北海道移住で購入するならどんな車がオススメなのか?


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

それは、Audi Quattro(アウディ・クワトロ)です。(画像はテキトー)

こんにちは。あだじょぱです。

北海道では、Audiの人気が高いように思います。

これから北海道で車を購入するのなら、やはりAudiが良いんじゃないでしょうか?

Audiに乗っていれば、取り敢えずセレブ感も漂いますし、北海道で乗るなら、Quattroは4WDですから、人気も高くオススメです。

お値段は、新車であれば、500万円くらいから。

という事で、オススメはAudi Quattroでした。

 

 

って、そんな高級外車じゃねーんだよ!

庶民的なオススメは無いのかよ-!

 

と思った皆さん、そうですよね。僕も庶民的国産車に乗っています。

では、独断と偏見で選ぶ庶民的国産車のオススメを選んでみましょう!

 

 

北海道で乗るなら

 

 

普段は、気に入った車種を購入するだけだけど、北海道だと冬場はスケートリンクのような凍結道路を走るから不安で、なるべく安全に走れる車を選びたいなど、北海道で車を所有する場合は心配も多いですよね。

運転技術があれば、どんな車でも走れない事はありませんが、なるべく無難な車を選びたいものです。

安い買い物じゃないので、これから北海道で乗る事になる車選びですから、じっくり考えて購入したいですよね。

 

 

駆動方式で選ぶ

 

まず、車には駆動方式があるので、駆動方式で考えてみます。

  1. FF車(前輪駆動)
  2. 4WD(四輪駆動)
  3. FR車(後輪駆動)

 

大きく分けて3つのタイプがありますが、この中では、FR車のみオススメから外れます。

後輪駆動車の場合は、後方に荷物などを積んでいない場合は、エンジンを搭載した部分が駆動する前輪駆動車に比べ、駆動部が軽く凍結路面での空転の確率が高くなります

そして、舵取りの車輪が駆動しないのも厄介です。

乗れない事は無いのですが、コツが必要ですし坂道を登れずに立ち往生しているFR車も多く見かけます。

一般的には避けられる事が多い駆動方式だと言えます。

 

FF車は、北海道でも多く走っている駆動方式です。

確かに滑る事もあって停車時からの発進で、もたつく事もありますが滑ってもハンドル操作で何とかなるのが救いです。

4WD車は、北海道だと人気の高い駆動方式ですが、滑らないワケではありません

過信すれば、どんな駆動方式であっても事故に繋がります。

それは、勘違いしてはいけません。

4WDにも、前輪駆動と四輪駆動を切替えるパートタイムや、常に四輪駆動で走行するフルタイムがあります。

最近では、四駆モードに設定しても、普段は前輪駆動で走行していて、悪路になるとオートで四駆へ切り替わるタイプが多いみたいです。

 

ですので、FF車か四輪駆動であれば問題無いと思います。

四輪駆動の方が、少しくらいのシャーベット状の積雪悪路でもパワーで脱出が出来たりという点もありますが、車体価格はFF車よりも高くなります。

 

 

タイプ・モデルで選ぶ

 

好みのグラビアモデルを自分のタイプで選ぶような感じです。

車には、セダン、クーペ、SUV、ミニバンなどのタイプが色々あります。

では、どのタイプが無難なのかと言うと、どれでも良いので好きなのを選びましょう。

家族が多いのでミニバンを選ぶという人もいるでしょうし、スポーツタイプが良いという人もいるでしょうから、好きなタイプを選べば良いのです。

但し、前述したように駆動方式による違いが影響するので、併せて確認は必要です。

悪路走行ならSUVが安心感もありますが、最近のSUVは街乗り仕様なので、一般的な普通車と大差は無いかもしれません。

 

特にスポーツカーは、北海道の冬は不向きな車種があります。

FR車は、前述の通りですが、スポーツタイプは車高が低くエアロパーツが装飾されたものが多いので、冬の悪路走行で損傷する可能性も高いのです。

冬場の積雪と路面凍結によって、コンビニなどと車道の間に大きな段差が出来る事が多く、その段差で損傷させてしまう人もいます。

普通の車でもエアロパーツによっては、同じ事が言えるので注意が必要です。

 

 

ハイブリッドは4駆じゃなきゃダメ?

 

近年では、ハイブリッドの人気も高くなっています。

最近では、ハイブリッドでも四駆車が登場してきましたが、四駆じゃ無いハイブリッドが多いですよね。

中古でプリウスのようなハイブリッドを購入するのを迷う方もいるかと思います。

結論から言うと、普通にFF車に乗るのと同じ感覚で購入して問題は無いと思います。

但し、ハイブリッド四駆はガソリン車との燃費の差で、本当に得なのかをよく確認した方が良いかもしれないですね。

ハイブリッド車はガソリン車と比べて車両価格が高くなるので、走行距離が多い人なら良いと思いますが、ちょっと街乗り程度であれば差が無いかもしれません。

それであれば、燃費の良くなった四輪駆動車をオススメしたいところです。

 

 

軽自動車はダメなのか?

 

北海道へ移住して1番良く受ける質問です。

いやいや、北海道でも軽自動車は沢山走ってますから、全然問題ありません。

本州のような狭いスペースが少ないので、軽自動車に乗らない人も多いですが、軽自動車でも四駆はありますし、人気は高いと思います。

セカンドカーとして所有している家庭も多いです。

旦那さんが仕事で車を使い、普段の買い物で奥さんが軽自動車に乗るケースです。

札幌市内でも近くに公共交通手段の無い住宅街は多くありますから、自家用車を所有している家庭は多く、特に買い物などは荷物になりますから、車の利用が増える要因になります。

ちょっと出かけるのなら、軽自動車の方が良いかも。

因みに、軽自動車の中では、軽トラが好きです。

 

 

寒冷地仕様

 

一部モデルには寒冷地仕様というものがあります。

僕の車は寒冷地仕様という選択肢が無く、ディーラーに尋ねたところ最初から寒冷地でも問題無い仕様との事でした。

寒冷地仕様じゃなければならないという事は無いので、例えば転勤で札幌に住む事になったけど車が寒冷地仕様じゃ無いという場合でも、全然、大丈夫という事です。

但し、冬になる頃にはウォッシャー液などは、北海道で販売されている氷点下でも凍らないタイプに交換しておくなどの対策は必要です。

オイル類なども、寒くても劣化しないようなタイプが望ましいです。

 

あと、オプションでエンジンスターターというのがあります。

これは、冬場に凄く役に立つ機能で、車に乗る前にリモコンでエンジンを始動させる機能です。

冬場に青空駐車場に長時間停めておくと、フロントガラスに積もった雪が凍りついて取れなくなっている事も多く、すぐに発進出来ない時があります。

事前にエンジンを始動させる事で、乗る頃にはフロントガラスに積もっていた凍った雪が融け、すぐに発進出来る上、車内も暖房で暖まっているという有り難い機能。

しかし、アイドリングストップに反する機能なので、アイドリングストップを搭載した車だとオプションで付けるのはムリかもしれません。

でも、これが無いと本当に大変なんですよ。

 

 

安全装備

 

各自動車メーカーが技術を結集して様々な安全装備を開発、搭載していますが、北海道は雪が降り積もる環境ゆえ、センサー類は誤作動しやすい傾向にあります。

安全装備が搭載されているからと油断していると危ないかもしれません。

もちろん夏は雪の影響を受けませんが、装備をオプションで選択する際は、購入する前に考えて費用対効果で決めるのが良いと思います。

四駆にしろ、安全装備にしろ絶対では無いという事です。

 

 

まとめ

 

これから北海道で車を購入するならという事で、

色々と勝手な意見を述べましたが、オススメはAudi Quattroです。

札幌への移住なら、Audi Quattroに乗って、自宅は円山周辺に購入すれば、セレブ気分です。

AudiがダメならBMWとかMercedesも人気があります。

 

四輪駆動かFF(前輪駆動)であれば、軽自動車だろうが普通に乗れます。

但し、エアロパーツには注意が必要で、冬の段差で破損する可能性があります。

駆動方式さえ注意すれば、殆ど問題無いと思います。

それよりも、滑る時は滑るという事が重要で、絶対滑らない車なんてありません。

スタッドレスで四駆だったとしても滑る時は滑ります。

スピードを出さずに安全運転であれば、どんな車でも乗れますよ。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。