祝!北海道へ移住して1年になりました


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

気がつけば、大阪から北海道の札幌へ移住して1年になっていました。

こんにちは。あだじょぱです。

昨年、北海道に連続で台風が上陸し、道内各地で大きな被害が出た直後に札幌へ上陸し、台風の影響で引越しの荷物が遅れた事を思い出しながら、涙を拭っています。

移住当初は、

 

ヽ(^▽^)ノ やっほー♪ 着いたら、遊んでやるー

 

なんて思っていたら、引越しの荷物が届かず布団すら無い・・・。

気温が上昇しているのに、カーテンが無い・・・。

 

暑い〜 

_バタン…⊂⌒~⊃。Д。)⊃__

 

その上、引越し後の手続きや開梱作業で忙しく、そこまで自由を満喫できませんでした。

毎日、役所へ行ったり、ダンボールを片付けたりを頑張って、

 

ヽ(^▽^)ノ やっほー♪ 今度こそ、遊んでやるー

 

と思ったら、もう寒い時期がやってきた感じでした。

 

え・・ 寒い・・

_バタン…⊂⌒~⊃。Д。)⊃__

 

寒くて過酷な冬も経験し、夏の良い時期も過ごしましたが、やはり北海道最高だなと思います。

家族と揃って食べる食卓には、北海道の新鮮で美味しい食材が並び、晴れた日には、嫁と二人で少し遠くまでドライブするという充実した生活。

そんな毎日を送っています。

 

 

北海道移住後の仕事と収入

 

北海道へ移住するまでは、ごく普通のサラリーマンとして企業に属し、会社からの給料が収入でした。

ちょっと恰幅の良いお腹の出たオジサンたちとの飲み会も多かったあの頃。

 

(=´ω`)_з トオイメ…

 

サラリーマンを辞めた今の収入は、北海道で購入した不動産による収入。

普段の生活は、サラリーマン時代より少し節約を心がけていますが、大きな変化はありません。

子供が大きくなってきて、勉強に専念するようになったので、一緒に出かける機会が減り、旅行などに行かなくなった分、出費は減っています。

 

考え方は、それぞれのご家庭によって違うと思いますが、我が家は基本、仕事<家庭 という考え。

会社を辞めた事で、自由な時間が出来るのですから、家族との距離が縮まります。

食卓を囲んでの子供たちとの会話もサラリーマンでは出来なかった事ですし、塾への送迎の時に車内で話す時間も楽しく過ごせます。

娘にはSNOWというスマホアプリで撮影、画像加工され、どこかへ画像を送られました

 

どこへ? 

((((;´・ω・`)))

 

いつしか、子供たちは離れていくのだと思っていますけど、それまでに教えられる事は教えたいですね。

 

ブログでの収入はサッパリですw

お小遣いくらいにならないかな?と始めましたが、簡単じゃ無いですね。

それでもブログを書き始めると、これが結構面白くなってきて、楽しんで書いていますよ。

でもね、好きな事でお金を稼ぐのも夢のある話で素敵だと思うけど、その事に嵌り過ぎて、家庭が上手く行かなくなるなら、それって本当に良いのかな?なんて思うような事もあります。

家族が笑って暮らせる友達みたいな家庭が理想なんですよ。

 

 

夏は最高すぎた

 

昨年は、夏の良い時期が過ぎてからの移住生活スタートだったんで、良い時期を北海道で過ごしていませんでした。

そこで今年は、絶対に満喫してやる!なんて考えていたんです。

夏といえば、水着の季節!

男のロマンですからね!

そしたら夏前から酷い雨の日の多いこと。6月は雨の降らない日が少なかったです。

迎えた7月、気温も急上昇で日本全国でも最高気温がトップに輝く日もあった北海道。

暑過ぎ。

いきなり真夏がやってきたような気候でしたが、青空が広がり、緑の山々に綺麗な花が咲く時期の到来に我慢が出来ず、ドライブに出かける事も数回。

よく使ったなぁ。ガソリン。

だって1回の外出で走る距離が 600km とかですからね。

我が家の高燃費SUVでは、そりゃガソリンも相当な金額かかりますよ。

北海道は、広い上に観光スポットが豊富ですからね〜。

 

お気に入りの曲を聴きながら、大自然の中にまっすぐ伸びる道路を走り、車内には嫁と二人、しょうもない事で口論になる事もありましたが、美味しいレストランの料理でストレスが解消され、結果オーライなドライブを満喫していました。

しかも出かけるのは、嫁と二人なので平日の混雑が少ない時を狙えます。

夏休み中に子供を連れて出かける事もありました。

さすがに夏休み中は、平日だろうが普段よりも混雑していましたけど、自分一人で出かけるのと違って、家族の都合を合わせないとならず、全員揃って出かけたかったんで頑張りました。

正直なところ、ナイトプールは羨ましいですが・・

 

 

夫婦もお互いの時間を持つ

 

ドライブとなると嫁も行きたがりますけど、普段の生活については、お互い違うリズムがあるので、別々の事をやっています。

ギターを弾いて過ごしたり、ブログを書いたりするのは、一人の時間です。

嫁も読書や、好きな事をやって過ごす時間を持っています。

この時間も結構大事だと思っていて、趣味が同じでは無い夫婦なので、邪魔されたく無い事ってあるじゃ無いですか?

もちろん、SNSで知り合った人と二人きりで遊んで、その様子をアップしたりしたりとか、なんでもブログの記事として赤裸々に投下するつもりも無いので、子供たちには配慮しつつ、プライベートを過ごしています。

個人的に、赤裸々に書くのは面白く、アクセスを稼ぐ手段になるかもしれませんけど、我が家は独身じゃ無いし、家族がいる身分であれば、家族への配慮って大事だと思ってます。

節度ってやつ。

勝手なリミッターカットは、崩壊を招くと思われます。

 

家事などは、家族全員参加型なので、嫁が司令塔ですが、誰が何をするという役割分担みたいなのは特に決まっていなくて、それぞれに指示が飛んでくるので対応してます。

不動産収入があるので、物件管理自体は業者に委託していますが、時々の状況確認と清掃作業には夫婦で行く事も多く、二人で協力して頑張ってます。

 

こうして考えてみると、サラリーマンの頃の方が夫婦喧嘩が多かった気がしますね。

自宅に仕事は持ち帰らないなんて、なんだかんだ言っても、実際はストレスが蓄積されていて、そのストレスを持ち帰っていたんだと思います。

よく、嫁がキレて、しばかれてました。

 

 

限りある時間をどう使うか?

 

サラリーマンを辞める時によく出る話ですが、限りある時間を会社に使うより、自由に使いたいというような事です。

確かに会社を辞めて時間は出来ました。

そして、北海道では大阪で暮らしていた頃よりも時間の流れが穏やかな気がしています。

サラリーマン時代も東京や大阪、それに北海道で勤務しましたが、北海道はのんびりしている感じ。

時間も寝ているだけとか、無駄に過ごす事も出来ますけど、なんか勿体無いですよね。

会社を辞めて出来た時間は、家族との時間に変わりましたし、その為に辞めたようなもんですから、この時間を圧迫してまで儲けようとは思わない感じです。

 

折角、北海道へ移住したのだから、趣味を楽しみつつ、北海道の自然が豊かな風景、観光スポットを満喫し、美味しい食べ物を味わうというのが、最高の時間の使い方だと思っています。

そこに家族がいれば、それはもう最高じゃないですか?

ナイトプールがあれば、もっと幸せなんですけどね

 

 

最後に

 

なんだかんだと書きましたが、家族との時間は大事にしようと思います。

ただ、嫁や僕自身に好きな人が出来たなら、それは離婚もありえる話です。

夫婦なんてどうなるかは、わかりません。

いきなり熟年離婚する夫婦も多いくらいですから、明日は我が身かもしれないです。

それでも今は、折角出来た時間と新しい環境とで、楽しい事を実践する事が出来るのですから、今まで出来なかった事や、子供との対話には力を入れたいと思います。

大阪と比べても大きな環境の変化ですが、以前暮らしていた事もあり、マイナス面に感じるような場面は殆どありません。

この先も、北海道を満喫しながら暮らして行きたいと思います。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。