事を書いてみようと思います。

 

 

不安要素とは?

 

 

まず、北海道移住への不安はなんでしょうか?

考えられる事を並べ、1つ1つ検討してみようと思います。

  • 北海道での仕事
  • 住まいと環境
  • 家族の問題
  • 食生活の変化
  • 新たな人間関係

 

大きく5つに分類してみました。各項目について更に細かく考えてみようと思います。

 

 

北海道での仕事

 

北海道は仕事が少ないんじゃないか?という疑問。

その回答は、「地域差がある」となります。

又、酪農や農業をお考えであれば、従業員として働くのか、事業主として働くのかでも変わってきます。

ですが1番の大きなポイントは、札幌とその他の地域では差が大きいという事です。

 

 

札幌の仕事

 

まずは、一般的なサラリーマンの話ですが、やはり札幌が1番仕事があります。

札幌以外の地域への移住を考えるのであれば、仕事は選べないかもしれません。

本州に本社を置く全国規模の企業に就職した場合は、転勤の可能性もあります。

道内企業であれば、北海道内で転勤があるかもしれませんが、北海道を出る事にはならないと思います。

しかし、道内企業は全国規模の会社に比べて賃金が低めの事が多いです。

 

近年では、全国企業でも働き方の改革を行っている所があり、地域限定社員として転勤無しで、北海道なら北海道で働き続けるような制度を導入している企業もあります。

基本的には大企業クラス以外なら、全国規模の企業でも北海道の拠点は札幌にだけ置いている事が多いので、札幌勤務になると思います。

ですので、そこまで仕事が無いという感じではありません。

札幌に移住して社畜として頑張って下さい!

 

 

札幌以外の仕事

 

次に札幌以外では、苫小牧、函館、旭川、帯広、北見、釧路あたりだと、何かしらの仕事が見つかりそうですが、札幌よりは少ないと思います。

港町であれば漁業、十勝であれば酪農、田舎で農業など、一般的な企業に勤めない仕事であれば地域ごとに需要はあります。

地域によっては移住者に対しての補助制度があるところも存在します。

又、観光客が多い土地柄、観光業などは多めです。

 

こうして考えると、やはり一般の人が働くのなら、無難なのは札幌周辺で働く事です。

札幌への移住であれば、仕事を辞めて移住したとしても、何らかの仕事に就く事は難しくは無い筈です。

但し、首都圏で勤めていた時と同じ業種で、札幌周辺で働くことになったとしても、気候などの環境の違いから同じように働けるとは限りません。

 

例えば、空調関連であれば本州は冷房重視かもしれませんが、北海道は暖房重視です。

本州では、エアコンがメインでも、北海道はストーブやボイラーがメイン。

そのような違いがある事は頭に入れておいた方が役に立つかと思います。

 

酪農や農業などを検討されるのであれば、仕事をする上での環境を考えて、地域を選べば良いと思います。

 

 

内勤や在宅ワーク

 

もし、内勤や在宅ワークで、稼ぐ環境の整った個人事業主や起業された方なら、外出が少ない分、寒さの影響を受けにくいので暮らしやすいと思います。

北海道で仕事をする場合に辛く感じるのは、冬の長距離運転や外出です。

札幌に拠点があっても取引先や顧客が北海道の各地にある場合、というか殆どそうだと思いますが、勤める部署によっては行く必要が出てきます。

冬の北海道では、なるべく車で出たくないというのが本音です。

特に地方は建物が少ないので、地吹雪になり易く視界が悪いので怖いです。

それこそ「北の国から」みたいです。

 

ですが、内勤や在宅ワークであれば、そういった心配が無い分、安心して暮らせます。

 

 

農業・酪農・漁業

 

このような仕事を検討されているのであれば、札幌よりも地方へ移住になると思います。

まずは、従業員として働いてみて資金を稼ぎ、自分の畑や牧場を持つという流れが一般的かと思いますが、それだけでも大変な事だと思います。

家族がいる場合は、家族を養うだけの収入も必要なので、急に会社を辞めてとなると、収入が激減して大変になるかもしれません。

リスクを理解した上で、挑むのは良いと思いますが、下調べなどは入念に行う事をオススメします。

そういう生活に憧れた時もありましたが、周りで挫折する人も多く、自分には無理だと思って諦めましたが、実際に移住して成功されている方がいるのも事実です。

要は、計画性と気持ちだと思います。

 

 

住まいと環境

 

 

住まいと環境も地域差があります。

札幌は首都圏などと比べて田舎ですが、北海道では1番の都会です。

その札幌ですら不便で暮らせないというのであれば、他の地域では暮らせないと思います。

車の免許が無いと札幌以外に住むのは辛いかもしれません。

夫婦であれば、奥さんも免許があり運転できた方が便利です。

 

北海道の環境は冬が厳しいという事がありますが、札幌でも自然が多くゴチャゴチャしていない適度な田舎なので、暮らしやすいです。

  • 外は寒いが屋内は暖かい
  • ほど良い田舎
  • 中心部に行けばなんとかなる
  • 子供たちの環境が良い
  • 食べ物が美味しい
  • なんかわからないけど好き

 

住んでみて感じる札幌の環境について5つ書いてみました。

 

 

外は寒いが屋内は暖かい

 

冬も確かに外は寒くて辛いですが、屋内は本州よりも暖かく過ごせます。

本州の冬の方が屋内でも寒い事があって厳しく感じました。

冬は、大阪だとコタツに入っても上半身が寒く上着を着たままの事もありましたが、札幌では薄着で充分なくらい暖かいです。

今の自宅マンションはセントラルヒーティングですが、真冬でも室内は28℃くらいあります。

因みに自宅マンションも中古ですが、本州の都会より安く購入出来ました。

無職が北海道に家を買ったよ

2016.08.22

 

真冬でも28℃あるので、暑いときは少し窓を開ける事もあるくらいです。

移住してわかった札幌の賃貸や分譲物件を探す時の注意ポイント

2016.10.02

 

外にさえ出なければ、最高の快適さです。

冬場は買い物もネットスーパーで済ませます。

【お得生活】お得なネットスーパーは北海道の冬でも安心【便利】

2017.05.25

 

外にさえ出る事が無ければ、本州より快適に過ごせます。

仕事でも、自宅と職場が地下鉄の駅から近い所にあれば、自宅から地下鉄に乗って出勤すれば、寒さの影響を受ける時間も少なくて済みます。

札幌に住むのは良いですよ~。

 

 

ほど良い田舎

 

自宅マンションから山が見えます。

市内の中心部から近い地下鉄駅の最寄に住んでいますが、山とか川とか公園が近いです。

それでいて、中心部の街にも近い。

ハッキリ言って田舎です。

ですが、これが丁度良いんですよ。奥さん!

大阪で暮らしていた頃や東京で働いていた頃は、何処へ行っても

人、人、人

車も多く渋滞していたりと、もう息が詰まる感じでした。

はい。札幌。

そんな事は全く感じません!

田舎です!

 

だからと言って歩いていたら、田んぼに落ちるなんて事はありません。

田舎だと車が無いと不便というより、無いと困るくらいですが、札幌だと無くても暮らすことは出来ます。

車は有った方が便利ですが、札幌には地下鉄が走っているので、冬も雪の影響を受けにくい地下鉄を利用すれば、問題ありません。

地下鉄の駅から近い所に住めば、それほど不便には感じないで済みます。

本当に、ほど良い田舎なんですよ。

 

 

中心部に行けばなんとかなる

 

札幌に住んでいて困った時は、とにかく中心部へ行きます。

札幌駅周辺からすすきの周辺までの中心部は、オフィスやショップが多く殆どの場合、必要な物が揃い、困った事も解消出来ます。

勿論、中心部だと地下鉄の駅があるので、地下鉄移動が可能です。

更に最近は再開発が始まり、もっと便利になる予定です。

コンパクトに生きるなら、札幌から出ないで生活するなんて方法も出来そうです。

イベントなども中心部にある大通公園が会場になる事が多いです。

飲食店も豊富なので、中心部に行けば殆ど困る事は無いと思います。

移住して困ったら中心部へ行きましょう。

 

 

子供たちの環境が良い

 

各地を転勤していましたが、子供たちの意見を聞いた時に、札幌が1番だと答えます。

それは、学校の生徒の雰囲気や環境、そして喘息気味だったのが、札幌では出なくなった事などが理由らしいです。

札幌以外では、学校と自宅の距離が近かったのに、札幌では少し距離があって通学が大変になってしまった筈なんですが、それでも札幌が1番との事でした。

授業などでも騒がしい事は少ないらしく、授業が楽しいと言っています。

札幌は転勤で移住する人も多いので、転入生や転校生も多くいるので、転入生だからと目立つ感じでは無さそうでした。

病院などの医療機関も結構あるので困った事はありません。

 

 

食べ物が美味しい

 

コレはイチオシです。食べ物というか素材が美味しい。

野菜でも魚でも肉でも豆でも北海道産の食材を味わって下さい。絶品です。

この食材に胃袋を掴まれたら、もう北海道から離れられなくなります。

北海道のスーパーでも他府県の食材は売られていますが、我が家は北海道産に拘って食材を調達しています。

こだわりの食卓なのです。

多少料理が下手くそ主婦の方でも、北海道で北海道産の食材を使えば、

 

旦那さん胃袋ハート

鷲掴みです!

 

料理が下手な奥さん(失礼)、料理教室へ通うより北海道に住みましょう!

 

 

その他

 

少しだけ補足しておきます。

北海道には梅雨がありません。正確には蝦夷梅雨と呼ばれるものがあり、梅雨とは区別されています。

本州のようなジメジメはありません。

札幌に住むと大型連休じゃなくても普通の週末に、北海道内の温泉地や観光地へ旅行が出来ます。

大型連休だと混雑もありますし、なにより価格設定が高いんです。

それが、安くなる時期などを狙って温泉旅館へ行く事も容易になるのでお得なんですよ。

やっぱり札幌への移住は魅力がいっぱいですね~。

 

 

家族の問題

 

 

家庭を持つ身での移住は、自分ひとりの問題ではありません。

家族が納得してくれないと家庭が崩壊する可能性だってあります。

それに親とも離れる事になるので、何かあった場合の帰省には時間も費用も掛かります。

事前に予定が組める場合は、格安航空券などを使って帰省する事も出来ますが、緊急の場合はそうもいきません。

この親の事も絡んで移住に反対される事もあるかもしれません。

あとは、子供たちが仲の良い友達と離れる事になります。

家族がいると、移住するのに障害が沢山あります。

しかし、こればかりは他人が口を挟めるような事では無いので、ご自身で説得するしかありません。

というワケで応援だけしておきます!

 

頑張ってー!

 

 

食生活の変化

 

札幌に移住してスーパーへ行くと本州とは売られている食材も少し違います。

大阪から移住すると美味しいたこ焼きは簡単に手に入りません。

美味しいお好み焼きも簡単に手に入りません。

その代わり、美味しい野菜や魚が豊富に手に入ります。

ですが、知らない魚だと最初は戸惑うかもしれません。食べ方もわからないですよね。

人が美味しいと言っていても、自分が美味しいと感じるかどうかは、食べてみないとわかりません。

そういう事も結構ありました。

 

ですが、全般的に素材自体が美味しいので加工しても美味しい事の方が多いです。

素材に助けられる部分は大きいです。

知らない魚でも、取り敢えず焼けば美味しいという感じです。

そんな北海道、最高です。

 

 

新たな人間関係

 

 

職場などで人と知り合う機会はあると思います。

移住するとなると、それまでの繋がりが薄くなる上に、新しい人間関係をゼロから築かなければならないという問題があります。

ですが、安心してください。

何処へ行っても、好き嫌いはありますし、相性は住んでいる地域によるものより、人の性格によるところが大きいと思います。

何処へ行っても嫌われる人は嫌われますし、好かれる人は好かれます。

嫌われる事が多いのであれば、自分を変えるしかありません。

誰とも仲良くしないで孤独に生きるのが好きという人なら、そのまま貫けば良いと思いますけど、冬とか大丈夫かな?

結局、人間関係において、北海道だからという事で心配する必要は何もありません。

良い人が多いという印象です。

 

 

最後に

 

北海道への移住なら札幌が無難でオススメです。

札幌なら仕事も探せば見つかると思います。

札幌以外だと難易度が上がります。

環境の変化は悪い事ばかりではありません。良い事もあります。

とにかく食べ物が美味しいです。北海道産LOVEです。

家族の説得は頑張って下さい。助けられません。

 

いやぁ~、北海道は最高だなぁ~

綺麗な女性が多いんだよなぁ~

おしまい。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。