セミリタイアして動物と暮らす生活が完全にヤバイ感じ


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

無職なのに動物に囲まれて暮らしています。

こんにちは。あだじょぱです。

一人暮らしをしていると動物を飼いたくなる人は多いかもしれません。

ですが、我が家の場合、家族四人で暮らしている上、お父さんが無職という状態。

それなのにペットとして小動物が増え、気がつけばデグー、チンチラ、ウサギ、そしてフェレットと草食系から肉食系まで小動物が集まる結果に・・。

草食系の小動物は世話がラクとは言いますが、これだけ集合すると結構大変な毎日になってしまいました。

 

 

無職のおじさんのペット飼育生活

 

どうも。無職です。

ええ。自慢できる事じゃありません。

社会不適合者と呼ばれても仕方ないくらいです。

そんなオジサンがペットを飼って生活していると聞くと、かなりの方が、

 

キモイ!

 

と思われるのでは無いでしょうか?

そこで、そんな意見を払拭すべく生活の様子を書いてみようと思います。

 

 

早起きして世話をする規則正しい生活

 

ペットと暮らすようになってから毎朝同じ時間に起きるようになりました。

そんなの普通だろ!なんて思いました?

それが、セミリタイアしてしまうと気が緩むと言うか、特に早起きする理由が無くて、毎朝、起きたい時に起きる生活になっていたんです。

もちろん、サラリーマン時代は仕事の使命感もあって、毎朝、決まった時間に起きていましたけどね。

 

ペットを飼うことで、仕事の代わりに世話をする使命感が芽生えました。

今飼っているペットですが、チンチラ以外は人間の生活に適応しているので、朝起きてから活動が活発になり、夜には寝る感じの生活リズムです。

ですから、朝起きた時点で朝食の餌を与えなければなりません。

 

そしてデグーもウサギもフェレットも朝早くから起きているので、飼い主としても早めに起きて、お腹を空かせたペット達に餌を与えなければならないのです。

セミリタイアして不規則だった生活が規則正しくなったのです。

 

 

掃除に気合が入る毎日

 

動物たちも餌や糞尿でケージ内を汚したい放題のクセに清潔に保たないと病気になってしまう厄介なところがあります。

特にトイレを決まったところで出来ないデグーは、1日でも相当な汚さになります。

 

更に主食として与えている牧草のチモシーも好みがあるのか選んで食べている様子で、気に入らないチモシーは、ポイ捨て状態。

ケージの床は金網状になっている物を使用しているので、床底がチモシーと糞で大変な事になっていくんです。

このケージの清掃は、毎日行わないと床底の引き出しが出てこないくらいになります。

 

朝のうちにケージを清掃し、朝食を食べさせる×3の大仕事と肉食のフェレットは餌とトイレ清掃。

フェレットは、糞の量も凄くて、柔らかめ。

その為、頻繁にトイレ清掃が必要です。

これだけでも朝から結構な仕事です。

 

 

お洒落なんて必要ない

 

もう一つ厄介なのが、デグーとチンチラは砂浴びをするので、砂浴び後に砂埃が舞い、砂が飛んでくる事。

そして、チンチラは驚いて危険を感じた時などに毛が大量に抜けて室内に舞うので、これも掃除が必要になります。

 

砂やチンチラの毛は、ケージの前で掃除をしているだけでも衣服に付着している事が多く、その都度コロコロの粘着で衣服に付いた汚れを落としています。

 

汚れる事がわかっているので、良い服なんて着れません。

ボロボロのスウェットを着て作業しています。

勿論、寝るときのパジャマではありません。

チンチラの毛は、くしゃみや咳が出る事もあるので危険だと思います。

動きやすくて汚れても良いスウェットは重宝します。

そして面倒なので、そのまま外出する事だってありますよ。

嫁には怒られますけどね。

 

 

癒される日々

 

それでも毎日、世話をするのが楽しくなるくらい、どの動物達も癒し系の可愛らしさがあるんです。

デグーは、寂しがりやさんな感じで、チンチラは不思議ちゃん。

ウサギは見た目の可愛さ。

フェレットは、仕草や賢さが可愛い動物だと思います。

 

デグー以外は、ケージから出して部屋の中を散歩させて遊ばせています。

遊ばせている時も観察してみると可愛らしい動きをしているので、その姿を見ているだけでも時間が過ぎています。

 

一人暮らしの女性が動物を飼って世話しているのは美談ですが、無職の中年オヤジが、ボロボロのスウェットで世話しているのは、なんともキモイ感じですよね?

 

あれ?

結局、キモイやん。

払拭出来ませんでした・・。

 

 

最後に

 

想像してみて下さい。

中年のオジサンが仕事もせずにニヤニヤした顔で、汚いスウェットを着てペットを世話している姿を!

やっぱり、キモイですよね。

 

それでも、そのキモイおじさんを癒してくれる動物たち。

なんて素敵なんだ!

そう思った方は、是非、ペットの飼育を検討して下さい。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。