札幌移住で考える保育園や幼稚園に関すること


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

移住では、子供の保育園や幼稚園に関して、不安を持つお母さんも多いのではないでしょうか?

こんにちは。あだじょぱです。

現代の日本では、待機児童問題が大きな社会問題となっています。

家族での転勤や本格的な移住では、子供を保育園や幼稚園へ預ける必要のあるご家庭もあると思います。

本州とは、少し環境も違いますし、親としては不安もある筈。

そこで、現時点での札幌市内の保育園と幼稚園について調べた事をまとめてみました。

 

 

保育園と幼稚園の違い

 

まず、大前提として、ご存知かとは思いますが、保育園と幼稚園の違いについて説明しておきます。

 

 

  • 保育園 0歳児〜1歳児くらいから入園が可能な児童福祉施設です。給食もあり、朝早い時間帯から夕方まで預ける事が出来ます。
  • 幼稚園 3歳から入園が可能な教育施設で、給食は任意となり、預かってもらえる時間も4時間程度が標準となっています。

どちらも小学校入学前まで預ける事が出来ますが、幼い子供を育てる環境は、若い夫婦に多いので、経済的な問題から夫婦共働きも多く、保育園が人気となっています。

又、2015年からスタートした子ども・子育て支援新制度により、認定こども園という保育園と幼稚園の合体したような施設も新設されています。

 

 

札幌市の保育園について

 

日本で話題の待機児童問題は、残念ながら札幌でも現時点では同様の事が言える状況です。

札幌市の公式発表によると待機児童は年々減少傾向という事ですが、その集計方法に問題があって、市内に住んでいると、そんな風には感じません。

0歳児〜1歳児では、札幌市内の認可保育園も空きは殆ど無いので、即入園できる可能性は低いです。

住宅街で地下鉄など交通の便が比較的良い場所ほど空きは無く、少し不便な車が必須だというくらいの地域であれば、一部空きがあると言った状況。

ですので、転勤などで移住する場合は、事前に問い合わせたとしても、待機児童となる可能性があります。

 

 

保育園の種類

 

保育園には、認可保育園と認可外の保育園があります。

 

 

  • 認可保育園 国の定める基準をクリアした施設で、大きな補助金がある為、保育料は安め。
  • 認可外保育園 都道府県への申請済みだが、国の認可を受けていない。民間の為、設備が充実している事も多く、保育料は高め。

 

 

 

保育園への申し込み

 

通常、保育園の入園は前年の秋頃から入園願書の配布や受付がスタートします。

ですが転勤者の場合は、途中入園の可能性もありますので、別途申請をする必要があります。

そんな場合の保育園への申し込みは、入園時期の2ヶ月前から受付ていますので、早めに行動するなら、最低でも移住の2ヶ月前から申し込めるように動く必要があります。

ご家庭によって事情はあると思いますが、職場への通勤優先で住まいを決めるか、それとも幼稚園の空き状況で住まいを決めるかの選択になるかもしれません。

後者の場合は、少し不便な場所になってしまう可能性が高いですが・・。

 

札幌市では、住民票のある区外への入園も可能なので、最悪の場合は隣接する区内で保育園を探す事になるケースも考えられます。

空き状況は、不便な地域の小規模保育ほど空いている可能性が高くなる傾向です。

認可保育園は自治体に申し込みますが、認可外の場合は直接その施設へ申し込みを行います。

認可外であっても人気の施設があり、順番待ちになる事もあります。

 

 

入園と点数

 

そもそも、保育園に入る際には、点数というのが存在します。

この点数が高いほど優先的に保育園に入園する事ができ、低いほど順番が後回しとなります。

点数には、基準点数と調整点数と呼ばれるものがあり、各地域によって設定された項目に基づき点数が決められるシステムです。

 

 

  • 基準点数 家庭の状況を点数で表します。
  • 調整点数 更に細かい単位で家庭状況を点数化します。

 

 

一般的には収入が低い家庭ほど基準点数が高くなり、更に細かい家庭事情によって調整点が決まります。

 

もし認可保育園に入園できなかった場合は、待機する事になりますが、待機中の中でも点数が高い方が優先順位も高くなります。

そこで、認可外保育園と認められた保育園に通わせていれば、点数が加点されるので、預けないで待機するよりは預けた方が有利になります。

小規模保育へ通わせて保育明けになると加算点数が大きいので、敢えて小規模保育へ通わせるご家庭もあるようです。

 

 

札幌市の幼稚園について

 

幼稚園は、保育園と違い教育施設という扱いです。

小学校以上の学校と同じように、公立の幼稚園と私立の幼稚園があります。

経済的な問題から保育園に通わせたい共働きの世帯が多いと思いますが、少し経済的に余裕があり、幼稚園に通わせるというご家庭もあるかと思います。

我が家の場合は、1度目の移住後に子供が誕生しましたが、当時でも保育園に空きがなく、貧しいながらも嫁は仕事を辞めて子育てに専念し、幼稚園から通わせていました。

このように家庭によって事情は様々だと思いますが、小学校へ入学前の準備として保育園か幼稚園に通わせたいのは同じだと思います。

他の地域と同様に、公立の施設と私立の施設があり、それぞれ特徴があります。

 

 

  • 公立幼稚園 自治体が運営、通園バスの無い場合が多い。料金は安め。
  • 私立幼稚園 学校法人などで運営、通園バス有りが多い。オプションで習い事など。料金は高め。

 

 

通園にバスがあるか無いかは、仕事や時間を考えると大きな違いでもありますが、私立の料金は公立の2倍以上と言われますので、経済的な面も検討材料になると思います。

私立では、通常の保育時間後に、料金は別途必要になりますが、オプションで別の習い事などを実施している施設もあります。

 

 

札幌市の認定こども園

 

新制度で新たに出来た認定こども園ですが、幾つかの種類に分類されます。

      • 幼保連携型
      • 幼稚園型
      • 保育所型
      • 地方裁量型
    •  

       

      幼保連携型

       

      幼稚園的機能と保育園的機能の両方の機能をあわせ持つ1つの施設。

       

       

      幼稚園型

       

      認可幼稚園が、保育が必要な子どものための保育時間を確保するなど、保育園的な機能を追加した1つの施設。

       

       

      保育所型

       

      認可保育園が、保育が必要な子ども以外の子どもも受け入れるなど、幼稚園的な機能を追加した1つの施設。

       

       

      地方裁量型

       

      幼稚園・保育園いずれの認可もない地域の教育・保育施設が、認定こども園として必要な機能を果たす施設。

       

       

       

      札幌移住で大きな問題は通園環境

       

      何度も言いますが、転勤などによる家族での移住では、以前までと環境が変わるもの。

      特に札幌は、市内であっても北区の端から南区の端までを結ぶような便利な鉄道もありません。

      交通機関の発達は、まだまだと言えます。

      そんな環境で、本州であれば、保育園や幼稚園への送迎は自転車を利用する方も多いと思いますが、ご存知のように札幌市内は雪が降り積もり、とても自転車に乗れない時期が存在します。

      その期間は、結構長いんです。

       

      待機児童などの関係で自宅のある区外の保育施設へ通園する場合、交通機関の事も考えなければならないのです。

      雪が無い時期にベビーカーや自転車で通園出来たとしても、ベビーカーや自転車が使えない積雪の時期になると別の移動手段を利用しなければならないのです。

      自宅と施設までの間に、バスなどがあれば良いですが、住宅街の交通機関が殆どないような場所だと移動するのも大変になります。

      移住の際には、その辺りの事も考えて住む場所を決めた方が良いと思います。

      寒い中、長時間も子供を歩かせたりするのは過酷です。

       

       

      札幌の保育園・幼稚園に関する関連情報

       

      札幌市内の保育園や幼稚園、及び子育てに関連する情報についてリンクを貼っておきます。

       

      札幌市のこども未来局が運営するサイトです。

      札幌市の保育施設一覧や、子育てに役立つ情報があるので、困った時は役に立つサイト。

       

      札幌市の私立幼稚園に関するサイトです。

       

       

       

      まとめ

       

      保育施設の待機児童問題について、札幌は田舎だから大丈夫と思っている人もいるかもしれませんが、中途半端な田舎なので大丈夫と言い切れない現状です。

      子供が生まれたばかりの頃は、親も若い事が多いので、経済的にも厳しいという環境が殆ど。

      保育園に通わせて、夫婦共働きがしたいと考えるご家庭も多いので、移住で途中入園となれば、少し不利な部分は否めません。

      親が自家用車などで送迎できれば、自宅から少し離れた施設でも冬の通園も問題ありませんが、車が使えない場合は、近くの施設か私立の幼稚園が便利です。

      保育園や幼稚園からは、その後も付き合い続けるような友達が出来たりするので、子供にとっても大事な時期だと思います。

      大変な時期だとは思いますが、参考にして頂ければと思います。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。