札幌移住後は色んなスーパーを利用


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

札幌へ移住してからの暮らしでも食料品の購入は不可欠。

こんにちは。あだじょぱです。

どこへ移住しても同じコトが言えると思いますが、暮らしていくからには食べ物が必要になります。

そして、食料品を購入するのは自宅近辺のスーパーが最も利用頻度が高い筈です。

商品の品質や価格で遠いところまで買い物へ行く場合もあるかもしれませんが、東京のような大都会なら、そこまでして行く価値があっても、札幌くらいであれば、そこまでして遠くまで行くメリットは感じないです。

だって、どこでも北海道産の立派な食材が買えるのですから。

 

 

札幌のスーパーで食料品を買う

 

それでも、移住してからは品揃えなどが気になり、色んなスーパーで買い物をするようになりました。

ただ、スーパーの名前が違っていても経営している母体企業が同じで、実はグループ企業だったなんてオチも沢山あります。

マックスバリューとイオンみたいな。

 

 

北海道産が好き

 

札幌だとアークスグループのスーパーが多いという印象です。

市内でよく見かけるラルズ系のスーパー。

せっかく北海道に移住したんだから北海道産の食材を購入したい。

なんて思うんです。

でも実際のところ、イオンやイトーヨーカドー系も含め、どこのスーパーでも北海道産の食材を豊富に取扱っているので、あのスーパーじゃなきゃ駄目!みたいな感覚は全くありません。

 

それなら色々なスーパーへ足を運ばなくても良いんじゃない?

って話なんですが、微妙に品揃えは違っているので、そんな品揃えを確認するだけでも結構新鮮な気持ちになれます。

 

当然ですが、他府県産の食材も売られています。

コダワリが無ければ他府県産の食材の方が安い物も多いですが、それでも北海道産に拘りたいという嫁の要望で購入する食材は殆ど北海道産という徹底ぶり。

 

 

スーパーの雰囲気

 

スーパー自体は、どこにでもあるような感じですが、少し規模は大きい感じがします。

中心部から少し離れるにつれ駐車場も広くなるような。

レジは進化しているところもありますね。

セルフレジは、結構普及してきたように思います。

セルフレジでもバーコードで店員さんが全ての商品をチェックし、最後の生産だけをマシンで行うタイプもありました。

 

 

北海道産への情熱

 

主食の米から魚に肉類、野菜の全てで北海道産を選択する嫁。

海外産や国内の他府県産も同じように並んでいるんですが購入しているのを見たことがありません。

 

惣菜コーナーも勿論ありますが、産地や加工工場の所在地まで確認する徹底ぶりを発揮して、北海道の物に拘っている様子です。

特に子供達に食べさせるものは北海道産にしたいのだとか。

 

 

移住前と移住後の食の違い

 

北海道と大阪では、その距離だけでも1,000km以上も離れています。

そのくらい離れた土地だとスーパーに並ぶ食材にも違いがあります。

大阪では肉と言えば牛肉を食べる機会が多かったのですが、札幌へ移住後は豚肉と鶏肉を食べることが多くなりました。

ラムはそれほど食べません。

 

そして魚は、新鮮な魚が容易に入手できるので、刺身なんかも食べる機会が増えました。

魚は毎年同じように漁れるとは限らないので、その年によって価格差があるのは確かですが、その時々で比較的入手しやすい価格のものを買っても本州で買うよりは、断然お買い得です。

 

刺身以外でも普通に魚が美味しいというのも嬉しいですね。

直近では、北海道産のししゃもを食べました。

焼酎や日本酒があれば最高です。

 

最後に

 

近くのスーパーだけ行くのが勿体無いと感じるくらいスーパーに行くのも楽しくなっているこの頃。

関西では見かけないような魚や貝を見ただけでも面白く感じますが、実際に購入して味を確かめると美味しいことが多いので、楽しみになります。

 

衝動買いで買いすぎると、保存出来ないようなものを急いで消費することになるので、嫁に怒られます。

さて、次回は何を買おうかな。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。